ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

修復する

2002年5月23日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 今でこそふくよかで丸い顔をした東大寺の大仏だが、作られた当時は細おもてだったらしい。東大生産技術研究所の池内克史教授らのグループによる研究結果だ。東大寺の大仏をコンピュータ・グラフィックスで再現、それに東大寺に伝わる文献から拾った顔や目、鼻、口などの大きさをあてはめたもの。
 天平時代から座ったままで運動しなかったから太ったというわけでは、むろんない。大仏は、開眼の約100年後に地震で頭が落ちたり、源氏と平氏の戦いで大仏殿が炎上したり、戦国時代に焼き討ちにあったりしている。そのたびに修復されてきたわけだが、そのどこかで変わってきたらしい。
 それで、修繕ということが気になって調べてみる。最初に思い出したのが、中国映画『初恋のきた道』に出てくる、陶磁器の修理屋だった。映画のように売り歩く風景こそ日本では見かけなくなったけれど、金継ぎとして成り立っている。映画では金属で縫うように直していたが、日本の金継ぎはご飯粒や漆を使う。継いだところに金粉を塗って、修理箇所が生み出す偶然の妙を楽しむ。西洋ではこうした考え方が通用せず、外観を元通りにすることが求められるのだとか。
 油絵の修復はどうだろうと、東京芸術大学の歌田真介教授による『油絵を解剖する』を読んだ。そして、油絵が単に絵としての芸術性だけでなく、技法や材料も画家の能力ととらえられると知って目を開かれた。どんな画布に描くか、どんな油を利用するかで、保存性がまったく違ってきて、つまりは修繕のしやすさにつながるのだ。
 著者は、黒田清輝以降の日本の洋画は、技法や材料がしっかりしておらず、信じられないようないたみ方をするものが多いという。それに先立つ高橋由一らが技法も正しく日本に広めようとしていたのに対して、黒田以降は表現ばかり輸入して技術を学ばなかったのではと指摘している。
 金継ぎをして瀬戸物を使い続けたり、あて布をして衣服を着続けたり。貧乏なように見えて、その実、使い続けられるだけの素地を持っているということであり、今を未来へつなげる行為として、豊かで、深い。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

9 comments to...
“修復する”
Avatar
小橋昭彦

大仏さんのCGを作成したのは「東京大学生産技術研究所 第3部 池内研究室」です。コラムで触れた映画はDVD『初恋のきた道』でどうぞ。泣けます。で、油絵の修復は『油絵を解剖する』でどうぞ。関連してインタビュー「黒田清輝、技術に『不手際』」も。


Avatar
hanachan

かつての日本人の長所は一体どこに行ってしまったのかと嘆く昨今です。敗戦とともに全ての過去を否定しすぎた結果か。反動でアメリカナイズされ過ぎて、気が付いてみたら、安っぽいプラスチックのあふれる中でおぼれそうになっている私たち。この国の行き着く先は・・・?
少し、今日は悲観的気分なのです。


Avatar
やきものや ふじゆり

日本の修理、西洋の修復。日本で数少ない陶磁器修理のプロ、甲斐美都里さんの著書「古今東西陶磁器の修理うけおいます」(中央公論新社)わかりやすいですよ。


Avatar
sagawaisao

息子の研究室の仕事を紹介してもらって有難うございます。ホームページも見てやってください。http://www.cvl.iis.u-tokyo.ac.jp/~sagawa/index-j.htmlです


Avatar
小橋昭彦

ふじゆりさん、ありがとうございます。書評を見かけて気になっていた書籍なので、一度読んでみます。

sagawaさん、池内研究室、息子さんの研究室でしたか。こういう偶然、楽しいです。コラムのきっかけを作っていただき、ありがとうございました。


Avatar
spherechan

大仏の修復で顔が変わる話を読んでですが、先日、お客さまを訪問したら、応接室に「二宮金次郎翁像」がおいてありました。今時珍しいので話題になったのですが、随分と温和な顔つきをしていました。小さい頃見たときはいかにも苦学の人という感じで厳しい顔だったのですが、時代ともに変わるものだと感じていました。
因みに何故応接室に「金次郎像」があったかというと、さる会社の創立記念の記念品で頂戴したので、その会社の方が飾ってあるのをご覧になるまではおいておくとのことでした。


Avatar
まさえもん

修復で思い出したのは、藤田 宣永著(新潮社刊)の「壁画修復師」です。 フランスの田舎に長期滞在しつつフレスコ画の修復に打ち込む男の話です。


Avatar
小橋昭彦

読者の方から、紙資料の修復に関して、次のようなサイトをご紹介いただきました。ありがとうございました。「資料保存協議会」「紙資料修復工房」「資料保存器材」「コスモスインターナショナル」。


