ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

宇宙はこのまま膨張する

2004年6月10日 【雑学なメモ
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

・気になる宇宙の将来:ビッグリップもビッグクランチも起こらない!?
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/06/03dark_energy/index-j.shtml
暗黒エネルギーが宇宙定数のような働き。宇宙はこのまま膨張、数十億年後、この宇宙で観測できるものは、ほんの数個の銀河のみに。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Comments are closed.

 旧人の一種ネアンデルタール人は、およそ30万年前から3万年前までヨーロッパで暮らしていた。新人であるクロマニヨン人が現れたのが、4万年前。両集団は1万年ほど共存していたらしい。クロマニヨンがネアンデルタールを滅亡させたという説もあるけれど、可能性は低い。集団間の接触はほとんどなかったのではないかと考えられている。 たとえば、現代のチンパンジーとゴリラ。果実を食べるなど食の好みが重なりつつ、争いは少ない。理由の一端が、それぞれの性質や行動パターンの違いだ。チンパンジーは果実に執着し、小集団での狩りなどさまざまな戦略を編み出している。一方のゴリラは、特定の果実には執着せず、集団で動きながらさまざまな食物を食べる。こうして食べ物の選択や獲得方法を違えることで、互いが接触する機会を減らしている。ネアンデルタールとクロマニヨンも、そんな風に共存したのだったか。混血した可能性も、ほとんどない。 頑丈なネアンデルタールと、きゃしゃなクロマニヨン。両者は、性格の上でも大きく違っていたようだ。ネアンデルタールの脳は現生人類より大きいけれど、体重比では小さめで、体重に対する前頭葉の大きさは、現生人類より3割くらい小さいと見積もられている。それゆえに言語が未発達で、未来志向性に乏しかったようだ。死という観念も薄かったらしく、花を手向けたという報告もあるけれど、意図的な埋葬が確認された例はない。クロマニヨンのように洞窟画や彫刻に親しむこともなかった。ネアンデルタールは死を恐れることなく、未来に悩むこともなく、静かに地上から姿を消したのだったか。 シミュレーションからは、わずかな出生率の差が滅亡と繁栄を分けることが示されている。1万年後のある日、クロマニヨンは、そういえば最近あのでかい奴をみないなあ、なんて思いを馳せたかもしれない。そして死に脅え、将来に悩み、しかしそれゆえに今に命をつなぐのだ。

前の記事

 数学問題を解くシーンで涙してしまうとは思わなかった。80分しか記憶が保てない数学者を描く、小川洋子氏の『博士の愛した数式』。彼が愛したのが、素数だった。1とその数自身でしか割り切れない数。人はなぜ、素数にひかれるのか。 アメリカでは17年ゼミの大量発生が話題になっている。17年に一度、一斉に地上に出て子孫を残す。ほかに13年周期ゼミもいて、1998年にはミズーリ州で17年ゼミと13年ゼミが同時発生、221年に1度の椿事となった。日本では年がずれるけれど、7年周期が知られている。17、13、7、これらすべて、素数。なぜそうなるのか、定説はない。たとえば2年周期のセミがいたとする。4年周期、6年周期がいると、発生が重なって交雑が進む。すると周期が崩れ、異性に会う確率が下がり子孫が減る。3年周期のセミがいると、6年、9年周期などのセミが減る。こうして、互いに割り切れない素数のセミだけが残る。 この仮説で用いた考え方、素数を見分けるエラトステネスのふるいとして知られている。数を順番にあたり、素数が見つかると、それ以降その倍数を消去していく。最後まで残ったのが素数だと。古代ギリシアの時代から、素数は数学者を悩ませてきた。無限にあるという証明はすでにされている。また、ある数字と、それを倍にした数字の間には、かならず素数がある。数が大きくなっても、素数の出現頻度はそう変わらない。4以上のすべての偶数は2つの素数の和で表すことができるという予想もある。たとえば34は29と5。たぶん予想は正しいのだけれど、証明はされていない。何千万桁目かの偶数で、そうじゃないものが見つかるかも知れない。 家路に向かう夜、屋根の向こうの北斗に目を奪われ、しばらく星空を散歩していた。北極星を回りこむ雄大なりゅう座。西にアルクトゥルスが傾き、そばに天のかんむり。東からは天の川とともに白鳥が昇る。ああ、と納得する。目の前に確かに見えているのに、手が届かない。素数は、星空に似ている。

次の記事