ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

墓地

2003年12月04日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 地元の集落を紹介する『中山の歩き方』という小冊子を作るため、地域内をぶらぶら歩いた。山すそや池の裏手に各家のお墓が残っている。昔は共同墓地だけではなかったんだ。
 東京の青山霊園のようないわゆる共同墓地は、パリやロンドンにならって明治以降に整備されたものだけれど、日本各地の集落に残る共同墓地は、おおむね12世紀後半以降に形成されたものだという。集落が協力して死者を弔うという風習も、その頃から生まれる。それ以前はどうしていたのか。
 弥生時代の甕に入った遺体やその後の古墳などの知識から、古くから埋葬の習慣があったのだろうと思っていたものだから、勝田至氏の『死者たちの中世』を読んで、驚いた。書籍の帯に「<死骸都市>平安京」とあるように、当時、死骸が道端に捨てられ、あるいは河原で風葬されている風景が日常にあったという。
 近所で葬式を出す習慣もないから、たとえばこんな話が残っている。夜になって長旅から帰ってきた主人が、眠っている妻の布団に入って休む。起きてみると、妻は死んでいる。驚いて隣人に尋ねると、何日も前に死んだが、家族がいないのでそのままにしていたと。身内でないと手が出せない、しかも死体とともにいると穢れるという思想がある。貧乏な家のものは死が間近になると家を出て村はずれの木の下に身を横たえて死を待ったりする。村人は「よく気のつく旦那さんだ」などと誉めるが、死んだ後に死体を処理した様子はない。木の下でそのままあったか。
 平安時代、京都中心部の貴族の家にもしばしば犬や鳥が死体の腕や脚を加えてきて、邸宅に穢れを持ち込んだという記述が残る。赤子の死体は埋葬しないのが普通で、空き地に置いたとも。命がおろそかにされていたのだろうか。いや。ここまで書いて、ようやく芥川の「羅生門」を思い出した。死骸の中でつかみ合う下人と老婆は、むしろ生への執着に満ちている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

7 comments to...
“墓地”
Avatar
小橋昭彦

コラム中で紹介したのは『死者たちの中世』です。芥川の作品はネットでも読めます。「羅生門」をどうぞ。


Avatar
小橋昭彦

あ、それからちなみに。『中山の歩き方』ですが、在庫はあと20冊ほどです(A5版、モノクロ64ページ)。本体価格300円、送料手数料込みで600円です。地元出身の方などでご希望の方があれば、小橋まで送付先住所電話番号をお知らせください。(できるだけ近い将来に加筆して再版したいと思っています)


Avatar
ほんだ

死体が放置された風景。
凄惨なはずなのに、この文章を読んで、なぜか安らぐ気がしました。


Avatar
すみしき

死体がおろそかだから命までというのはどうでしょ
う。
きっと今よりリアルにあの世や霊が信じられていた平
安時代だから、この世の残骸なんぞ枯れ葉のごとく。


Avatar
すずき

人間の死体が身近にあったからこそ、
死を身近なこととして、実感としていつも意識し、
生への執着がリアルだったのではないかなと思います。

現代の日本では、人間の死体をじかに見る機会も葬式くらいしかないですし、死ぬこと自体もバーチャルのように感じてしまっているのかなという気がします。


Avatar
小橋昭彦

すみしきさん、すずきさん、ありがとうございます。まさに、それが主旨でしたので、汲み取って読んでいただき、嬉しく思っています。

じつは書きながら、どうしても、一度に数千の命が失われた、あの年1月17日の朝の風景を連想せずにはいられなかったのですが、どのように書けばいいかわからず、芥川の小説を思い出して、そこに思いを託したのでした。生を輝かせることが、死への弔いになると信じようと。


Avatar
アスハ

こんにちは。はじめて此処に来ました。どれも興味深々です。
京の化(あだし)野は有名な風葬地で、「化」という字がつくことからも、相当な光景だったと思われます。鳥部山、鳥部野もそうですがこれは鳥に屍骸を食わせていたからだそうで・・・