Avatar
甲斐 美都里

小橋様:

「古今東西・陶磁器の修理うけおいます」の著者の甲斐でございます。お取り上げいただき有難うございます。私、50代のおばはんの癖に一昨年、東京芸大大学院美術研究科・文化財保存学・保存修復・工芸専攻の修士課程に堂々の「現役入学」を果たし、つい先月優秀な成績で修了致しました。文化財に限らず愛着品の保存・修復について、今後もよろしくお取り上げくださいますようお願い申し上げます。若い同級生達(日本画・油画・彫刻・工芸など七つの専攻)の励みになります。よろしくお願い致します




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 人間は口から排泄口まで続く穴、という考え方についてコラムで触れたところ、実際のところ消化管は穴であり、外部が入り込んだものといえるとコメントをもらった。自分の中を、まるでトンネルが貫くように、外部が貫通しているという見方は新鮮だ。 調べてみると、なるほど、発生の初期段階で細胞分裂を繰り返すうちにくぼみができ、それが消化管になっていく。テニスボールを指でおして穴を開けていくイメージだ。最初のくぼみを原口というが、人間ではこちら側が肛門になる。もう一方の口の側は後にできる。だから、人間は後口動物。 後口があれば先口動物というのもいる。原口がそのまま口になる。たとえば昆虫。昆虫の発生過程を追っていくと、おもしろいことに、人間とは裏返し。口と肛門、つまりは頭と尻が反対になるだけじゃなく、背と腹も逆だ。神経は人間のように背の側じゃなく、腹の側。背に腹は変えられないとことわざに言うが、もし背と腹を変えてしまったら人じゃなく昆虫になるってわけか。 発生の初期段階で、頭と尻、あるいは背と腹の側がなぜ決まるか、というのは、いまも研究が続けられている重要なテーマ。躁鬱(そううつ)病の治療薬、リチウムを初期発生時に作用させると背側活性を持つことが知られている。 背と腹、どちらが大切かといえば一般には内臓が多くある腹側で、身を守ろうとするとき、人は背中を丸めて身を縮める。子どもを守るときも抱きかかえる。ところが欧米人の多くは子どもを背後にして危険に立ち向かうと指摘して、精神構造の違いを指摘する学者もある。 日本でも親の背を見て子は育つと言うではないかと思うが、岩波ことわざ辞典によれば、これは第二次大戦後、それもずいぶん経ってから生まれた表現だとか。日本ではやはり腹が優勢だったか。立ったり座ったり抱えたり割ったり探ったりくくったり、人とのつきあいに腹は欠かせない。

前の記事

 しばらく前から、カンブリア紀の大爆発のことが気にかかっており、コラムにまとめようとしてはとまっていた。そんな矢先、スティーブン・ジェイ・グールドが死去したとの報が入る。バージェス頁岩に光をあて、カンブリア大爆発に注目を集めた立役者だ。 話が前後した。カンブリア大爆発とは、それまで単純な形態しかなかった生命が、5億年あまり遡るカンブリア紀になって、よく利用されるたとえだけれど、神様が粘土遊びでもしたようにさまざまな形態となって一気に現れたことを指していう。カナダのバージェス頁岩には、この時期の化石が、硬い骨格だけじゃなく、軟体性のものも含め奇跡のように数多く残っている。 グールドは、こうした大爆発の事例を紹介しつつ、進化というのは、これまで考えられているように自然淘汰によって漸進的に行われるのではなく、偶発性も盛り込みつつ、断続的に進化するのでは、と説く。仮に生命の歴史をリプレイしたら、同じ偶然が起こる保証がない以上、人類にたどり着くことができるかどうかと。 これに対して、漸進的進化論の主たる論客は利己的な遺伝子説を唱えるリチャード・ドーキンス。近作『虹の解体』でもグールドの説に手厳しい批判を加えている。グールドに対する反論は、バージェス頁岩研究の中心となっていたサイモン・コンウェイ・モリスも述べている。同じ環境化にある動物と植物が似た形態になる収斂(しゅうれん)と呼ばれる事例があるように、生命のテープをリプレイしたとしても、環境に応じて生命は進化し、人類のようなものが生まれるには違いない、と。 かようにさまざまな意見があり、ひとつの視点に定まらない。それがコラムとして触れることの難しさにつながっていた。だけど、こうしてさまざまな見解がやりとりされる、その多様性こそ人間の豊かさなのだ。グールドの書名にいわく、まさにワンダフル・ライフ、素晴らしき哉(かな)、人生! である。 さようなら、グールド教授。

次の記事