小橋 昭彦 2012年1月20日

DiscoveMagazineで2011年トップストーリー100に選ばれた研究(Top 100 Stories of 2011 #42: The Too-Sure Thing)。

自信過剰というと、痛い目にあってしまう原因のひとつなのだけれど、ゲーム理論を使って計算した結果、自信過剰が有利に働く状況があるという(” The evolution of overconfidence ”Nature477,317 320(15 September 2011))。研究者のひとりJamesFowlerのサイトから論文(PDF)がダウンロードできる。

Here we present an evolutionary model showing that, counterintuitively, overconfidence maximizes individual fitness and populations tend to become overconfident, as long as benefits from contested resources are sufficiently large compared with the cost of competition.

マンモスの群れに向かうのは蛮勇だけど、多少の危険を冒した方が利得が大きいことがある。もっとも、その見極めが難しいんだよね、実際には。下記は、著者へのインタビュー。

 

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*