ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

見ないでいようとしても見てしまう

2007年11月13日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

眼球運動の不思議 目の動きから心が見える
視線が同じところにあっても、眼球は「固視微動」という細かい動きをしているけれど、なかでももっとも大きいのがマイクロサッカードと呼ばれている。で、このマイクロサッカード、あるひとつのものを見ていても、気になるものがあるとついそちらに多く眼球が動くように微動しているとか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

 自動販売機はいつからあるのでしょう。特許庁の『技術分野別特許マップ』に詳しくありました。それによると、紀元前215年、エジプトの神殿に「聖水」を販売するために設置されたのが始まりだとか。当時の人が現代の「聖水販売機」にあふれる光景を見るとどう感じるだろうと想像すると楽しくなります。
 日本で最初に実用化された自動販売機は、1904年の「自動郵便切手葉書売下機」だそうで、これは切手を販売するだけではなく、はがきを販売し、さらにポストの機能までついていました。売った後のことまで考えているなんてスマートですね。アルコール飲料の販売機におつまみ販売やリサイクル機能までつけるようなものかな。
 ご存知のように日本は自動販売機大国。日本自動販売機工業会の資料によると、国内におよそ550万台の自動販売機があり、それを通した年間売上金額は6兆8300億円。これはコンビニの年間販売額に匹敵する金額です。日本における自動販売機ブームのさきがけは、1957年に登場したジュースの販売機。ある年齢以上の方なら、アイキャッチ用に上部から出ていた噴水を見て「欲しい」とねだった思い出を持っていらっしゃるかもしれません。
 ちなみに、年間売上のうち清涼飲料は2兆3000億円。ほんとうにざっとした計算だけど、今あなたが購入しようとボタンを押しているその瞬間に、日本のどかで500人から1000人の人が同じように、清涼飲料を飲もうとボタンを押している。そのそれぞれはどんな人たちだろう。何を飲もうとしているのだろう。自動販売機の前に立ってなお、自分ひとりじゃないんだ、って感じる。ちょっといいなあ、と思います。

前の記事

太陽光レーザーが拓くマグネシウム社会
6000度。太陽表面の温度を超えることはない。ただし、さまざまな波長の光を単一波長に集めればより高温ができる。これがレーザー光。

次の記事