ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

あんぱん

2001年1月23日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 おそらく多くのパン屋にあるのではないか。アンパンマンあんパン。3歳を前にした息子はトングを片手に「いたくないかなあ」とつかむのをためらっている。
 あんパンは明治7(1874)年に生まれている(日経12月16日)。和洋折衷の例としてよくあげられるけれど、まさにその代表例。パンそのものは16世紀にはポルトガルから伝来していたものの、ご飯と違う食べ方をするし、イーストとバターの匂いが気になり庶民には広がらなかった。ここに和の甘味・あんを取り入れて日本人好みに作り変えたのが木村安兵衛。酒まんじゅうの香味を持たせようと工夫を重ねたという。米とこうじで生地を発酵させる、酒種あんぱんだ。
 あんパンの発売から2年後、天皇への献上用に桜の花の塩漬けを載せた桜あんぱん、俗にいう「へそパン」が生まれ、代表的な商品となる。
 パンはその後、ジャムパンやクリームパンなどさまざまなバリエーションが登場した。一世帯あたりパンへの年間支出額はおよそ3万円。全国のパン屋さんは約5000社という。ちなみにパン消費は西高東低で、もっとも消費量が多い町は兵庫県神戸市だとか。
 アンパンマンあんパン、つかむのはためらっていた息子も、いったん買って持ち帰ると、鼻からがぶりとやって、おいしいねとにこにこ。それでいいのだ、アンパンマンも自分を他人に食べさせるが、パンは味わってこそ楽しい。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

7 comments to...
“あんぱん”
Avatar
小橋

あんぱんのルーツ「木村安兵衛」をまずどうぞ。「アンパンマンミュージアム」へもいってみたいですね。その他パン関連では、各メーカーのページに情報がありますが、とりあえず消費量の多いのが神戸市ってことで、「神戸屋」を。「パンのはなし」も有益。あと、発酵関連企業といっていいのかな、「パンの豆知識」もよいです。


Avatar
はまもと

いつもいつも、質の高い情報をありがとうございます。
コラムとは関係ないのですが、類焼、大丈夫でしたで
しょうか?
そういう大変な状態でも、質を落とさない「雑学+」には
脱帽です。すぐねを上げてしまう自分としては見習いたいものです。
いろいろと事後処理で大変でしょうが、がんばってくださいね。

以上、一ファンからのエールでした。


Avatar
あきこ

この冬、ロスから関空へのJALの機内で、アンパンが軽食として出てました。美味しかった!日本にいたときはそんな風に思わなかったのに。JALのアンパン洗濯がにくいなと思いました。


Avatar
多摩イタチ

投票結果を覗いて見たら!。
ペットを飼っていますか:犬、ネコは当然の結果だが、意外だったのは鳥より魚が多かった事。でも、まさかアジアアロワナやガーパイクは少ないだろうな。私は5匹のフェレットと同居中。
タイタニック:皆さん意外に、お出かけしているのだナ。
下着:これも意外に、お洒落さんが多いのかナ。
菓子パン:あんパンよりメロンパンが若干多い。ジャムパンてそんなに人気がないんですか?。
 私は、大分現世からズッコケはじめているらしい。


Avatar
濱田逸郎

醗酵をうながす酵母菌というのも結構大切でして。
造り酒屋はいずれも蔵に棲みついた酵母菌をそれはそれは大事にします。
で、アンパンの中村屋。
木村親子が筑波山でキャッチした酵母菌の子孫をいまでも絶やさず使っているとか・・・・。


Avatar
濱田逸郎

木村屋のアンパンと明治天皇をつないだのが山岡鉄太郎。
維新の三舟のひとり「鉄舟」です(他は勝海舟と高橋泥舟)。
鉄舟は、埼玉県小川町の「忠七めし」の考案、指導、推奨者としても有名。
剣や禅の達人として有名ですが、同時にグルメでもあったのですね。


Avatar
えっと

誰かパンの耳がなぜ耳というのか教えてください。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 人がいつから下着をするようになったのか、定かではない。衣服のルーツはただの長方形の布。そこには上着も下着も無く、腰に巻いた一枚の布を下着とみるか否かでも変わってくる。たとえばアダムとイブはいちじくの葉から服を作ったというけれど、それを下着だという見方もないではあるまい。 いずれにせよ、下着は体型を補正するというファッション上の役割と、身体の保温や洋服に汚れをつけないためという機能的な役割と、二面性を持ちながら発展してきている。 補正下着ではコルセットが有名だが、18世紀のヨーロッパでは、男性もコルセットで身体を締め付け、半ズボンから出た脚をかっこよく見せるためふくらはぎに詰め物をしたという(朝日12月10日)。 いま、下着は機能面でもデザイン面でもバリエーションが広がった。表立って論じられることは少なく、ひっそりとしていながら、着実に進化してきている。見あげたものだ。

前の記事

『晩鐘』と並ぶミレーの代表作といっていいだろうか。刈り入れのあと、畑に落ちた麦の穂を拾う3人の農婦を描いた、1857年の作品。サロンに出品したこの作品に先立つ1857年、ミレーは同じモチーフを扱った『落ち穂拾い、夏』を描いている。 山梨県立美術館にあるこの作品は、画面が縦長で、麦の積み藁(わら)が農婦たちのすぐ後ろにある。完成版では積み藁を遠ざけ、画面を横に使い大地の広さを強調することで農婦たちの孤独を際立たせている。画家の試行錯誤を見るようだ。 当時、農業といえばフランス人の6割が従事する最大の産業(朝日12月17日)。落ち穂拾いは、農村共同体が弱者の保護と扶養のために許していた慣行で、数日間、通常の労働では生計を支えられない者に耕地を開放し、老人や寡婦などに落ち穂を拾うことを許していたもの。ミレーの描いた3人の農婦も、生計の助けにと許可を得て落ち穂を拾っているわけだ。 実家の主な職業は米作り。おいしいと評判で注文も多いのだけれど、減反政策のため多く作ることはできず、すべての注文に応えられない。稲刈りをしつつ、もったいないと落ち穂を拾う。そんなとき、ふとこの絵を思い出し、豊かな時代になったな、と感じつつも、ふと複雑な思いが心をよぎるのでした。

次の記事