ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ダマジカのレックにおける活動

2014年5月31日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ダマジカには、雄ジカが集まって、互いに縄張りを主張して雌を奪い合う「レック」と呼ばれる場所がある。

最近の研究で、そこで雄は、他の雄の鳴き声から疲労度を判断しているということが分かったという。

Rest of the deer listen to the sound quality of rival males’ calls and evaluate how exhausted the caller is and whether they should fight or keep their distance, shows new research.

引用元: Learn how male deer decide on call for mating-Aaj Ki Khabar.

ちょっと調べてみたのだけど、「レック」って珍しいもののよう。長谷川真理子さんも、昔関連した論文を出されていて、「メスのコピーイング」という新しい概念に至ったとか。

http://rceer.com/2013/03/05/2975/

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

放射性同位体を用いる年代測定の方法。ときどき混乱するので、メモ。

たとえば、サマリウム147がネオジム143に崩壊することを用いるとする。同じ岩石中にネオジム144という安定な同位体がある。これらをもとにする。

試料はそれぞれから複数採取する。古い年代の試料AとB、新しい年代の資料A´とB´を採取したとする。

試料A及びA´には、安定的な144が10含まれていて、試料B及びB´には20含まれていたとする。
サマリウム147はいずれの4種の資料とも、初期に5含まれていたとする。
古い試料A及びBでは、147は1に減っていて、143が4になっている。
新しい試料A´及びB´では、147はまだ4あり、143が1となっている。

新旧それぞれの資料における、144に対する147及び143の含有比率を調べる。

Aは147が1/20、143が4/20、Bは147が1/10、143が4/10
A´は147が4/20、143が1/10、B´は147が4/20、143が1/10

A-B、A´-B´をそれぞれグラフに落としてみる。すると、A-Bの方が、グラフの傾きは急になる。

つまり、グラフの傾きが急なほど、古い試料ということになる。

 

 

前の記事

物理学の延長で、アニメのリアリティが増していく。
ある研究チームが一束の巻き毛の物理学を解きほぐし,結果をPhysical Review Letters誌に発表した。「自然な巻き毛の完全な3次元形状を記述したのはこれが初めてだ」と,論文を共著したマサチューセッツ工科大学の機械工学および土木・環境工学の助教ライス(Pedro Reis)はいう。「何しろ巻き毛の幾何学形状は著しく非線形,つまり複雑なのだから」。

引用元: 長髪の物理学〜日経サイエンス2014年7月号より | 日経サイエンス.
あれは95年頃だったか。CG関連の展示会に行くと、SGIだったかの高性能コンピュータで、煙や水のパターンの演算デモをやっていた記憶があるが、その後、アニメーションのCG化がどんどん進んでいった。

鳥の群れモデルなどもそう。今後、アニメの「巻き毛」を気にしつつ見てみようか。

著者 Pedro Reis が公開している巻き毛モデルの動画。

 

次の記事