小橋 昭彦 2011年4月20日

世界の人類はすべてアフリカに起源を持つという「出アフリカ」説。オークランド大学の学者が、世界中の言語も、アフリカにひとつの起源を持つという仮説を発表しました。

世界のすべての言語、アフリカの「祖語」にさかのぼる

現在、世界に6000前後の言語が存在するが、そのすべてが5万-7万年前にアフリカに存在した初期の人類が話していた祖語から枝分かれしたものである可能性が最新の調査で明らかになった。

遺伝学の分野に「創始者効果」として知られる理論があります。これは、祖先となる集団の中にある遺伝的多様性が、子孫に枝分かれするとき、そのままの頻度ではなく、偏って引き継がれるという効果のことです。簡単にいえば、今の集団はAからDまでの多様性が混在する集団だけど、枝分かれした小集団は、ある集団ではA的な人ばかり、別の集団はD的な人ばかりという現象が起こるよと。そういう話です。

で、言語にもこれがあるんじゃないか、ということで援用して、遺伝子の変わりに音素をあてはめて研究したのが今回の研究ですね。すると、アフリカの言語でもっとも音素が多く(141も!)、逆に少ないのは南米と太平洋諸島(13)だったと。ちなみに、これは見方によっても違いますが、日本語は約20、英語は40。日本語は進化した言語に入りますね。

学生時代、ペルシャ語を学んでいて、アラビア語にも手を出そうとしたとき、「ペルシャ語は進化しているから簡単だけど、アラビア語は原型に近いから難しい」と言われたことを思い出しました。ともあれ、バベルの塔はアフリカにあったか。

Phonemic Diversity Supports a Serial Founder Effect Model of Language Expansion from Africa

Human genetic and phenotypic diversity declines with distance from Africa, as predicted by a serial founder effect in which successive population bottlenecks during range expansion progressively reduce diversity, underpinning support for an African origin of modern humans. Recent work suggests that a similar founder effect may operate on human culture and language. Here I show that the number of phonemes used in a global sample of 504 languages is also clinal and fits a serial founder effect model of expansion from an inferred origin in Africa. This result, which is not explained by more recent demographic history, local language diversity, or statistical non-independence within language families, points to parallel mechanisms shaping genetic and linguistic diversity and supports an African origin of modern human languages.(Science 15 April 2011:Vol. 332 no. 6027 pp. 346-349)

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*