ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

子どもだってヘビは怖い

2008年2月29日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Association for Psychological Science: Psychological Science – March 2008
In conclusion, preschoolers share the propensity of adults for particularly rapid visual
detection of snakes. The existence of this tendency in such young children lends important
Psychological Science ? March 2008 ? In Press
support to theories positing the existence in humans of an evolved bias for the detection of
evolutionarily relevant threat stimuli.

就学前の子どもでもヘビを見ると怖がる。ということは、社会的に身についたというより、なんらかの遺伝的な要素があるんじゃないかと。(まあ、ヘビを振り回している子もいるけどね、近所には)
以前、あれは何だったかな、テレビ番組で、サルがヘビを怖がっているのを見て、霊長類はどこかでヘビに対してよほど恐れる理由を持っているのか、と考えたことがある。毒蛇への恐怖というのはわかるけど、それにしても、あの生理的といってよい嫌悪感はどこから出てくるのか。考えてみると不思議。
原著論文は下記。
Detecting the Snake in the Grass: Attention to Fear-Relevant Stimuli by Adults and Young Children

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

神戸大学トップページ / 2008年2月28日 お知らせ
神戸大学理学研究科のパトリック ソフィア  リカフィカ (Patryk S. Lykawka) 研究員 (写真左) と向井正教授 (惑星科学研究センター長、写真右) は、太陽系外縁部の理論的な研究から、 地球の0.3-0.7倍程度の質量を持つ未知の惑星クラスの天体が存在している可能性が高いことを見いだしました。 大規模なサーベイが開始されると、この惑星は10年を待たずに発見される可能性があるとしています。
神戸大学の研究者らが、太陽系外縁天体の軌道をもとに、理論的に予測。現在の定義では、周辺に同様の天体がないことも要件とされるので、確認までは時間がかかるだろうけれど。
それにしても、こういう点では、太陽系のほんの外側もはっきりと確認するだけのことはまだできないんだなあ、ぼくたちって。

前の記事

Children’s under-achievement could be down to poor working memory
The researchers from Durham University, who surveyed over three thousand children, found that ten per cent of school children across all age ranges suffer from poor working memory seriously affecting their learning. Nationally, this equates to almost half a million children in primary education alone being affected.
However, […]

次の記事