小橋 昭彦 2007年12月19日

ET too bored by Earth transmissions to respond – space – 18 December 2007 – New Scientist Space
Humans have so far sent four messages into space intended for alien listeners. But they have largely been made up of mathematically coded descriptions of some physics and chemistry, with some basic biology and descriptions of humans thrown in.
これまで、宇宙人が聞いてくれるようにとメッセージを出してきた人類。でも、仮にそうしたメッセージを聞くことができるほど発達した文明なら、その内容はあたりまえすぎて退屈なものだったのじゃないか、という議論。
じゃあ、どんなメッセージがふさわしいのか。社会や、経済の話なのか。こうした議論も楽しいね。

0

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*