ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

インセクト・テクノロジー

2002年1月27日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 久しぶりに「千年持続する」という言葉に出会った。東京農業大の長島孝行助教授のインタビューの中でのことだ。千年持続学会の設立準備委員とあり、納得する。
 インタビューは、絹糸の研究についてのものだった。絹糸といえばカイコやシルク繊維というイメージが一般的だけれど、糸を作る昆虫は地球上に10万種以上ともいい、同じたんぱく質を成分とする糸であっても、アミノ酸の組成によって色や構造はさまざま。
 シルクには紫外線をさえぎる性能があるし、菌を増殖させない性質もある。これを応用すれば、防腐剤を含まないUVカット化粧水が作れる。シルクは手術糸に使われるくらいだから、安全性も高い。ジャムに入れれば、口当たりがよく食感が増す。衣料だけではなく、さまざまな分野への応用が考えられている。
 こうした、昆虫の持つ特性を利用する技術を、インセクト・テクノロジーという。シルクと並んで有名な例は、ミツバチが巣を作るために出す蜜蝋(みつろう)の利用。ワックスなどに利用され、安全性の面から注目を集めている。
 古生代から地球に現れ、いまでは1千万種以上とも言われる昆虫。思い起こせば、子どもの頃の夏休みに虫網は欠かせなかった。トンボを糸にくくって飛ばすのも定番の遊び。間違えて首にあたる部分に糸を結ぶと、飛び立とうとして糸を引いたトンボは、そのまま頭がちぎれて地上に落ちた。苦い思いをした。たぶんそれは、生き物を殺めたことへの苦さだったろう。
 昆虫を食べる文化もある。日本ではイナゴ、蜂の子、カイコが三大昆虫食だという。生きることの意味、食、千年持続技術まで。昆虫は多くのことをぼくたちに教えてくれる。そんな感謝の思いとともに、今年の夏は、子どもと昆虫採集をしようかと、はやから楽しみにしている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

9 comments to...
“インセクト・テクノロジー”
Avatar
小橋昭彦

こだわりアカデミー」の昆虫の章に関連した対談が掲載されています。長島孝行助教授のホームページは「東京農業大学昆虫機能開発研究室」へ。関連記事は「繭が万能素材になる」「インセクト・テクノロジ」「昆虫が作る素材に注目」などを。千年持続学については「赤池学の「千年持続学」の世紀へ」をご参照のほど。また、「日本昆虫協会」もぜひ。


Avatar
小橋昭彦

日本人の「短頭化」止まる(日経12月25日)? 「(笑い)」の原点は演説を速記にとる技術が定着した明治20年代(朝日12月25日)。宇宙は薄い青緑色(日経1月11日)。


Avatar
こま

「繭が万能素材になる」を読んでびっくりしました。
アレルギー持ちが多い現代人(私もその一人)
希望が出てくる話です。

どこか忘れましたが、ゴキブリも栄養源として大事にされている社会がたしかあったような・・・
食べ物のタブーや「清潔/不潔」観は
文化によってほんとうに違って驚くことがあります。

また、「今日の遼太朗」コーナーは泣けました。


Avatar
松本秀人

「昆虫の雌雄は細胞単位で決まる」という話をどこかで読んだ記憶があります。
だから、体の半分が雄で半分が雌とか、頭だけ雄とかいう個体ができるんですね。(いわゆる“雌雄モザイク”)
こうした“性”に対する昆虫独自のアプローチにも非常に興味があります。


Avatar
トド

世界の食料危機は昆虫を食べることによって回避できる、
という予測があるそうです。食文化の違いを理解すること
は非常に難しいでしょうが、それが世界の食料危機や環境
破壊に繋がっている可能性も否定できないのではないでし
ょうか?今後、食料に関しても、農業・漁業・畜産などの別によらず、環境等を考慮して地球的な規模でコントロー
ルされなければならない時代が来るかも知れません。もし
かすると「食用」の昆虫というのが養殖されたりするかも
知れません。ミツバチなどはその第一候補でしょうね。


Avatar
伊東新太郎

面白いですね。
先日蜘蛛の遺伝子を山羊に移植すると山羊の乳に蜘蛛の糸の成分が出てきてこれを繊維にするとものすごく強い糸が
出来るという話を聞きました。
インセクトテクノロジーってすごいですね。
又楽しみにしています。


