ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ゲームで殺されるのは快感?

2008年2月28日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
PsycARTICLES – Emotion – Vol 8 Iss 1 Page 114
Although counterintuitive, the wounding and death of the player’s own character may increase some aspect of positive emotion.

007のゲームをやって測定したところ、ボンド役である自分が殺されたり傷つけられたときに、感情はポジティブになった。なんなのだろう、「あー、やられた」っていうのも喜びなのかなあ、ゲームでは。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn



required



required - won't be displayed


Your Comment:

Insect "Eyespots" Don’t Mimic Eyes, Study Says
The authors concluded that the visual “loudness” of the markings startle or frighten the predator into avoiding spotted prey.
鳥などが目玉模様を避けるように、というのがこれまでの常識だったのだけれど、実験してみると、別に目玉じゃなくてもよくて、要するに大柄な模様を避けているだけのようだと。
ガなどは、目玉を真似しているわけじゃないみたいで。とすると、それを「顔」に見立てる人間心理の側がおもしろいね。人はいろんなものに「顔」を見てしまうから。

前の記事

神戸大学トップページ / 2008年2月28日 お知らせ
神戸大学理学研究科のパトリック ソフィア  リカフィカ (Patryk S. Lykawka) 研究員 (写真左) と向井正教授 (惑星科学研究センター長、写真右) は、太陽系外縁部の理論的な研究から、 地球の0.3-0.7倍程度の質量を持つ未知の惑星クラスの天体が存在している可能性が高いことを見いだしました。 大規模なサーベイが開始されると、この惑星は10年を待たずに発見される可能性があるとしています。
神戸大学の研究者らが、太陽系外縁天体の軌道をもとに、理論的に予測。現在の定義では、周辺に同様の天体がないことも要件とされるので、確認までは時間がかかるだろうけれど。
それにしても、こういう点では、太陽系のほんの外側もはっきりと確認するだけのことはまだできないんだなあ、ぼくたちって。

次の記事