小橋 昭彦 2017年4月20日

(1)チョムスキーの普遍文法

言語の基礎はすべての子どもが生まれながらに持っている一連の規則であり、この規則から文法に合致した分が作り出される。

 

(2)用法に基づく学習

子どもたちは他人が何を考えているかを直感で知るの力を生まれつき備えており、言葉を聞くことを通して別の分に適用可能な用例のパターンを学ぶことで習得する。

 

現在ではチョムスキー説は分が悪くなっている。

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*