ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ヒトが自信過剰になるのも道理なのか?

2012年1月20日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

DiscoveMagazineで2011年トップストーリー100に選ばれた研究(Top 100 Stories of 2011 #42: The Too-Sure Thing)。

自信過剰というと、痛い目にあってしまう原因のひとつなのだけれど、ゲーム理論を使って計算した結果、自信過剰が有利に働く状況があるという(” The evolution of overconfidence ”Nature477,317 320(15 September 2011))。研究者のひとりJamesFowlerのサイトから論文(PDF)がダウンロードできる。

Here we present an evolutionary model showing that, counterintuitively, overconfidence maximizes individual fitness and populations tend to become overconfident, as long as benefits from contested resources are sufficiently large compared with the cost of competition.

マンモスの群れに向かうのは蛮勇だけど、多少の危険を冒した方が利得が大きいことがある。もっとも、その見極めが難しいんだよね、実際には。下記は、著者へのインタビュー。

 

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

蝶の擬態を「超遺伝子」が司っているという話。「Chromosomal rearrangements maintain a polymorphic supergene controlling butterfly mimicry」(Nature477,203 206(08 September 2011))から。研究者のMathieu Joronさんのサイトにニューヨークタイムズの記事「A Supergene Paints Wings for Surviving Biological War」へのリンクがあったので、そちらも参考に。

超遺伝子というのは、同じ染色体の上に強固に並んでいて、そのままの単位で遺伝する遺伝子群のこと。サクラソウのピン型とスラム型で最初に記述されたのだとか。
Supergenes are tight clusters of loci that facilitate the co-segregation of adaptive variation, providing integrated control of complex adaptive phenotypes. Polymorphic supergenes, in which specific combinations of traits are maintained within a single population, were first […]

前の記事

natureダイジェスト2011年11月号に、「戦争生態学」なる分野に触れた記事がある。

元となる記事は”Spoils of war”(Nature476,371(25 August 2011))だ。
Conflict poisons both land and sea, and lost natural resources lead to more violence. Ecology is an unlikely objective during wartime, but one that can help to secure peace.
戦争が環境に及ぼす影響を調査する学問とのこと。気になって調べてみたら、2008年のBioScienceに Thor Hanson らによるその名もずばり” Warfare Ecology ”(BioScience 58(8):729-736. 2008)と題した論文が掲載されていた。そのアブストラクト。
Among human activities causing ecological change, war is both intensive and far-reaching. Yet environmental research […]

次の記事