小橋 昭彦 2008年1月16日
世界初、サルの大脳皮質の活動により制御されるヒューマノイドロボットの二足歩行(日米間での脳活動情報伝送によりサルの歩行をロボットで再現)
JST基礎研究事業の一環として、株式会社国際電気通信基礎技術研究所の川人光男ATR脳情報研究所所長らは、サルの大脳皮質活動の情報をネットワークを介して伝送(米国?日本間)、リアルタイムでヒューマノイドロボットを歩行させることに成功しました。

いわゆる「ブレイン・マシン・インタフェース」のさらなる一歩。サルの脳でマウスカーソルを動かしたっていうニュースがつい先日のように思うのに。

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*