ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

偽りの自分

2003年4月03日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 その昔、お箸を持ち歩いていた。持ち箸そのものの環境保全効果というより、宴席などで箸を取り出したときの会話が地球環境の話につながることを期待していた。箸を持ち歩くことで、みずからの日々の生活も少し、環境に気遣うスタイルになったように思う。
 箸を持ち歩くように、自己像を操作する。それがフリであると承知していても、呈示した自己像に自分自身を合わせていく、ひとにはそんな側面がある。専門用語で言えば、これをキャリーオーバー効果という。偽りの自己だったものが、ほんとうの自己に影響を及ぼす。美化推進運動への署名に協力したあとでは、自分の庭に交通標識を立てる依頼に応える人が増えたという研究もある。署名することが公共活動に積極的という自己への思いを生み、庭に標識を立てることでも許諾してしまうのだ。
 あるいは馬券。馬券を買った人は、買う前より自分の買った馬が勝つ可能性を高く評価する。勝つ可能性を高く評価するから馬券を買うのではなく、馬券を買ったから高く評価するわけ。あるいは、仕事への満足度は、報酬の高い人より低い人の方が高い、という結果もある。これはつまり、仕事を続けていることと報酬が低いことの間にズレがあるのだけれど、このズレを仕事に満足しているからだと思うことで埋めているわけだ。
 こうして人は、自らの思う自分と、現実の自分との差を埋めようとする。意識的にするのではなく、無意識に。キャリーオーバー効果を生む背景としては、このほかにも、コミットメント説といって、他者に示した自己像を変更することで社会的評価を下げるのを避けようとするために自分を変化させるという説もある。
 ぼくたちは、自分で思っているほど自分のことを知らない。何気なく口にしたことに引っぱられて、自分は変わっていく。だから。同じ口にするなら力強いひと言を、同じ描くなら明るい明日を、描こうと思うのだ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“偽りの自分”
Avatar
小橋昭彦

キャリーオーバーについては、藤島喜嗣さんの「秘密のデスクトップ」に関連実験一覧があります。また、下條信輔氏の『サブリミナル・マインド』は、自分の知らない自分のはたらきを豊富な事例を交えながら紹介するとてもおもしろい書籍です。この他、社会心理学系の本でおもしろいものは多いのですが、またあらためて取り上げます。


Avatar
小橋昭彦

美化推進運動と交通標識についての実験は、FreedmanとFraserによるもので、foot-in-the-door techniqueとして知られています。Journal of Personality and Social Psyshology 1966 4 195-202掲載。

馬券については、KnoxとInksterでJournal of Personality and Social Psyshology 1968 8 319-323掲載。

また報酬と仕事の関係を調べたのは、FestingerとCarlsmithで、Journal of Abnormal and Social Psychology 1959 58 203-210掲載。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 科学もけっこうお茶目だ。今年のバレンタインにはNASAからハート型の天体画像が公表されたし、ネイチャー誌には人はキスをするとき右に頭を傾けることが多いという論文が掲載された。後者の論文は、1歳の次男を抱くとき彼が右ばかり向くのでなぜだろうと話していたときでもあり、わが家にとってもタイムリーだった。 この論文を発表したのは、ドイツ・ルール大学のギュンタークーン博士。米国、ドイツ、トルコ各国の空港などで観察、124組のうち、80組が右に顔を傾けてキスをし、44組が左に傾けてキスをしたと報告した。2対1の割合だ。博士は、この傾向は子宮の中にいるときに顔を右に傾けていることの名残と推測している。足や目、耳などもほぼ同じ比率で傾向があるそうで、頭を傾ける癖が反映しているのではないかと指摘している。ただ、右利きの人は8対1の割合で左利きより多く、これは別の理由を考えなくてはいけない。 それにしても、相手と傾向が違ったらどうなるのだろう。論文はこれにも答えている。2対1で右傾向の人がいるとする。ランダムに9カップルつくれば、うち4組はめでたく右キス同士、1カップルは左キス。残り4カップルがかち合う。この4カップルが、譲り合って半々の割合でいくとすれば、合計6カップルが右キスとなり、2対1の割合で右キスという観察結果と合致する。鼻の頭がぶつからないかと気になるなら、とりあえず右に顔を傾けてみておけば無難かもしれない。 博士は、空港での観察は人種や世代のバリエーションが多くいいアイデアだったが、キスはあんがい難しいと語っている。肩掛けカバンが邪魔したりして、科学的に評価できるストレートなキスは少ないのだ。最初のシカゴ空港では5時間粘ってほんの数例。結局124例集めるのに2年半かかっている。なるほどキスは奥深い。納得しつつ子どもに口付ける。あ、やっぱり左ほほにした。

前の記事

 モーニング娘。の「恋のダンスサイト」がアラビア音階だと話題になったのは何年か前だったか。アラビア音階といっても100以上あるというから、ここではアラビア音階風というくらいの表現にしておこうか。 家にオルガンが置いてあって、もうすぐ5歳になる長男もよくそれを弾いている。「ウルトラセブンの終わりの歌」とか言って適当に弾いているのだけれど、考えてみれば彼の創造性も、しぜん鍵盤の世界に添ったものになる。世界には西洋音階と違った音階もあるわけで、たとえば琉球音階をピアノで弾くならドミファソシド、都節音階は左から弾くときはミファラシレミ、右からならミドシラファミになるとか。そんな鍵盤なら、彼はどんな音楽を奏でるのだろう。 そういえばオルガンを使っている以上、どうしたって弾けない音もある。アラビア音階がそうだし、琴で出る音だってそうだ。そういう意味では、なにかひとつの楽器を選びとったとき、ぼくたちは濃密な音世界を、ある基準で切って選びとっていることになる。もちろん、だから何かを捨てているという意味ではなく、音楽が単音ではなくつながりでできている以上、わが子に琴を持たせれば、それはそれなりの「ウルトラセブンの終わりの歌」が生まれるのではあろう。 ちなみに、それは言葉にも言えることで、同じ透明な液体を「water」と一表現でまかなう言語もあれば、「水」と「湯」に分ける言語もある。いや、同じ日本語でも、ぼくにとって「コラム」という単語は自らも書く意味を含んだ単語だけれど、あなたにとっては主に読むものという単語かもしれず、受け取るイメージはやはりずれている。 そのずれは結局その人が生きてきた積み重ねそのものだ。そういう、少しずつずれた言葉を用いながら、ぼくたちは自分の生きてきた積み重ねと相手が生きてきた積み重ねを交換している。人と会話をしていて、ぼくはときどきそんな思いに、心を震わせていることがある。

次の記事