小橋 昭彦 2008年2月29日
Association for Psychological Science: Psychological Science – March 2008
In conclusion, preschoolers share the propensity of adults for particularly rapid visual
detection of snakes. The existence of this tendency in such young children lends important
Psychological Science ? March 2008 ? In Press
support to theories positing the existence in humans of an evolved bias for the detection of
evolutionarily relevant threat stimuli.

就学前の子どもでもヘビを見ると怖がる。ということは、社会的に身についたというより、なんらかの遺伝的な要素があるんじゃないかと。(まあ、ヘビを振り回している子もいるけどね、近所には)
以前、あれは何だったかな、テレビ番組で、サルがヘビを怖がっているのを見て、霊長類はどこかでヘビに対してよほど恐れる理由を持っているのか、と考えたことがある。毒蛇への恐怖というのはわかるけど、それにしても、あの生理的といってよい嫌悪感はどこから出てくるのか。考えてみると不思議。
原著論文は下記。
Detecting the Snake in the Grass: Attention to Fear-Relevant Stimuli by Adults and Young Children

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*