ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア
雑学な本棚の記事一覧

フタバスズキリュウ発掘物語―八〇〇〇万年の時を経て甦ったクビナガリュウ

7月 19th 2008

 こちら丹波市でも恐竜化石が見つかって、以来ちょうど2年になろうとしているのだけれど、なんだか盛り上がっている。  盗掘などの心配があったため、一般に公開されたのは発表から半年たった昨年の1月だ。ティタノサウルス類ではな […]

No Comments

心の科学―戻ってきたハープ

6月 13th 2008

 すべては戻ってきたハープから始まった。  カリフォルニア大学心理学部助教授による、超能力についての探求の旅。科学者にとって、超能力を研究することはある意味とても危険なことだ。「アッチの人になった」と学会から無視されかね […]

2 Comments

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

6月 9th 2008

 おもしろいテーマをとりあげている。もう少し文章が流れていればよかったなあ。  副題は問いかける。  投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか。  答えを一言で表現するなら、こうだろうか。  人間とはそういうものだから。 […]

2 Comments

白い仮説 黒い仮説―ニセ科学を見破る思考実験

5月 19th 2008

 先に『怪しい科学の見抜きかた―嘘か本当か気になって仕方ない8つの仮説』を紹介した。今回の副題が「ニセ科学を見破る思考実験」だから、似た路線。もっとも、読みやすさということでは本書に軍配があがる。その分、踏み込みは浅くな […]

1 Comment

DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?

5月 13th 2008

 多様。日本特殊論を唱えたいわけではないが、DNAからみたとき、日本は、出アフリカの3系統の末裔すべてが見られる、世界的にも珍しいところなのだという。  DNAによる系統分析には、母方からのミトコンドリアDNAによるもの […]

No Comments

怪しい科学の見抜きかた―嘘か本当か気になって仕方ない8つの仮説

5月 9th 2008

 まずは副題にある8つの仮説を並べておこう。  ゲイは遺伝である  世界は神が設計した(インテリジェント・デザイン説)  人間は昔よりバカになっている  念力で物を動かせる  地球温暖化は心配することない  宇宙に複雑な […]

No Comments

大気の海―なぜ風は吹き、生命が地球に満ちたのか

5月 1st 2008

 なんて印象的なプロローグだろう。  ニューメキシコ上空、3万1000キロメートル、1960年8月16日。与圧服に穴があけば、たちまち血液が沸騰してしまう、薄い空気の中。  ジョセフ・キッティンガーは、この危険に満ちた領 […]

No Comments

恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた

4月 26th 2008

 生命が陸上にあがるにあたって、酸素濃度が関係していたという説を知ったとき、深く納得したのを覚えている。  およそ4億年前、それまであった3つの大陸がくっついてローラシア大陸が形成された。これによって大陸に囲まれていた内 […]

2 Comments

水平線までの距離は何キロか?―文系でも楽しめる「およそ数学」の世界

3月 27th 2008

 副題にある「文系でも楽しめる」というのは、理系の入門書の常套句。ついでに言うなら「数式を使わずに」というのもよくあるが、本書はそれはうたっていない。いないし、数式はシッカリ使われている。苦手な人は苦手だろう。しかし、そ […]

2 Comments

千鶴子には見えていた!―透視は、あっても不思議はない

3月 3rd 2008

 竹内久美子サンは、利己的な遺伝子の見方から、生物行動のユニークな解説書を書いてきた人(たとえば「茶髪か黒髪か」を書いた時に紹介した、『BC!な話』など)。  その竹内サンが「透視は、あっても不思議はない」と言い切ってい […]

5 Comments

1491―先コロンブス期アメリカ大陸をめぐる新発見

2月 9th 2008

 副題にある「先コロンブス期アメリカ大陸」と言われてぼくの脳裏にまっさきに浮かぶのは、テオティワカンだ。今確認すると1975年の版とある、『テオティワカン』と題された写真付の書籍がある。親に無理を言って買ってもらったのだ […]

No Comments

人間行動に潜むジレンマ―自分勝手はやめられない?

2月 6th 2008

 自分勝手とは何か。  自分にプラスかマイナスかを横軸に、相手にプラスかマイナスかを縦軸にグラフを描いてみよう。自分にプラスで相手にプラスなのは共存共栄。自分にマイナスで相手にプラスなのは利他行動。そして、自分にプラスで […]

No Comments