ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

二軸の運動

2003年7月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 なんば歩き。右足を出すと右手を出す、左のときは左という歩き方と一般に解説される。江戸時代まで日本人はそんな歩き方をしていたというと、たいていの人は信じられない。確かに、意識して右手右足を同時に出そうとするとぎこちない。いっそ手は腰にあててみる。刀を支えている気持ち。その腰を、尻をおされた感じですっと前に運ぶ。すると、片方の足が前に出て身体を支える、その頃にはもう一方の足は前に動き始めている。手は振らないつもりでいるほうがいい。
 歩き始めたばかりのわが子を見ていると、そもそもこうした歩き方をしていることに気付く。後ろ足で蹴って進むのではなく、倒れる力を利用して進んでいる。剣道や古武術がこの動きであることも知られている。しばしば見かける宅配便のマークにある飛脚もこの走り方。昔の人はこの動作を日常にしていたから、体をねじらず着物も着崩れなかったと言われると、そんなものかとも思う。
 小田伸午博士の「二軸運動理論」を知って、なんば歩きを新しい角度から見ることとなった。身体に中心線を持ってそれを芯に動く動きに対して、両足の股関節を通る二つの軸を持つ動きを言う。現代の歩き方は中心軸歩行だけれど、なんば歩きは右軸から左軸へと移動させつつ歩く。一直線の上を歩くのではなく、二本の平行線をたどると考えると良いかもしれない。
 これを野球の投手に適用した見方が新鮮だった。中心軸投法は腕の振りが胸からとなる一方、二軸だと右投手なら左股関節から右手の先までを利用して投げることになり、いわば腕が二倍長いイメージになる。サッカー選手でも二軸の動きを基本にしていると、片方の膝を抜くだけで方向を変えられるので動きがすばやい。どこかに中心があると考えるのではなく、二軸あってそれが移ろっている。それは何も運動に限ったことではなく、なにごとも、そうしてゆったりととらえた方がよさそうな、そんな気もした。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“二軸の運動”
Avatar
小橋昭彦

まずは小田助教授による『運動科学』をぜひどうぞ。「ようこそ!二軸の世界へ」もご参考に。ちなみに小田先生らは、なんば歩きを常足(なみあし)と呼んでいます。なんば歩きについては、「「なんば」歩き考」をどうぞ。「武術稽古法研究」の中にもなんば歩きについての考察が含まれています。古武術としては「武術稽古研究会松聲館」の甲野善紀さんが、桑田投手の指導などでよく知られるようになりました。その甲野さんと糸井さんの「対談」でも、なんば歩きについて少々出てきます。


Avatar
こま

日本舞踊の動きも基本的にはナンバです。
能や狂言もそうです。
武術と伝統芸能は身体の運びに密接な関わりがあります。
伝統芸能のナンバの動きは農耕の動作から来ていると言われています。
地面を耕すときにはナンバになっているでしょ。
スコップで掘るときだって。
そのほうが力が入るのです。
盆踊りの「炭鉱節」も典型的なナンバの振りです。

日本舞踊では、ポーズをつけて立ち止まるときには
手と足を逆方向に出して、膝を深く曲げて、上体をひねります。
すると、和服を通して体の線が出て、きれいに見えるのです。
日本人形のポーズもこれです。


Avatar
あスズ@

はじめまして。
 
歩行パターンはエネルギー効率?かなにかで
歩いたり走ったりと変わる直感があるのですが、
 
なんば歩きも歩行パターンは変化するんですかね?
必要に応じて、我々日常の歩行から、自然と変化す
るような状況がわかるとさらに面白そうですね。
 


Avatar
tak

日本の馬術では、馬まで「なんば」歩きに矯正されます。

馬に乗るとき、西洋式馬術では、馬の左側から、いわば遠心力でヒラリと乗りますが、日本式は、右側から「よじ登る」のだそうです。これなんかも、「二軸」っぽいですよね。


Avatar
本当に大事なこと?

