ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

顔立ち

2001年3月16日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 東京大学の原島博教授の研究室で、平均顔を作成するツールを開発、公開している。いろいろな人の顔写真を準備して実行すれば、それぞれの目や鼻や口といった部位の大きさや位置関係などを数値化し、平均値を算出して「平均顔」が作られる。
 研究室では、実際に職業別に作った平均顔を公開している(日経2月18日)。銀行員やプロレスラー、政治家など。銀行員はまじめで実直そう、プロレスラーは太い眉ににらみつけるような視線、政治家は眼鏡の奥の表情に乏しいとろんとした目と、それぞれの職業の典型的な顔になっているのがおもしろい。
 会社を辞めて独立したとたん「いい顔」になった知人の例は少なくない。長続きしているカップルは、血が通っていないはずなのに顔立ちが似ている。ペットと似た飼い主というのも珍しくない。いや失礼、ペットが飼い主に似たのかもしれないけれど。
 ともあれ、こう考えると、たまたま特徴のある顔をした人がその職業を選ぶというよりは、職業が顔を作っているのだろう。4月になって新入社員が会社に迎えられる季節、研修もさまざまに行われるけれど、そうして「職にあった顔」が大量生産されていくわけで。
 毎朝鏡を見て、自分が「いい顔」をしているかどうか確認する。化粧でごまかすのじゃなく、いい顔をしようと努力してみる。そのことが、日々少しずつ何かの型にはまってしまう自分を押しとどめ、理想の自分に向かわせていく、そんな気がする。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“顔立ち”
Avatar
小橋

顔についてはやはり「日本顔学会」ですね。「原島・苗村研究室」でツールのダウンロードもできます。


Avatar
山本弘士

今日の「顔立ち」は、最高です。明日を楽しみにしています。


Avatar
小橋

ありがとうございます! どこがよかったのかな、とりあげた内容かな、それとも結びの部分かな。ともあれ、今回から、エンディングについてある決意をしました。その第1回目の配信でした。


Avatar
北山

確かに、顔って状況で変わっていきますよね。気負ってた時代の写真とかを見ると、やっぱそうやなあ、とか思いますし。僕も、これから「いい顔」がにじみでる人間になれるよう心がけます!!




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 たむらしげるの幻想的なコミック『ファンタスマゴリアデイズ』の一編に、サボテンでできた飛行機が彗星にぶつかる物語がある。ぼろぼろになった飛行機をみて修理できるかと心配する同行者に、サボテンだから自分で治るよ、と言い聞かせる。妙に納得。 生物の傷は自然に回復するように向かうけれど、物質は難しい。そんななか、米イリノイ大学の研究チームが、細かなひび割れを自己修復するプラスチック材料を開発した(朝日2月16日)。液体の修復材が入ったマイクロカプセルと修復材を硬化させる物質を複合して混ぜ込んだエポキシ樹脂がそれ。材料にひび割れが起こるとカプセルが割れ、修復材が割れ目を満たす。それが触媒で硬化して割れ目を接着、修復されるしくみだ。 自己修復といえば、機械技術研究所でも3次元ユニット機械の自己修復を研究している。壊れた一部品にそれが全体のどの役割を担っているかの情報がなくてはならないなど、工夫すべきところは多いという。人間だって、手の甲の切り傷が回復途中で間違って指になっちゃったらたいへんだ。そういうのは回復ではなくホラーという。手の甲は手の甲という一部でなくてはならない。 家電リサイクル法の施行もあり、いま、壊れたり不要になったりした機械類の処分が話題になっている。製造と逆工程に気を配り環境負荷を軽減させる生産システム、インバース・マニュファクチャリングの重要性が説かれてもいたり。 考えてみれば、ぼくたちはいま廃棄の文明を生きていると言えるかもしれない。21世紀、自己修復の文明に移行することができるのかどうか。サボテン飛行機はまだ当面望み薄だけれど。

前の記事

 混一疆理(こんいつきょうり)歴代国都之図として知られる古地図がある。元末・明初の中国で作られ、朝鮮使節によって編集しなおされたとされる世界地図(日経2月18日)。当時の中央アジアの視点からの世界図だ。 龍谷大学図書館所蔵のこの図は、日本が九州を北にして90度傾いた南北に長い国として描かれており、邪馬台国論争で取り上げられることも多い。しかし島原市の本光寺に、こちらは混一彊理歴代国都地図と呼ばれるほぼ同一の地図があって、そこに描かれた日本は通常の向きだ。 注目したいのは、日本の向きよりもむしろ、西の方。どちらの地図でも、ヨーロッパは地中海を持ったものとして描かれているし、アフリカは南が海に囲まれたものとして描かれている。ヨーロッパの人たちが喜望峰を知るのは15世紀末のこと。地図は、それより100年は古い。 西洋が大航海時代を経て「世界」に乗り出す以前に、内陸に巨大な国家を築き、世界を視野に入れていたモンゴルの遊牧民たち。その触手は当時、日本にも伸びた。1274年と81年の「元寇」、神風の言葉を生んだモンゴル襲来だ。 世界史を学んでいると四大文明から発しそれらが変遷するとでもいった歴史になってしまうし、日本史を学んでいると元寇の背景にある巨大な国家は見えてこない。あとひと息、視点を広げて眺めることの大切さ。そんなことを、ふたつの「混一疆理図」が教えてくれる。

次の記事