ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

年代測定の方法

2014年5月11日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

放射性同位体を用いる年代測定の方法。ときどき混乱するので、メモ。

たとえば、サマリウム147がネオジム143に崩壊することを用いるとする。同じ岩石中にネオジム144という安定な同位体がある。これらをもとにする。

試料はそれぞれから複数採取する。古い年代の試料AとB、新しい年代の資料A´とB´を採取したとする。

  • 試料A及びA´には、安定的な144が10含まれていて、試料B及びB´には20含まれていたとする。
  • サマリウム147はいずれの4種の資料とも、初期に5含まれていたとする。
  • 古い試料A及びBでは、147は1に減っていて、143が4になっている。
  • 新しい試料A´及びB´では、147はまだ4あり、143が1となっている。

新旧それぞれの資料における、144に対する147及び143の含有比率を調べる。

  • Aは147が1/20、143が4/20、Bは147が1/10、143が4/10
  • A´は147が4/20、143が1/10、B´は147が4/20、143が1/10

A-B、A´-B´をそれぞれグラフに落としてみる。すると、A-Bの方が、グラフの傾きは急になる。

つまり、グラフの傾きが急なほど、古い試料ということになる。

 

 

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

NHKスペシャルに『病の起源』というのがあったけれど、これは現代の動脈硬化の起源を示すもの。

人類が長寿になった原因は、近代化に伴う衛生要因の向上だけではなく、もっと古代から獲得していたという研究。

具体的には、APOE  e4という遺伝子に関連している。この遺伝子を持ったことで、人類は、熱感、発赤、腫張という自然免疫系の炎症反応を生じるようになった。簡単に言えば、損傷組織に温かい血液が急激に流れ出し、血管の透過性が増して血管内から細胞と血漿が流れ出すことで、感染の拡大を防ぐ。

それだけじゃなく、脂肪を効率的に蓄積する、腸での脂質の吸収が高まるなどの利益もあり、生き残れる確率が高まったのだろうと。

ただ、その結果、年老いてから、アテローム性動脈硬化症をおこすようにもなった。心臓発作や脳卒中は、生活習慣の問題だけではないらしい。
長寿化の傾向はずっと昔に始まっており,太古の環境中に存在した病原体と闘うために強力な免疫機構を進化させたことが長寿につながったという見方だ。例えば人類の祖先が肉を多く食べるようになると,それに付随する病原体に対する防御機構が進化したという。

引用元: ヒトが長寿になったわけ | 日経サイエンス.

前の記事

ダマジカには、雄ジカが集まって、互いに縄張りを主張して雌を奪い合う「レック」と呼ばれる場所がある。

最近の研究で、そこで雄は、他の雄の鳴き声から疲労度を判断しているということが分かったという。
Rest of the deer listen to the sound quality of rival males’ calls and evaluate how exhausted the caller is and whether they should fight or keep their distance, shows new research.

引用元: Learn how male deer decide on call for mating-Aaj Ki Khabar.
ちょっと調べてみたのだけど、「レック」って珍しいもののよう。長谷川真理子さんも、昔関連した論文を出されていて、「メスのコピーイング」という新しい概念に至ったとか。

http://rceer.com/2013/03/05/2975/

次の記事