ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア
雑学なメモの記事一覧

ティラノサウルスもノミに悩まされていた?

5月 2nd 2012

ティラノサウルスの生体にも羽毛があったのではというニュースが話題だけど、そのなかにいたかもしれない、体長2センチあるノミの話。 もっとも、このノミ、現在のノミの直系の先祖ではないらしい。原生のノミの期限は約6000万年前 […]

No Comments

脊椎動物の脳の進化的起源

5月 2nd 2012

どうしても脳を考えるために発達したと人間中心で考えてしまいがちなんだけど、起源はもっともっと原始的なところにあったかもしれないってことかな。 ギボシムシの前端部を指定する遺伝的プログラムが、脊椎動物のものと非常によく似て […]

No Comments

Y染色体は消えない

4月 30th 2012

Y染色体が消えつつある、という説がある。2002年の論文「Human spermatozoa: The future of sex(Nature 415)」でAitkenらが出したもので、Y染色体の崩壊率を考えると100 […]

No Comments

戦争生態学

1月 23rd 2012

natureダイジェスト2011年11月号に、「戦争生態学」なる分野に触れた記事がある。 元となる記事は”Spoils of war”(Nature476,371(25 August 2011))だ。 Conflict […]

No Comments

ヒトが自信過剰になるのも道理なのか?

1月 20th 2012

DiscoveMagazineで2011年トップストーリー100に選ばれた研究(Top 100 Stories of 2011 #42: The Too-Sure Thing)。 自信過剰というと、痛い目にあってしまう原 […]

No Comments

蝶の擬態と「超遺伝子」

1月 18th 2012

蝶の擬態を「超遺伝子」が司っているという話。「Chromosomal rearrangements maintain a polymorphic supergene controlling butterfly mimic […]

No Comments

アウストラロピテクスはどこから嫁入りしたか

1月 13th 2012

Nature2011年6月1日号に、アウストラロピテクスがどこから嫁入りしたかに関するレポートが掲載されている。オンライン版で読めるので、下記をどうぞ。 Female australopiths seek brave n […]

No Comments

ハトにとって群れることはたいへん

1月 11th 2012

ハトは群れで飛ぶために、どれほどの代償を払っているのか。じっくり調べた研究結果が発表されている。 Natureの2011年6月23日号に掲載された”Flying in a flock comes at a cost in […]

No Comments

意思決定プロセスの脆弱性

1月 10th 2012

基本的に人間の思考方法っていうのは、数万年という原始時代に構築されている。近現代の社会はせいぜいこのところ数百年から数千年だから、アップデートされるにはまだ短すぎる。 なので、今の社会での意思決定を求められた時、思考プロ […]

No Comments

片方にだけ耳のある壁は作れる

5月 12th 2011

マジックミラーならぬマジックウォールとでも呼ばれるようになるんでしょうか、音波を一方向にだけ通すことができる壁を作ることが可能だということが理論上、確かめられました。 One-Way Sound Walls Proven […]

No Comments

心の回復力のサイエンス

5月 10th 2011

日経サイエンス2011年6月号の特集は東日本大震災。なかに心理学方面から心の回復力を取り上げた記事(「立ち直る力のメカニズム」G.スティックス)がありました。回復力の英語はresilience。反発力というのが語義。 回 […]

No Comments

日本語は農耕とともにもたらされた

5月 6th 2011

東京大学の長谷川寿一さんらがこのほど発表した報告によると、日本語の起源は、2182年前のひとつの母語に遡ることが分かったそうです。これは、朝鮮半島から農耕がもたらされた時期と一致します。それ以前に日本に住んでいた民族に代 […]

No Comments