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 ピュリツァー賞作家チャールズ・シミックの新刊『コーネルの箱』が出ると知って、思いは子ども時代の七つ道具箱にかえる。ジョゼフ・コーネル、アメリカの芸術家。箱の中にコルクや古写真や月面図などをつめて作品を作った。彼の作品に懐かしい思いを抱く人も多いのではないだろうか。 それでふと、思いが箱にとどまったのだった。箱とは何かを入れるためのもので、筆を入れれば筆箱に、お金を貯めれば貯金箱に、娘を入れれば箱入り娘になる。最後のは冗談だが、江戸時代「箱入りの」とつくと、容器入りという単純な意味ではなく、たいせつにしているものを意味した。浦島太郎が開けてしまう玉手箱は、女性が教養や美容関連のものを収納して座右においていた手箱の美称というが、「玉」は魂に通じる。かつての日本人は、箱を貴重で神秘的なものと考えていたのだ。 コーネルの箱から現代芸術つながりでもう一人作家をあげるなら、ミニマル・アートの代表的作家とも言われるドナルド・ジャッドの箱がある。絵画表現を理性的でないと批判した彼は、箱の形に現代の象徴を見出す。壁面に金属の箱を等間隔に取り付けた彼の代表作を目にした方もいるだろう。現代都市も彼にかかれば箱の連なり。林立する高層ビル群を単純化するなら、たしかに箱かもしれない。 百科事典によれば、ハコという言葉は、朝鮮語のpakoniと同源であり、ハコが大陸から伝えられたことを示しているという。ハコが空のまま海を渡ってきたとも思えない。日本にはじめてやってきた箱には何が入っていただろう。そう想像して、思いは再び七つ道具箱にかえる。友人にも自慢したその箱に何が入っていたか、今では思い出せない。仮にいま空箱を与えられて、ぼくはそこに七つの秘密道具を詰められるのだろうか。そう問うとき、あらためて、なるほど箱につめるのはただ物だけではないと、再確認するのである。

前の記事

 運動器。骨や間接、筋肉や神経といった身体を動かす組織、器官のこと。WHOが協力して世界各国で研究を進める、運動器の10年という取り組みが行われている。腰痛やスポーツ障害、骨粗しょう症など、運動器に関わる障害は多い。これらを解明し、生活の質を高めていく。 思い出したのは、人型のロボットの解説で出会った「自由度」という言葉だった。ひとつの関節で、前後に動かすことができれば1自由度。上下にも動けば2自由度。回転や伸縮なども自由度に加える。人間の腕は、肩に3つ、ひじに1つ、手首に3つ、合計7つの自由度を持っている。ところが理論上は、運動関節軸が位置と姿勢を決めるためには、全部で6つの自由度があればいいという。人間は1つ余分な自由度を持っているわけで、これが行動の柔軟性を生んでいる。 人型ロボットを研究する早稲田大学ヒューマノイド研究所の高西敦夫博士らが1996年に開発した人型モデルは、片足3自由度、体幹3自由度、片腕7自由度、片手3自由度、首2自由度、そして片目2自由度の合計35自由度からなっている。人間の場合はというと、片手だけで5本の指それぞれに3つの曲げと1つの旋回、合計20自由度。 加えて、たとえば表情を考えると、皮膚や筋肉の弾力性といったことも考えに入れなくてはならない。弾力性のある物質を制御する理論や技術はまだ確立していない。人の身体の、なんという自由さ。逆に言えば、ロボットと違って冗長性を多く持っていることが、人間らしさにつながっているわけでもある。 今後、人型ロボットの研究を通じて運動器の仕組みに新しい視点がもたらされることもあるだろう。障害を受けた運動器をサポートする小さなロボットが生まれることもあるだろう。ぼくたちは自らの自由度を、どれほど活用しているか。ロボットという外部を探求することで、ぼくたちは自らを知ろうとしている。

次の記事