二軸・・って、みんな惑わされていない? だって、京都大学の二軸先生は、トレーニング科学という雑誌にディベートを申し込まれたのに、受けてたてないくらい「いい加減な理論」なんだったよ。そこでは、二軸がボロクソ酷評されているのに、それに答えられないグループなんだって・・。小田先生以外でも、ディベートに参加したらいいのに・・・




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 自分たちの宇宙の年齢が定まる時代に生きていられるとは。観測衛星が取得したデータを解析した結果、宇宙の年齢は137億歳とわかったというニュース。宇宙は平らで、4%の見える物質、23%のダークマター、73%のダークエネルギーから構成されているともいう。大半は目に見えないわけで、それは何かという謎もまた生まれた。 先だって並行宇宙について調べていて、もっとも心に残ったのは、観測可能な宇宙は一年に一光年ずつ広がっているという事実だった。ぼくたちは光が届く範囲しか観測できない。一年経てば、一光年分遠い光が届く。だから一年後には、半径一光年分、ぼくたちの宇宙は広がっている。ただ生きているだけで、ぼくたちの宇宙は広がっているという事実に、なぜか勇気づけられていた。 そしてふと、谷川俊太郎の詩を思い出す。万有引力に、ひき合う孤独の力を重ねた詩。宇宙の広さにくしゃみをするという、無辺と日常をつなぐ終行だった。読み返して、二十億光年の孤独という題名であったことに驚く。この詩が書かれた当時、宇宙の年齢はそのくらいと考えられていたのだろう。その後推定は精度を増し、ぼくの心の中で「二十億年」も年をとっていたのだった。 イームズの短編映像作品に「パワーズ・オブ・テン」というのがある。芝生に寝転ぶカップルを映した1メートル四方の映像が、10秒ごとに遠のいていく。10秒後に10メートル四方、20秒後に100メートル四方、都市を囲む四角、地球を囲む四角。10のべき乗で広がっていって、観測可能な宇宙をすべて含むのは何秒後か。じつは、5分も経たないのである。映像はその後逆に10分の1ごとに皮膚細胞の中に入っていく。原子にいたるまで3分近く。ぼくらを包む大宇宙と、ぼくらの抱える小宇宙をつなぐ作家の感性。 一年で一光年広がる宇宙の中で、ぼくたちは想像力をもって、自らを広げていくことができる。天の川に恋を重ねる、今宵。

前の記事

 心理学者のロバート・エイブルソンに「信念とは所有物のようなもの」という言葉がある。なるほど、ぼくたちは信念を「持ち」、「得たり」「抱いたり」、ときにはそれを「手放し」も「失い」もする。同じ心理学者のT・ギロビッチは、エイブルソンの言葉を紹介しつつ、人が自分にとって役立つ物を持つように、信念も有益だから持っていると指摘している。 この信念という所有物は、ときにガラス細工のように壊れやすかったり、自分が生きていくこととほとんど重なるほど不可欠の持ち物だったりする。たとえばロベルト・ベニーニによる『ライフ・イズ・ビューティフル』という映画。強制収容所に収容されたユダヤ系イタリア人の父は、子どもにこれはゲームだと言い聞かせる。ポイントを貯めればゲームオーバーになってうちに帰れるよと。父が子に与えた、日々を生きるための信念。 新版の出たヴィクトール・E・フランクルの『夜と霧』を読んで、この映画で描かれている「笑い」が、必ずしも映画的誇張でないことを知る。強制収容所での体験を、心理学者の視点で回想した記録だ。どんな状況にも人は慣れることができる、と彼は書く。お前がもっともガス室行きに近いと言われて、彼は微笑む。異常な状況に似合わないと思える微笑。しかしそれは、精神を病んだためではなく、自分の心を守るために必要だったのだ。 心を、ひとつの部屋のように考える。そこには、壁にかけた絵やテーブルや椅子やカーテンのように、さまざまな信念がコーディネートされて揃っている。人はみな自分の部屋を持っている。誰も、その部屋に土足で入ってテーブルを奪ったり、花瓶を壊したりする権利はない。でも、互いの部屋を訪れることで、押入れの奥にしまいこんで忘れていた額を取り出してかけてみたり、新しいテーブルクロスを編んでみたり、自分の部屋をより磨いていくことはできる。

次の記事