ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

適応拡散

2002年1月13日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 少年時代に読んだ学習雑誌の「きみたちの同級生は170万人以上いる」という見出しがいまだに忘れられない。人数そのものはうろ覚えだが、1965年生まれだからほぼそんなものだ。子ども心には「とにかくいっぱい」くらいの意味しかなさない数字だった。
 マダガスカルにオオハシモズという鳥がいる。くちばしの形などでハシナガオオハシモズ、カギハシオオハシモズ、ヘルメットオオハシモズなど14種に分類されている。見た目だけでは同じオオハシモズ科とは信じられないほどに違っている。
 それでも、これらは300万年ほど前、共通の祖先から分かれたことがわかっている。鳥の種類が多くなかったので、環境に応じてからだのつくりを変えてすみ分ける適応拡散をとげてきたのだ。DNA解析も利用しつつ、京都大学の山岸哲教授らがその過程を明らかにしてきた。
 たとえば日本でいえばシジュウカラのように樹冠部でえさをつまみ捕りしていた種はニッパー型のくちばしに。日本のキツツキのように樹幹や枝でつつき捕りしていたハシナガオオハシモズはピンセットのような形のくちばしに。葉や小枝などでつまんだりつついたりしていたものはペンチ型のくちばしに。
 適応拡散をしてきた種には、ほかにガラパゴス諸島のダーウィンフィンチ類やハワイ諸島のハワイミツスイ類が知られている。場所やスタイルをすみわけ、みずからの形を変化させていく。オオハシモズ科の多彩なくちばしを見て、進化の柔軟さに驚いている。
 今年の新成人は152万人。ぼくたちは環境を自分たちに適応させようとしがちで、うまくいかなければ腹立たしく思ったりいらいらしたり。あるいは逆に自分たちで作った規範に自分をはめようとしたり。まあ、あせらない。152万通りのくちばしがあっていいはずだから。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“適応拡散”
Avatar
小橋昭彦

マダガスカルについては、「マダガスカル研究懇談会」「進化生物学研究所」などをご参考に。山岸教授が生命誌に寄せられた「形態学者の眼とDNA分析」にオオハシモズ各種のイラストが含まれています。なお、今年の新成人は「2002年の新成人は152万人」で。


Avatar
小橋昭彦

サケ、南半球では回帰しない(朝日12月13日)。1749年、忠臣蔵最古の浮世絵発見(朝日12月14日)。


Avatar
松本秀人

「人間は、言葉と道具を使うことによって、身体的生理的に進化する必要のない(つまり道具や思考のほうを進化させることで自分自身は変わる必要のない)、唯一の生命体である」という文章を読んだことがあり、そういう見方もあるのかなあと思いました。


Avatar
ky

152万、そうです、個性が生命の源です。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 届いた賀状の図案の数々を見ていて、なるほど今年はうま年だったかとあらためて気づく。昨年12月には奈良県桜井市の箸墓(はしはか)古墳を調査していた桜井市教委から、周濠(しゅうごう)で見つかった遺物が木製のあぶみだったと発表された。うま年へ向けてのはなむけだったか。はなむけがもとは「馬の鼻向」と言われていたとは、あらためて説明するまでもないだろう。 箸墓古墳のあぶみだけれど、年代としては4世紀初めのものとみられるといい、事実とすると、日本での乗馬はこれまでの説から半世紀から1世紀近くさかのぼる時期に始まっていたことになる。なにせ魏志倭人伝には3世紀末の日本について「牛馬なし」と記されているのだ。箸墓古墳には邪馬台国の女王卑弥呼の墓ではないかという説もあり、弥生時代の終わりとともに強力なくにが出現し、乗馬がはじまった、あるいは乗馬とともに強国が出現したといった想像もふくらむ。 いや、想像にはしってはいけない。大陸の騎馬民族が日本を征服したという説は現代では否定されているわけだし、出土品をたどれば長崎の五島列島で1世紀のものと考えられる馬の歯が出土している。ごく珍しいものだったと考えられるにしても、弥生時代から馬が日本に入ってきていたのはたしからしい。 もうすこし歴史をさかのぼると、岐阜県可児(かに)市では、1700万年前の「うま」の化石が見つかっている。アンキテリウムという名の、これが日本最古のうま。もっとも指は3本で、現在では絶滅した種だ。じつは馬の指は進化するごとに4本から3本、そして1本へと減ってきた。角もない、牙もないから、せめて逃げ足を鍛えようとした結果とされる。 なにかと不安な今年。逃げ足を鍛えるうま年なんてわけにもいくまいし、5本指があるぼくたちとしては、ぜひどっしりかまえて、せまるもろもろに対処したいと思うのだが、さて、そんな呼びかけも馬耳東風か。

前の記事

 近所の家電販売店の1階にペットロボットが置かれていて、子どもを連れて行くたび、ひとしきり眺めている。眠っているときもあればじゃれているときもある。メーカーの説明によれば、そのロボットは、喜び、悲しみ、怒り、驚き、恐怖、嫌悪という6つの感情を持つという。好ましい感情は喜びだけかと思わないではないが、この分類は人間の心理学の分類に添っているのだとか。東洋で六情といえば喜・怒・哀・楽・愛・悪などと言ったりしたものだが。 感情を表現したり測ったりするといえば、少々分野が違うけれど、うそ発見器を連想する。最近米国の研究グループが、うそをつくと目のまわりが熱くなるという実験結果を発表した。高解像度・高感度の熱画像カメラで撮影したもので、仮にこのシステムを空港やビルの入口におけば、荷物チェックなどのとき、対象者に装置をつけてもらわなくても、うそが発見できるという。 知らない間に観察されているというのは気持ちのいいものじゃないけれど、銀行やコンビニにつけられている監視カメラとどう違うかと尋ねられると微妙ではある。米フロリダ州タンパでは街角を撮影して道行く人の顔をスキャン、犯罪者リストと照合なんて実験も行われた。結果は大成功とはいえないようだけれども。 ペットロボット遊びに疲れた子どもが、「抱っこぉ」とせがむ。しかたないなあ。言いながら抱き上げると、ちょっとほほが赤くなって、口もとがゆるみ、目がきらきら。それを見て、こちらの気持ちまでほかほかする。街にセンサーがあふれる時代になっても、このあたたかいセンサーは、ぼく自身のものだ。

次の記事