ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

文化によって脳の使い方も違う

2008年1月14日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Culture influences brain function, MIT imaging shows – MIT News Office
However, the two groups showed different patterns of brain activation when performing these tasks. Americans, when making relative judgments that are typically harder for them, activated brain regions involved in attention-demanding mental tasks. They showed much less activation of these regions when making the more culturally familiar absolute judgments. East Asians showed the opposite tendency, engaging the brain’s attention system more for absolute judgments than for relative judgments.

木を見る西洋人、森を見る東洋人という話がありました。西洋人は絶対的な判断基準にたけていて、東洋人は相対的なものごとの見方をするっていうことですね。
たとえば水槽を見ても、西洋人は個々の魚を見るけれど、東洋人は環境を見る。
で、この研究は、そのような状況のときのアメリカ人と東アジア人の脳を観察したものです。見ているものと導いた答えは同じなのに、脳のはたらきかたには違いがあったといいます。
脳の使い方も文化によって定義されるっていうことでしょうか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“文化によって脳の使い方も違う”
Avatar
TLOV

西洋人が絶対的、分析的で東洋人が相対的、統合的というのは、オーストラリアで勉強中、心から実感しました。私はそれを宗教(一神教対多神教)の違いだと思ったのですが、違うのでしょうか?
少なくとも私が大学で会ったオーストラリア人は、絶対的分析的結論以外は科学的でないと思い込んでいます。人間は多様な側面を持っているのに、そんなに細切れにしてほかの可能性を無視してしまったら、科学的真理などつかめないでしょうと言ったのですが、無視されてしまいました。
どう思います?


Avatar
小橋昭彦

TLOVさん、ありがとうございます。
ぼくも、分析的にすぎる手法はものごとの本質を見失う可能性があると感じています。コラムを書くときの姿勢も、基本は環境的・相対的な視点をとりもどすところですね。
どちらが良いというのではなく、そういう多様な視点を失わないことを心がけたいと、つねづね考えています。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

いつもありがとうございます。
本サイトと連動して配信しているメール情報誌『今日の雑学+(プラス)』が、1998年1月7日の創刊以来、十周年を迎えました。
短いようで、長い十年。
あなたが初めて『今日の雑学+(プラス)』をお読みになったのは何号だったでしょうか。あるいはいつ頃だったでしょうか。あなたの思い出とともに、教えていただけませんか?

前の記事

世界初、サルの大脳皮質の活動により制御されるヒューマノイドロボットの二足歩行(日米間での脳活動情報伝送によりサルの歩行をロボットで再現)
JST基礎研究事業の一環として、株式会社国際電気通信基礎技術研究所の川人光男ATR脳情報研究所所長らは、サルの大脳皮質活動の情報をネットワークを介して伝送(米国?日本間)、リアルタイムでヒューマノイドロボットを歩行させることに成功しました。
いわゆる「ブレイン・マシン・インタフェース」のさらなる一歩。サルの脳でマウスカーソルを動かしたっていうニュースがつい先日のように思うのに。

次の記事