ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

再生医療

2003年6月05日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 散歩をしようと勝手口を出た足元を、トカゲが走りすぎる。見ると尻尾が切れている、子どもへのいい教材だと思いつつ、自分が子どものころと比べて、トカゲの尻尾の再生についてもずいぶん説明の奥が深くなってきていると、そんなことを考える。
 ES細胞という言葉を目にする機会が増えた。受精後の初期胚から培養した、あらゆる細胞になる可能性のある細胞。さまざまな枝に分かれる幹に似ているところから、幹細胞と総称される細胞の一種で、ことにES細胞は血液や神経、心筋にいたるまで広い可能性を持つため、再生医療の鍵として期待されている。ただし、いわばヒトを構成するさまざまな可能性を培養するわけだから、倫理面でも細心の配慮が必要なのでもある。
 再生する生物としてはプラナリアが古くから知られてきた。まっぷたつに切っても、どちらもがひとつの個体として再生する。人間ではこうはいかない。人間のなかで再生能力が高い臓器といえば肝臓で、ゼウスによって山頂に縛られたプロメテウスが、鷲に肝臓をついばまれるという罰を受け、夜毎再生してはまた苦しむというギリシア神話がある。これは肝臓の再生能力を人類が古くから知っていたことを表しているとして有名だ。肝幹細胞は2万から3万個にひとつというから、いかに幹細胞が高い増殖能力、分化能力を持っているかということになる。
 江戸時代の療養所を描いた黒沢明の『赤ひげ』を思い出す。手立ての無い病人を前に嘆く赤ひげに、ぼくたちは多少の助力をできるだろうか。いや、彼は「生命力の強い個体には多少の助力をすることはできる」とも言っている。生命力とは、ただ細胞や臓器にあるのではない。苦しみや悲しみや、あるいは喜びや希望を胸に抱く、それが命の力。
 そうか。岩陰に隠れていったトカゲをなおも目で探しつつ、あらためて思う。考えてみれば、尻尾が切れたトカゲを前に子どもに語りかけなくてはいけないいちばん大切なことは、あの頃も今も変わっていないんだ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“再生医療”
Avatar
小橋昭彦

まず黒沢明監督の『赤ひげ』(DVD)。エンタテイメントとして一流で、しかも泣けて、崇高でもあり。監督自身が自分の集大成と言われていたことに納得。ES細胞については「ヒトES細胞プロジェクト」をご覧ください。「日本発生生物学会」「日本再生医療学会」もあります。また、「トランスレーショナル・リサーチ・コミュニティ」の情報は充実。「再生医療の基礎」もご参考に。プラナリアについては、これだけでもなかなかおもしろいのですが、「プラナリア」、そして「我が青春のプラナリア」をどうぞ。後者はぼくと同じ名字の方ですね、偶然です。


Avatar

再生という言葉に感興をそそられます。
男性の3人に一人は脱毛に悩まされているといわれ、 私もかなしいかなその一人ですが、毛髪をつかさどる細胞の再生技術の確立は皆が待望にしていることと思います。 しかし、再生医療やクローン技術が目覚ましく進歩する中、未だ毛髪一本を復活させる事ままならないというのは、やはりそれが人間の生命に直接関連せず、優先事項としては後回しにされているからなのでしょうか。 市場価値としては魅力のある分野であると私は感じるのですが。 それとも、人間の価値が見栄えによってでしか左右されなってしまうのにはまだ時期尚早で、人に気概のある人間を見分ける力がまだ備わっている事を啓示しているのでしょうか。 しかし幹細胞には期待させられるところですね。


Avatar
小橋昭彦

愁さん、ありがとうございます。毛髪の再生も研究が進められているようですよ。あの有名なかつらメーカーも、もちろん取り組まれているようです。培養毛髪とでもいうのかな。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 ねむり衣(ぎ)とはうまく名づけたものだ。睡眠文化研究所による命名。パジャマというと特定の服装を指すし、ねまきは和風。最近ではTシャツなどを着る人も増え、さて、そうしたものを総称する適切な呼称がない。それで付けられた造語である。 ふだんあたりまえのように寝る前にねむり衣をまとい、朝には昼間の服に着替えて朝食を食べる、あらためて人はいつからそんなことをするようになったかと問われると、そういえばいつからだと不思議に思う。 睡眠文化研究所によれば、ねむり衣にはいくつかの類型があるという。多いのは昼衣型。昼間と同じ服装で寝るものだ。日本でも着所寝という言葉があるように、昼間と同じ服で寝ていた時代があった。ついで、昼間着ている服から上着だけ脱いで寝る下着型がある。これは上着と下着が区別されていないといけないから、少し発展形。裸型というのもある。エロティックな意図ではない。フランスでは今も多いというが、中世ヨーロッパでは裸型が主流だった。下水施設が無いなど街は不潔だったとされるから、昼間の服のままでは臭かったということかもしれない。身体は裸でも、かつらを脱いだ頭には布を巻いているのが興味深い。いわゆるナイトキャップ。 日本はねむり衣型。江戸時代に浴衣が主流になり、戦後はパジャマが多くなる。発祥はインド。ウルドゥー語でパは足、ジャマは衣服。足の裾を絞ったゆったりした服だ。これがヨーロッパにもたらされてねむり衣となり、日本に伝わる。阪神淡路大震災以降、日本ではスポーティウェアで眠る人が増えている。そのままコンビニにも出かけてしまう、こうなると果たしてそれはねむり衣か。 このところ、寝ないことを誇るような風潮があるのはちょっと寂しい。ふっくらした布団に入り、眠りを迎える前の豪華な時間。昼間の活動を延長するあまり、眠りまでコンビニエントになってはもったいない。

前の記事

 その名も、奇想天外。アフリカ西南部の砂漠に、たった2枚の葉だけで1000年以上も生き続ける植物がある。葉の基部に分裂組織があって、生涯伸び続け、帯のようになる。さすがに葉だけというのは珍しいが、樹木を含めると、植物には長寿が多い。細胞壁のある植物ではガンが転移しにくい、動物は生きた細胞のみで構成されるのに対し、植物は死んだ細胞も利用しているなどがその理由。 もっとも寿命という場合、個体とは何かを明確にしなくてはならない。たとえばヒガンバナは、親球根のまわりに子球根ができて増殖する。親子といっても遺伝子はまったく同じ。縄文時代に食用として持ち込まれたという説が正しいとするなら、ヒガンバナは縄文時代からずっと生き続けていたと表現できないこともない。 生命はざっと40億年前に誕生したとされる。なんども繰り返し現れてもよさそうなものだけれど、どうやらそうではなく、たった一度、生命は誕生し、それがすべての源となったらしい。たった一度の誕生から、ぼくたち動物と植物のようにずいぶん違ったものに枝分かれし、いまがあるということ。それはなんだかとても不思議なこと。 身長も、植物は動物よりずいぶん高い。心臓によって送り出す動物の血液と違い、水分子のくっつきあう力で根から葉に水を運ぶ植物の方法だと、理論的には400メートル以上も吸い上げることができる。もっとも、高すぎると横風などで折れてしまうから、実際には理論値の半分も伸びない。 森林インストラクターの井上俊氏によると、万葉集には73種の樹木が出てくるという。マツやカシ、クリにウメ、サカキ、ウルシ、ヤマザクラ。古代より日本人は樹木に親しみ、歌に詠んできた。たった一度の奇跡から生まれ、その後大きく違う道を歩んだ同胞。その仲間のことを、あらためて思う。淡い色合いだった若葉が徐々に色づいてきた、初夏の一日。

次の記事