ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

戦争生態学

2012年1月23日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

natureダイジェスト2011年11月号に、「戦争生態学」なる分野に触れた記事がある。

元となる記事は”Spoils of war”(Nature476,371(25 August 2011))だ。

Conflict poisons both land and sea, and lost natural resources lead to more violence. Ecology is an unlikely objective during wartime, but one that can help to secure peace.

戦争が環境に及ぼす影響を調査する学問とのこと。気になって調べてみたら、2008年のBioScienceに Thor Hanson らによるその名もずばり” Warfare Ecology ”(BioScience 58(8):729-736. 2008)と題した論文が掲載されていた。そのアブストラクト。

Among human activities causing ecological change, war is both intensive and far-reaching. Yet environmental research related to warfare is limited in depth and fragmented by discipline. Here we (1) outline a field of study called “warfare ecology,” (2) provide a taxonomy of warfare useful for organizing the field, (3) review empirical studies, and (4) propose research directions and policy implications that emerge from the ecological study of warfare. Warfare ecology extends to the three stages of warfare preparations, war, and postwar activities and treats biophysical and socioeconomic systems as coupled systems. A review of empirical studies suggests complex relationships between warfare and ecosystem change. Research needs include the development of theory and methods for examining the cascading effects of warfare on specific ecosystems. Policy implications include greater incorporation of ecological science into military planning and improved rehabilitation of postwar ecosystem services, leading to increased peace and security.

エルニーニョの発生と内戦の発生に相関関係があるといった、戦争前の段階から、戦争によって破壊される環境など戦争そのものの影響、さらには戦後の影響までが視野に入るという。朝鮮半島の非武装地帯のように、生物多様性の保護区のようになっている例もあり、必ずしも戦争が環境にもたらす影響がマイナスばかりではないという指摘にはっとさせられる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

DiscoveMagazineで2011年トップストーリー100に選ばれた研究(Top 100 Stories of 2011 #42: The Too-Sure Thing)。

自信過剰というと、痛い目にあってしまう原因のひとつなのだけれど、ゲーム理論を使って計算した結果、自信過剰が有利に働く状況があるという(” The evolution of overconfidence ”Nature477,317 320(15 September 2011))。研究者のひとりJamesFowlerのサイトから論文(PDF)がダウンロードできる。
Here we present an evolutionary model showing that, counterintuitively, overconfidence maximizes individual fitness and populations tend to become overconfident, as long as benefits from contested resources are sufficiently large compared with the cost of competition.
マンモスの群れに向かうのは蛮勇だけど、多少の危険を冒した方が利得が大きいことがある。もっとも、その見極めが難しいんだよね、実際には。下記は、著者へのインタビュー。

 

前の記事

Y染色体が消えつつある、という説がある。2002年の論文「Human spermatozoa: The future of sex(Nature 415)」でAitkenらが出したもので、Y染色体の崩壊率を考えると1000万年後に消失するのではという説(もちろん、そのときには性別決定遺伝子は別のところに出現しているはず)。

しかし、ヒトとアカゲザル(約2500万年前に分岐)のY染色体を比較し、両者のY染色体がほぼ同じだったことから、今後も消滅しないであろうという見方がこのほど発表された。

Men can breathe a sigh of relief — their sex-determining chromosomes aren’t going anywhere. A study of human and rhesus monkey Y chromosomes questions the notion that the Y is steadily shedding genes and is doomed to degenerate.

引用元: The human Y chromosome is here to stay : Nature News […]

次の記事