ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

食卓の科学

2004年2月05日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 お箸の方程式なるものがある。英国の物理学者が、お箸を使う難しさを数式化したものだ。ざっと説明すれば、中華料理を食べる回数に料理の形やすべりやすさや重さを掛けて平方根をとった上でお箸の長さや持ち方といった固有の変数を掛ける、それを皿から口までの距離などで割る。計算の結果、おおむね1000回お箸を使って中華を食べれば、満足できるレベルになるのだとか。
 お箸の場合は半分冗談だが、日本では皿洗いの研究なんてのも行われている。筋電図で上腕三頭筋への負荷を計測したものだ。それによるとカレーライスで汚れた皿を3枚洗う動作は、腕立て伏せ5回分に相当するという。日常の行動をエネルギー代謝率で示す研究もある。基礎的な代謝量と比べてどのくらいエネルギーを使うかを示したものだ。エネルギー消費が多いのは階段を上る動作。布団の上げ下げもその半分くらいとかなり高い。100メートルを1分で歩く速さと同じレベルだ。
 公平なケーキの分け方なんて研究もある。あなたならどうするだろう。二人で分けるときは、一人が公平と思うように切って、もう一人が好きな方を先に選ぶのがスマート。政治学者や数学者らによる研究チームは、それでは完全でないとして、レフェリーを加えている。チョコの部分が価値が高いとかいちごが魅力とか、二人がそれぞれケーキの各部分の評価をし、レフェリーが各人の評価に基づいてケーキを分配する。まあ、ふだん用いるには不便な方法ではある。
 日常に科学を見た人といえば、寺田寅彦。茶碗の湯に地球規模の季節風を見、金平糖に最先端科学につながる疑問を抱いた。そんな彼が「科学者とあたま」と題したエッセイで、科学者は頭が悪くないといけないと書いている。常識的にわかりきったと思われることでつまづき、それを明らかにしようと苦吟することが重要なのだと。急がない、転んだり道草してこそ、美しい花を見つけられる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“食卓の科学”
Avatar
小橋昭彦

まずはお箸については、「Jim Al-Khalili」らによる、「Britains” s Chopstick Phobia Leads to Development of Uncle Ben” s Chopstick Equation」をご参照ください。数式も掲載されています。皿洗いは「“カレーライスで汚れた皿を3枚洗う”動作が
“腕立て伏せ5回分”に相当
」をどうぞ。ケーキの分け方は「Francis Edward Su」らによるもので、博士のサイトに、ケーキではないですが、公平分割シミュレーションがあったりします。解説記事「政治学者と数学者がケーキを分けた」もどうぞ。渡辺俊男氏の著書は『人はどうして疲れるのか』で、「Passion For The Future」の解説もどうぞ。あと、「人類働態学会」もご参考までに。寺田寅彦は「かたち [2003.11.17]」「動物の模様 [2003.10.06]」「バスを待つ [2003.09.04]」と何度かコラムでも登場。『科学と科学者のはなし』として手軽な作品集がまとまっています。「青空文庫」でも多く公開されているので、そちらでも。


Avatar
みけ

くだらない話なんですけど(笑)。

「ケーキの切り方」の話で、中学時代に友達4人とアップルパイを切り分けた時のことを思い出しました。
切ったのは男の子です。合計5人なのに、いきなりザックザクザクと半分に!(笑)

そこからは悲惨で、適当にナイフを入れたため、最後はカタチも無くなってしまって。。。ジャンケンで勝った人から選んだのですが、最後の人は台皿を抱えて、涙目で食べるハメになりました。

