ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

36歳のランドセル

2001年5月15日 【コラム

 帰省したついでに、押入れの整理をした。小学生時代の通知表に出会う。成績はともかく、人の話は聞くものの、低学年のころは発表のとき顔も上げられない内向的な性格だったらしい。その性格は基本的にはいまも変わっていないし、三歳の息子にまで引き継いでしまったかもしれない。
 1キロ先の小学校まで、ランドセルを背負って集団登校をしていたあのころ。時間割をみて教科書をつめて、ときには竹尺やたて笛をわきから突き立てて。ランドセルは、学びのきっかけとなるものがぎっしりつまった宝箱のようなものだった。
 ランドセルはオランダ語のranselが転化したもの。もとの意味は背のうで、つまりは軍が用いていた。幕末に洋式の軍制を導入したとき、この言葉を持ち込んだらしい。それが学校で用いられるようになったのは1885年の学習院がはじめで、馬車や人力車での通学を禁止し徒歩通学を命じたときに着用させたという。
 そのころまだ布製だったランドセルが現在のように革製箱型になったのは、のちの大正天皇が学習院に入学するとき、伊藤博文が献上したことにはじまるともいわれる。当初上流の家庭の、あるいは都市型の商品だったランドセルが一般に普及しはじめるのは1950年代以降。
 毎日、かならず何かを学んでいた、そのためにこそ毎日があった貴重な時代。いや、いまでもやはり、その気持ちだけは忘れないでいたいと思う。流されない。日々、何かを学ぶ、なにかを自分に積み立てていく。今日は、なにをランドセルに入れようか。


7 comments to...
“36歳のランドセル”
Avatar
小橋昭彦

ランドセルについては、「日本かばん協会」「ランドセルの基礎知識」などをご参考に。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。古代中国の青銅器、現在でも製造法が不明(朝日4月8日)。


Avatar
Ree Fou

えーと、小学校卒業ははるか彼方の出来事ですが、依然として学ばなければならないことは多いわけでして。遼太郎くんがマスターした「草引き」って、なんですか???


Avatar
小橋昭彦

あら、辞書にもない言葉でした(汗)。畑の雑草をぬく作業です。一般になんというのかな、草取りかな。


Avatar
小橋昭彦

あ、「マスター」とおおげさないいかたをしたのは、つまり彼が野菜と雑草を見分けて抜くことができるようになった、という点を評価してです。


Avatar
Ree Fou

おお!「草取り」「草むしり」のことなのですね。きっと「草取り」は東の言葉、「草引き」は西の言葉なのでは。確かに有用と無用の観念が身につきつつあるって、大人なかんじ、、、


Avatar
Daisy

学生しながら講師としてお世話になっています。
知識をインプットして仕事でアウトプットし、
仕事で得た報酬で学費をまかなっています。
「循環」という言葉にまさに当てはめられているような、
そんな毎日です。

りょーたろーくん、ししゃものおなかもおいしいゾ。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 連休は実家に帰って田植を手伝う。といっても田植機を運転するのが主な役割。適度な深さに、そしてまっすぐ植えることに気づかう。ゆがむと収量や秋の刈り入れの苦労につながるから。たった今の自分の行為が、数ヵ月後の命運を直接的に左右する。日常生活であまり経験しない感情だ。 日本の稲作は縄文末期から弥生初期にかけて大陸から伝わったのが始まりとされる。温帯型が中心といわれてきたが、このところのDNA分析の結果から熱帯型も確認され、弥生期の稲作は温帯型と熱帯型が混在しながら展開されたことが明らかにされてきている。 以来およそ3000年。いま、日本人の米の消費量は減少の一途をたどり、農家は生産調整を強いられている。わが家の米も減反のため、消費者からの注文すべてには応じられないのが現状。 さいきんでは減反強化対策として、飼料用のイネを作る動きも拡大している。つまりウシが食べるためのイネ。意外な気もするけど、農耕とウシは最初から深い仲にあるわけだし、相性はいいと考えるか。 召しあがるという尊敬表現のメシ、あるいは敬語として「御」をつけたゴハン。ほかの料理は皿に盛るというのに、ご飯だけはよそっていた、つまり装ってもいた。言葉にも、ぼくたちが米をたいせつにしてきたことがしのばれる。日々口にできることの、そのありがたさ。それだけは忘れないでいたい。

前の記事

 ほんとうなら今ごろは木星に、と考えてしまうのはSFファンのかなしさか。『2001年宇宙の旅』に登場したコンピュータHALが、大手コンピュータ会社名のアルファベットを一文字ずつずらしたものだったというのは有名な話。 HALのような手法は、換字式暗号の一種。ローマ将軍カエサルが考案したとされるもっとも原始的な暗号体系のひとつ、シーザー暗号もこの方式だ。以来、暗号はときに戦いの勝敗を決める重要な役割を担ってきた。中国領土に不時着した米偵察機の乗員の3分の1は暗号の専門家だったというから、その重要性は現在でも変わらないのだろう。 情報通信技術の発展を受けて、いま暗号の重要性が増している。個人情報の保護が重視されてるのが新しさだろうか。古典的手法の集大成ともいえる方式DESが米政府肝いりで開発された一方、暗号の歴史を変えたといってもいいだろう、公開鍵暗号が大学の研究室から生まれたのはなんだか暗示的でもある。 古典的暗号がひとつの鍵をお互いこっそり共有するのに対し、公開鍵暗号というのは、暗号文を作り出す鍵ともとに戻す鍵が違う。自分の持つ秘密鍵でしか復号できない暗号をつくれる公開鍵を公開しておき、不特定多数の人から秘密の通信をもらったり、逆に自分の秘密鍵で作った暗号だけに意味を持つ復号用の公開鍵を公開しておくことで自分からのものだという署名に利用したりする。 ちなみに暗号というもの、ぜったい解読できてはいけないというものでもない。解読に数十万年かかるのならその行為に意味はなく、暗号として役立つ。大戦中に日本軍が旧薩摩弁を早口でしゃべることで暗号としたという話が伝わるが、これなども、いわば意味ある時限内に破られさえしなければいい、ということが前提でできたことだろう。 いい柄のセーターだね、とか、試写会の券あたったんだけど、とか、隠しているようでほんとうは伝えたい、そんなささやかな暗号を使っていたころが、懐かしい。

次の記事