ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

初鰹

2001年5月18日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 目には青葉山ほととぎす初鰹と山口素堂。これは江戸っ子の初物好きから生まれた習慣で、脂ものっていないし、この時期のカツオがひいでておいしいかというと異論もあろう。ともあれ、初がつおのシーズンだ。
 カツオはマグロの近縁。英語ではskipjack tunaと呼ばれたりもしてマグロと近くとらえられているけれど、日本語でマグロとカツオを混同することはない。マグロは刺身などとして食した一方、カツオは干魚とするのが常識、調理方法がまったく違ったためだ。堅い魚、カタウオからカツオと呼ばれるようになったゆえんでもある。ただ、鰹の文字そのものはかつてはウナギをさしていたらしい。
 4月頃から夏にかけて日本近海を北上することでも知られるように、カツオは回遊魚。時速およそ40キロ、ときには100キロを出すというから、おそろしいスピードだ。現在の高速船でもここまでは出ない。
 そんなに急がなくてもと思うが、スピードが落ちれば呼吸に支障をきたす、とまってしまえば浮き袋のない筋肉質の魚体は沈んでしまうとあれば、高速泳法はその宿命でもある。
 勝つ魚として武家で珍重され、なまぐさを禁食した仏家でも鰹節は「木魚」の隠語で呼ばれ口にされたともいう。あるいは、ついつい酒がすすむ内蔵の塩辛、酒盗。さまざまに愛されてきたカツオ。いまも南海を高速で泳いでいるだろう彼らに、ありがとう。ぼくも泳ぎつづけます。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“初鰹”
Avatar
小橋昭彦

カツオについて。「かつおが好きだよぉ」「カツオってなに?」「カツオと鰹節」などをご参考に。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。東京ドーム巨人戦で売れるビール、1試合約2万1000杯(朝日4月12日)。


Avatar
太郎

カツオといえばサザエさん。小学校のころのぼくにとって、彼はヒーローの一人でしたね。「こら!カツオ!」って怒られるの、なんか気持ちよさそうじゃないすか?




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 思い通りにいかないときも多いけれど、夜半をすぎてパソコンを前にしないようにと心がけている。ディスプレイの明るい光を夜間に浴びることで体内時計を狂わさないようにと気づかってのこと。 人間にはサーカディアンリズムと呼ばれる周期があって、それは時計遺伝子によってつかさどられている。複数の遺伝子とそれがつくりだすタンパク質が体内時計を整えているわけだ。本来は24時間よりすこし長い体内時計のリズムが地球の一日と一致できるのは、毎日光を浴びて時計をリセットしているからだ。これを逆手にとって、夜勤中明るい照明を利用することで眠気を防ぐなどの工夫も行われている。 時計遺伝子は1984年にショウジョウバエで発見されて知られるようになった。人間の体内時計は脳の複雑なネットワークによるのではという考え方も根強かったが、1997年以降マウスなどの哺乳類やヒトでも同様の遺伝子が発見された。人間の体内時計も、けっきょくは小さな細胞内での遺伝子時計発振によっているわけ。その中心は、脳内の視交叉上核という場所にある。 これまでショウジョウバエでは羽や足、触覚などにも時計があることが知られてきたが、人間でも皮膚や臓器の細胞の中にも時計があると、神戸大学の岡村均教授らのグループが突き止めている。時計遺伝子が、全身に分布する線維芽細胞の中でも働いているのだ。どうやらそのおかげで、夜食をしても胃や腸が昼と同じようにスムーズに消化活動をはじめたりできるらしい。 ただ、そのままでは人間のからだのあちらこちらで違う時間が進むことになるので、脳にある体内時計が、一日一回、それらを同調させていると考えられている。その精巧さ、不思議さ。 目を閉じて、自分のからだの時計の音に耳を澄ませてみる。植物にいたるまで、地上のさまざまな生命の中で、その時計は時をきざんでいる。

前の記事

 中央アジアに、汗血馬と呼ばれる名馬が知られている。1日に千里を走り、疾駆すると血のような汗を流すという。天馬ともたたえられ、前漢の武帝は汗血馬を得るために二度も大宛征伐を敢行している。 この血の汗、畜産学の見方では多乳頭糸状虫という寄生虫の一種が原因ともされる。いずれにせよフィクションではなく、騎馬民族文化研究家の清水隼人さんが中央アジアで、史書にあるとおり前肩付近から血の汗を流す様子を確認している。 血の汗といえばカバも流すといわれているが、こちらは血ではなく、保湿の役割をもつピンク色の体液だとか。おっとこれは余談。 十字架にかかる前夜、イエス・キリストがゲツセマネで流したとされる血の汗。あるいはもっと身近なところでは、星飛雄馬が巨人の星をつかむために流したと歌われていたっけ。 汗血馬は詩や像となって、その躍動する姿を現代に伝えている。ゲツセマネの園にはオリーブの老木がいまも緑の葉を茂らせ、巡礼者の憩いの場になっている。あるいはスポーツ中につい口ずさんでしまい、そんな自分に苦笑いをしたりもする、巨人の星の主題歌。 血の汗はいまも、いろいろな場面でぼくたちにロマンをもたらし、勇気を与え、やさしさを教えてくれる。血の汗が事実かどうかは、じつは大きな問題ではない気もする。この心の動きは、真実なのだから。

次の記事