私以外の4人は男子です。これが全員女の子だったら、それこそ分度器で測るように切り分けますよ!あとが怖いですからね0(笑)。

本題に関係ないくだらない話で、すみません。


Avatar
小橋昭彦

そういえば、新聞マンガのオチに、5等分とか6等分とかのガイド線が入っているケーキ箱というのがあって、いいかも、と思いました。すでにあるのかなあ。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 養蚕を営む隣家は、今も桑畑に囲まれた古民家の風情を残す。夏になると小屋からかしゃかしゃと葉をはむ音が漏れ、やがて幼虫たちは天井から吊るされた格子状の箱のそこかしこで繭を作る。日にかざせば、透き通った繭の中に身体を丸める幼虫が見える。 それらが成虫になることは、ない。殻を破る前に殺されるからだ。たとえ野に放しても、成虫は身体が重すぎてほとんど飛べず、捕食者から逃げられない。伝説によれば、養蚕は紀元前2640年の中国で始まったという。当時から人は蚕を、絹の生産に適すように「改良」してきた。 現代の遺伝子工学は、土壌細菌とトウモロコシなど、自然界では考えにくい組み合わせまで実現する。ぼくたちはかくも、自然に手を加えないではいられない。リンゴもイネもネコもブタも、手を加えられて今ある。それは必ずしも一方的ではなく、稲に一面を覆われた水田が同時に多様な生態系を生み出していたりするし、猫も、改良されつつ人を利用してきたかもしれない。 ショウジョウバエとヒトは、およそ6億年前に分かれたという。それでも、ヒトの病気を引き起こす突然変異遺伝子289のうち、177がショウジョウバエにも見られるという。仮にいま大きな方眼紙の上にぼくたちが立ち、その隣に、遺伝的距離の分だけ離れてチンパンジーに立ってもらう。むこうには、同じ池で見つかった二匹のサンショウウオ。さらに遠くにはショウジョウバエもいる。注意してみれば、二匹のサンショウウオ間の距離のほうが、ぼくたちとチンパンジーの距離よりはるかに離れていたりする。 今はしばし、自分の地図で世の中を見るのを避けてみよう。大きな方眼紙を広げ、それぞれの「間(ま)」に注意を払う。この数千年、蚕はその上を、どれほど移動しただろう。いまトウモロコシを、どれほど移動させようとしているのだろう。ぼくたちは、その方眼紙の中央にさえ、立っていない。

前の記事

 消失点に向かって収束する直線を何本か想定し、それに添って描いた線に、垂線や水平線を付け足して、箱の絵を描く。透視図法といわれるこの方法を知ったのは中学生になったときだった。あの日の驚きを、今も覚えている。箱のどの側面を正面にしても、同じ要領であっという間に絵が描けた。しかも、ずいぶん整った形で。今にして思えばあのとき、ぼくは世界を人間の尺度で描くことを知ったのだ。それまで絵というのは、自然を自分なりに筆に移す感性の範疇だったのが、透視図法は理論的で、機械的だった。理論で絵が描けるという驚き。世界を見る、もうひとつの手法を知った思いだった。 アルフレッド・クロスビーは著書『数量化革命』で、ものごとを視覚化・数量化してとらえる技術が発達したのが、ヨーロッパ帝国主義が成功をおさめた一因だと指摘している。中世・ルネサンス期、西欧において「数量化」が進められた。年代にすれば1300年前後のこと。機械時計が登場して時間はきっちり計れるものとなり、書物には目次が振られて読みやすくなった。絵画においては遠近法が完成し、経済においてはイタリアで複式簿記が生まれ今に至る企業会計の基礎を作る。 数量化以前はどうしていたかといえば、たとえば14世紀の料理本には「詩篇51篇のミゼレーレを唱える時間の長さだけ」卵をゆでるように指示されていたというし、音楽は記憶に頼って伝えられるものだった。書くという行為もまた語る行為と同一で、黙読という習慣は珍しかった。 今、数量化されていない世界を考えるのはむしろ難しい。あの日以来、数量化や視覚化のテクニックもさまざまに学んだ。それでも、たとえば子どもが、描いた家族の絵を、少し大きいのがお父さんでとても小さく描かれているのが赤ちゃんでと説明するのを聞いていると、数量化では見えないもうひとつの真実がそこにある気がして、自分の中に眠っていた何かが、少し頭をもたげもする。

次の記事