ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

九十九の島

2001年4月25日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 つづら折を九十九折と書くように、九十九は多いという意味によく使われる。もっとも千葉県の九十九里浜は約60キロと確かに長いものの、36町ではなく6町を1里とする古くからの測り方によれば、1里を654メートルとして確かに九十九里に近くなる。石川県の九十九湾も入江が99あるというけれど、さてこちらはどうなのだろう。
 一方、長崎の九十九島(くじゅうくしま)の場合は、島の数ははるかに多い。実際には208だと発表したのが、佐世保市の市民らによる九十九島の数調査研究会。今まで調べられなかったのかと思う向きもあるかもしれないが、島を数えるのは、じつは難しい。そもそも、「島」とは何なのか。
 海上保安庁では、満潮時に水面上に周囲100メートル以上あること、などと定義し、日本には6852の島があるとしている。しかし、いざあなたが目の前の「島」を数える場合、干潮時にはひとつの島なのに満潮時に分断されて「島」でなくなった場合どうするか、など悩むことだろう。
 九十九島の場合は、自然に形成された陸地で満潮時に水に囲まれ水面上にあること、植物の生育が認められること、という条件で測定。植生を加えたのがミソで、その結果、地元で千畳敷と呼ばれている大きな岩場が認定から外れたり、逆に潅木一本の小さな岩を島と認定したりもした。生命が根付く安定性、安全性があってこそ「島」だと定義したわけだ。
 振り返れば、ぼくたちの銀河系もまた、島宇宙と呼ばれている。こちらの数は、この宇宙に千億以上といわれているけれど、そのうちどれだけに生命が宿っていることだろう。ともあれ、この「島」宇宙の片隅の、青い星の小さな生命をいつくしむ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“九十九の島”
Avatar
小橋

島については、「日本島嶼学界」「海上保安庁水路部」などをご参考に。九十九島については「九十九島」を。


Avatar
いんてきふこ

私,生まれは佐世保市です。高校までいました。
佐世保に住んでいても,九十九島めぐりなどはした事がありませんでした。

今,佐世保といえば,ハウステンボスが有名になってますが,たまに帰省すると,烏帽子岳や弓張岳に登ったり鹿子前に行って海見たりすると,落ち着きます。

金沢に旅行に行ったときに,千枚田というのがありましたが,九十九島もあの類ですね。


Avatar
小橋

コラムを書いていて気になったのですが、九十九島と書いて「つくもじま」というのもあって、こちらは島原半島の東側の島嶼群、と小学館のスーパーニッポニカにはありました。同じ字でも読み方によって違う場所を示していることになるのですが、よく知られたことなのでしょうか?
佐世保市の方はサイトでの説明や調査研究会の呼称を優先して「くじゅうくしま」としましたが、地元での一般的な呼び方もそれでよろしかったでしょうか?


Avatar
濱田逸郎

九十九里浜。
なるほど、九十九里に近づく計算方法があるんですね。
昔聞いた説では、砂の色が白いので、昔は白浜といったが、百という字から一を引いて九十九としゃれて表現したということでした。
本当のところどうなんでしょう。


Avatar
小橋

九十九をつくもというのは、「百」を「も」と呼ぶところからしゃれてのことですが、九十九里浜の場合は、源頼朝が矢をさして測定した、という伝説が有名。そのとき百だったんだけど一ひいて九十九にしたという話もあるので、そのとき、白浜とのしゃれを含んでいたのかもしれませんね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 過ぎ去った日は二度と手には入らない。だから人は想像したり検証したりしてその日のことを思い巡らす。 イエス・キリストの顔を「科学的」に再現したのはマンチェスター大学のリチャード・ニーブ氏。エルサレムで発掘された1世紀のユダヤ人の墳墓から被埋葬者グループの中でもっとも代表的な頭骨を選んで復元したというから、個人の復元にはならないけれど、想像の助けにはなりそうだ。縮れた頭髪やひげはイラク北部の1世紀から3世紀のフレスコ画に描かれた顔を参考にしている。もっとも特徴的なのは顔色で、当時の天候から割り出したそれは色黒。 過去のことといえば、200年前から米国で論争が続いているのが、第3代大統領トマス・ジェファーソンが黒人女性奴隷サリー・ヘミングスに子どもを生ませていたという風説。1998年にDNA鑑定が行われ、その子孫と彼の嫡流のそれが一致したとあって、まずは事実と認められたかに思えた。ところが、つい最近も専門家グループが600ページ近い報告書を発表して、当時の記録からして父親は屋敷を訪れていた弟のランドルフの確率が高いとした。この問題、ただ単に歴史的事実に関する論争としての枠を超えて、人種問題にもかかわっている。報告書の分厚さが、その複雑さを表しているような気がしないでもない。 ときには顔のつくり。ときにはしとねの相手。追求されるほうもたいへん。まあ、のこしたものの大きさと比べればささいなこと、せいぜいお楽しみを、と笑っている気もするけれど。

前の記事

 すこし遅れて出かけた三井寺の桜は、前夜の激しい風雨で、桜吹雪を見せることもなく、はや散り敷いているのだった。地面に白く積もる花に、雪みたい、と3歳の息子が小さな声をあげる。 境内にはすっかり人気も無い。つい昨日までここは人であふれていた、と帰りにひろったタクシーの運転手さん。花は人を吸い寄せる。 花見のルーツは平安時代という。『日本後紀』に、嵯峨天皇が神泉苑で桜を眺めたのが「花の宴」のはじまりとある。 初期は貴族や武家などの限られた階級の行事だった花見。それがにぎやかな宴会になっていったのは、豊臣秀吉が吉野山や醍醐で開いた花見以来だとか。歌舞などの芸事もまじえ、華美をつくしたと伝わる。 庶民に広がったのは江戸時代で、中期にはひとびとが三味線や鼓を奏で、小唄をうたい酒を酌み交わす光景がみられたというから、現在の花見の風景は、当時から変わらぬものだったようだ。 観月舞台そばで琵琶湖を眺めるうち、日が落ちて境内に灯が入った。この季節に行われているライトアップ。花は散ったものの、現代的な光に浮かび上がる参道が、幽玄という言葉を思い出させる。闇に浮かぶ葉桜に、一瞬、満開の桜を幻想。 桜よ、また来年。

次の記事