ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

環境考古学

2005年4月14日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 縄文の火焔型土器や古墳時代の埴輪など、考古学では人工的な遺物に関心が集まりがちだ。でも古代の人々の生活や文化を知るには、彼らがどのような気候や自然の中で生きてきたかが問われる。そうすると、種子や動物遺体などの自然遺物にも関心を払う必要が出てくる。それが、環境考古学だ。
 環境考古学では、土器についた種子や貝塚に捨てられた骨なども分析の対象になる。動物学や植物学、生化学や病理学などの知識も必要だ。親しみやすい事例としては、トイレがある。縄文時代初期のトイレは、集落の周辺で用を足し、自然の分解作用にまかせていたらしい。その分析からは、回虫が弥生時代に持ち込まれたらしいことなどがわかる。その弥生時代、糞便は集落を囲む環濠や河川に垂れ流した。汲み取り土抗式トイレが登場したのは七世紀の藤原京で、糞尿を周辺の農民が肥料として引き取るしくみもできていたのではないかとされる。トイレ跡にはアカザやヒユといった草本類の花粉や種子が多数含まれるという。考古学の松井章氏は、漢方あるいは和方薬として花を食べていたのではないかと指摘している。健康への気遣いは古代から変わらないということか。
 環境考古学という言葉を知ったのは、安田喜憲氏の著書によってだった。梅棹忠夫氏による「文明の生態史観」とも呼応しつつ、日本人は森の文明と述べる安田氏。最近になって松井氏の著書を読んだとき、ゴミ捨て場やトイレなどを語るその視点と、地球環境まで視野に入れる安田氏による「環境考古学」がつながらなかった。いまあらためて二人の著書を並べて、ああ、トイレの遺構に発見した種子から当時の食卓を類推し、植生に思いを馳せる視点は、そのまま古代の森を思い描き、文明論を語るところにつながると気づく。そのつながりにはじめ気づかなかったということは、ぼく自身の想像力がさびているということかもしれないと自省したことだった。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“環境考古学”
Avatar
小橋昭彦

まずは松井章氏『環境考古学への招待』をどうぞ。そして、安田喜憲氏『環境考古学のすすめ』を。スタンスの違いというのかな、同じ分野と思われないくらいなのですが、環境考古学というツールは同じですよね、確かに。

松井氏の視点は「ゴミ溜めは宝の山」で、安田氏の視点は「環境考古学」でざっとつかむことができます。


Avatar
ちゅうそん

本の読み聞かせはいいですよ。

子供が寝る時間に間に合えば、私はよく絵本を読んであげました。
隅から隅まで読まないと気が済まないらしく、奥付まで
読まされました。そのおかげでか、小学校低学年のうちにどんな本でも読むようになり、3年生くらいで新聞のたいていのページを読めるようになりました。

子供がいると子供会活動など大変ですが、それも楽しんでやればそれほど苦ではありません。お互い楽しみましょう。


Avatar
jyoumyaku

糞尿譚ですね、
少年時代は汲取り式で農家の方からお礼に野菜など頂いていたようです。
木炭の利用法で吸収性を利用して床下に入れることが見受けられますが
昔、炭俵を便所の横に積み置きして失敗したことです
火鉢に入れて炭を熾すとトイレの香りがして使い物にならなかったこと
古代の炭に臭いがあったらまた興味が湧きますね。
ありがとうございました




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 多くの動物は死ぬまで繁殖を続けるが、人間の女性だけは、閉経後も長く生きる。この理由を説明するのが「おばあさん仮説」だ。フィンランドとカナダの多世代にわたるデータを分析した科学者らは、閉経後に長生きした女性ほど孫の数が多いことを見出した。ある年齢に達したら、自分で子どもを産むより、自分の子どもの子育てを助けた方が、遺伝子を多く残せるのだ。研究者らは、祖母の多くが、自分の子どもが更年期を迎えた頃に亡くなっていることも指摘している。 もっとも、親が子に子育てを教えられるのも、人類が言葉などを身につけたからこそだろう。初期から現生人類まで、数百万年にわたるヒト科動物の化石を調べたミシガン大学研究者の報告によれば、今から約3万年前、高齢まで生きる人の数がそれ以前の4倍に増えたという。ここでいう高齢とは、生殖が可能になる年齢の2倍以上。生殖可能年齢は第3大臼歯がはえる年齢とほぼ同じで、歯の化石を調べればわかる。人類が言葉を得たのがおよそ5万年前とされるから、その後祖母から母へ子育てを教える風習が芽生え、長生きにつながったのかもしれない。年長者は若者にさまざまな知識も伝えたろうから、文化の発達が長寿を生んだのではなく、長寿こそ文化の発達を生んだともいえる。 田舎に暮らしていると、おばあちゃんという言葉をよく聞く。わが家でお味噌汁をお出ししたお客様はおいしいと驚かれることが多いけれど、それはおばあちゃんの手による、まさに手前味噌ゆえ。今のうちに習っておかねばと思っている。もっともその一方で、食料品店で買ったほうが手軽と思うのも事実で、田舎でも、おばあちゃんの智恵を伝えようと口にすると、なんでそんな進歩が無いことをするのかと反論されることもある。そんなとき、ふと進歩ってなんだろうと疑問がよぎり、おばあさんとともに進歩する道はないのかと自問する。

前の記事

リンク: Egg-Citing Discovery: Dinosaur fossil includes eggshells: Science News Online, April 16, 2005.
The pelvis-filling volume of the eggs also suggests that the dinosaur could carry only two eggs at a time, says Sato. The similar size of the two eggs hints that the creature had two oviducts that produced one egg each and did so […]

次の記事