Avatar
栗原悦子

最近女性だけでなく、男性も冷え性の人が増えているとのことですが、先ず絹の靴下を履き、その上から綿の靴下を履くのがより効果的と聞きました。冷え性でお悩みの方は試してみてください。それからゴキブリですが、中国では古くから漢方薬として使っていますね。シナゴキブリを煎じて血管拡張・神経痛・痔・骨折薬として用いられているようです。漢方薬の一覧表に、ショ虫(サツマゴキブリ)主な効能:破血 薬用部分:成虫全体 形状:生 価格:100g3500円 とありました。駆お血薬(血の滞りを除く)の一つとのこと。不妊症にも効くとか。マレーシアでは、風邪の治療法の一つに、薬店で買ったゴキブリ1匹と梅干1個に湯を注ぎ、その湯を飲んだりするそうです。日本でも、ゴキブリの羽はクワガタムシのそれと同じ成分(キチン・キトサン?←記憶が定かでない)があり、クワガタムシは少数で高価だが、ゴキブリは幾らでも捕れるので、このゴギブリを利用できないかと研究している所があるようです。ゴキブリは汚い、不潔というイメージがあります(私も大の苦手)が、生まれたてのゴキブリは菌はないそうで、無菌室で育てれば大丈夫とのこと。「地球上で口に出来ない物はない、寧ろ人間の口から出て来るものの方が汚い」というような言葉(戒め?)を聞いたことがあります。


Avatar
松本秀弘

皆さんとは異なるコメントというか質問ですが、現在、蜘蛛の糸の分子構造は分かっているのでしょうか?遺伝子工学を用いて蜘蛛の糸を生産すると、倫理的にひっかかる部分もあると思うので、有機化学を用いて合成してみてはと思うんですが、現在、世界中で蜘蛛の糸を全合成してらっしゃる方はいるのでしょうか?


[…] きたみたいなところがあるように思う。それに対して、21世紀のテクノロジーは、インセクトテクノロジーなどもそうだけど、自然から学び、いかにそれを模倣するかに重点が置かれてい […]




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 あれは会社員時代、勤めていた研究所が所属する研究所団地の合同新年会があって、ぼくも出席したのだった。アトラクションのひとつに企業対抗豆つかみ競争があって、大皿の黒豆を決められた時間内に箸でどれだけチームの皿に移せるかを競う。 豆は、弱く持つと滑り落ちる、強くはさむと逃げていく、逃げていく先は予測できないから、コントロールしづらい。人間はこうした状況をコントロールするとき、ぐっと力を入れて抵抗力を高める。コーヒーを運んでいるときもそうだ。抵抗力には方向性があって、前後には強いけれど、横からは弱い。背中からぶつかられたときより、横からぶつかられたときのほうが、コーヒーをこぼしやすいのはこのためだ。 とはいえ、コーヒーをこぼさないという目的は比較的コントロールしやすいもので、安定した状態と呼ばれる。豆つかみはより難しく、不安定な状態。従来はこうした微妙な制御は人間にはできないとされていた。でも、人はこんな状態でも、練習を重ねることによって巧みに操ることができるようになる。科学技術振興事業団の川人学習動態脳プロジェクトが明らかにした。 硬いものを壊すときは強く、子どもをなでるときはやさしく、対象が大きくても小さくても、人は柔軟に自分の行動を制御する。岩波の『認知科学の新展開』というシリーズの一冊に、人間は指の関節まで入れた精密なモデルでは全身で244の自由度を持つとあった。これらを総合的に制御して、ぼくたちは外部要因と接している。 夜中、なんどか寝覚めて、はねのけている子どもの布団をなおす。なおしつつふと、自分の幼いとき、一緒に寝ていた祖母が夜中、やはり布団をかけてくれていたことを思い出した。今も昔も、変わらないものがある。そんな思いが胸に満ち、布団からのぞく小さな子どもの頭を、そっとなでた。

前の記事

 7万7000年前、ヒトが抽象的な模様を描いていた。そんな記事が目に留まる。記事には、新人の起源が従来より古いという分子遺伝学の仮説にあう発見として、このことを報じている。 はじめにことばありき。この有名な一説にあるように、ひととことばは切り離せない。と同時に、アメリカ自然史博物館のタッターソル教授は、言語の獲得と象徴的芸術の才能こそ、人間と他の動物をわける卓越的な認知能力の核心となったのだと述べている。言葉と、ものごとを抽象化する能力。だからこそ、抽象画の発見と人類の起源がつながる。 7万7000年前のものという抽象的な模様は、オーカーと呼ばれる絵の具の原料となる石に線刻で描かれている。直線にはさまれて並ぶ三角形。ラスコーの壁画に描かれたバイソンや古代エジプトの遺跡に描かれている人々の姿、あるいは日本でも縄文期の器の文様。 なにげなく見ていたそれら模様が、じつはヒトをヒトたらしめている源泉だったのだということ。ものごとをとらえ、切り取り名づける能力と、ものごとをとらえ、その本質を抽象化する能力。これらには共通したものがある。 先日、妹が子づれで京都を訪れた。子どもの描いた絵がコンテストで入選し、美術館に掲げられているのだという。その絵を見せてもらった。父親が畑仕事をしている絵だ。長靴を履いた足が大地を踏みしめ、しゃがみこんで青菜を力強く引いている。画面の上部は、入りきらなくなった頭が、まるでろくろ首のように伸びて上端を這い、それでもしっかり大地を見下ろしている。 圧倒された。これこそ絵だと思った。そこには、父親の強さがどこから芽生えているかを訴える力がある。上手に写し取ることばかり考えていた日々の自分を振り返り、6歳の子どもに、新しい知恵を授けられた。

次の記事