ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

18カ条

2001年1月18日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 徳川家譜代大名の重鎮、彦根藩主井伊家。その若殿の側役(そばやく)の子孫の家から、一通の注意書きが見つかった(朝日12月10日)。若殿に対して書かれたそれは、18項目からなっている。いわば理想の殿様となるための苦言。
 思いやりがない、諸事に決断力がない、など資質の問題から、人に任せたことを懸念しては大業は成就しない、みだりに家来の評判を口にしない、など上にたつものとしての心がけ、あるいは、槍のけいこをする、乗馬の時間を守る、など行動面での注意事項。お灸治療を怠るな、といった健康管理、武芸のけいこで弱いものをひどく打つな、たばこくらいは自分の手で、といったこまかなものまで。
 井伊家といえば、直政が家康について関東に入部するときには家臣中最高の12万石を与えられ、彦根藩も35万石と譜代大名中、別格。そんな名門にあって、この注意書き。いや、だからこその注意書きか。
 部下にお茶を入れてもらい、その失敗を厳しく指摘しては上司の仕事をしたと考えている管理職方々にとっては、少々身につまされる18カ条かもしれない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“18カ条”
Avatar
まるみ

大企業のトップであっても出来たお方とはかぎりませんしね。せめて殿も殿なら、家臣も家臣・・・にならぬよう気をつけます。
そういえばMyYahoo!の今日のオススメにこのサイトが紹介されてました。よく見るサイトが紹介されてるのは嬉しいです。(火事の件は今日知りました。皆様ご無事でなによりです。)


Avatar
はな

火事の件、本当にご無事でなによりです。
メルマガをいただいておりますが、マガジンが無事の証拠とおっしゃって下さって、読者としては嬉しい限りです。
全てが落ち着いてからでいいので、この18ヶ条の全てを見てみたいと思いました。


Avatar
濱田逸郎

井伊家は戦前まで彦根城を所有していました。
家訓を守り、堅実に家を守り続けたのでしょうな。
ちなみに、現在お城を個人で所有しているのは、犬山城主の末裔、成瀬正俊さんだけ。
歌人として高名な方であり、終戦時城主の地位を守りきった亡父は国文学者の成瀬正勝東大教授。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 住んでいる団地の真下の家から火が出た。全焼、わが家にも火が入り、昨夜は親戚宅で避難生活。いま、かろうじて火も水も入らなかった書斎でこのコラムを書いている。家族は元気。ネット接続も回復した。まあしかしこの家はいったん退去せねばなるまいなあ。 焼けてしまった、後ろのほうの部屋では消防の人や警察の人が入れ替わり立ち代り、現場検証をしている。こんなときにメールマガジンを作っているなんてわれながらばかだと思うが、こんなときに作られたメールマガジンはそうないだろうと、そんな気持ちもあって作成している。火事場から、いや焼け跡からの配信である。 昨年、1月から9月にかけての出火件数は全国で4万8676件。建物火災がその半数。建物火災の出火原因は、こんろ、たばこ、放火と続く。こんろなんてのが今もこれほど使われているのかと、妙なところに感嘆する。 さて、今日は申し訳ない。できれば明日、また。

前の記事

 スタートとなる事象を左端におく。そこから考えられる選択肢を順に描き、どんな結果が導かれるかを枝分かれさせていく、こんな分析手法をイベントツリーという。経営分析でも、ロジックツリーといって同様の手法を用いることもある。 1912年4月10日に出航し14日に事故にあって沈没した豪華客船タイタニック号。そのイベントツリーを運輸省船舶技術研究所が描いた(朝日1月6日)。タイタニック号の出航から沈没・救助まで、事故にかかわる分岐点は14。まずは完成までの工期。予定通りの3月ではなく、氷山の南下しやすい4月に遅れた。この確率、80%。同様に氷山が事故現場まで南下するかしないか、月明かりのあるなし、双眼鏡のあるなしなどの分岐を重ねていく。直前の対応は4つの選択肢があり、減速せず舵を切るのが通常だが、減速して舵を切ってしまった。遭難後も、すぐそばにいたカリフォルニア号の通信機スイッチのオン・オフなどの分岐がある。 こうして推測したところ、タイタニック号では902通りの航海パターンがあり、おなじような大事故が発生する確率はおよそ49航海に1回だったとか。1978年から1995年の統計では、400人以上が遭難する海難事故は1000万航海に1回というから、かくだんに高い。 火事の類焼で焼け跡から配信している。鉄筋コンクリートのこの種の建物で上階まで火が入るのは珍しいらしいが、なぜそうなったか、ベランダの状況など順にイベントツリーを脳裏に描いたりしている。家族全員が助かる確率はどうだったか。さすがにそのイベントツリーを描く気にはならないけれど。

次の記事