小橋 昭彦 2012年1月18日

蝶の擬態を「超遺伝子」が司っているという話。「Chromosomal rearrangements maintain a polymorphic supergene controlling butterfly mimicry」(Nature477,203 206(08 September 2011))から。研究者のMathieu Joronさんのサイトにニューヨークタイムズの記事「A Supergene Paints Wings for Surviving Biological War」へのリンクがあったので、そちらも参考に。

超遺伝子というのは、同じ染色体の上に強固に並んでいて、そのままの単位で遺伝する遺伝子群のこと。サクラソウのピン型とスラム型で最初に記述されたのだとか。

Supergenes are tight clusters of loci that facilitate the co-segregation of adaptive variation, providing integrated control of complex adaptive phenotypes. Polymorphic supergenes, in which specific combinations of traits are maintained within a single population, were first described for ‘pin’ and ‘thrum’ floral types in Primula and Fagopyrum, but classic examples are also found in insect mimicry and snail morphology

ついでに蝶の擬態についても「蝶の生態について」を参考に復習。

  • 隠蔽
    これは葉っぱに見せかけるなど、環境に身を隠すためのものですね。
  • 目玉模様
    こちらは天敵に見せかけるなど、敵を脅すためのもの。
  • ベイツ型
    自分は毒を持っていないけれど、毒を持っている種類に見せかけるもの。
  • ミュラー型
    自分を毒を持ちつつ、他の毒を持つ種と似せること。

今回研究の対象となったのは、ミュラー型で7種類もの模様を切り替えるヌマタドクチョウ。

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*