ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

うま

2002年1月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 届いた賀状の図案の数々を見ていて、なるほど今年はうま年だったかとあらためて気づく。昨年12月には奈良県桜井市の箸墓(はしはか)古墳を調査していた桜井市教委から、周濠(しゅうごう)で見つかった遺物が木製のあぶみだったと発表された。うま年へ向けてのはなむけだったか。はなむけがもとは「馬の鼻向」と言われていたとは、あらためて説明するまでもないだろう。
 箸墓古墳のあぶみだけれど、年代としては4世紀初めのものとみられるといい、事実とすると、日本での乗馬はこれまでの説から半世紀から1世紀近くさかのぼる時期に始まっていたことになる。なにせ魏志倭人伝には3世紀末の日本について「牛馬なし」と記されているのだ。箸墓古墳には邪馬台国の女王卑弥呼の墓ではないかという説もあり、弥生時代の終わりとともに強力なくにが出現し、乗馬がはじまった、あるいは乗馬とともに強国が出現したといった想像もふくらむ。
 いや、想像にはしってはいけない。大陸の騎馬民族が日本を征服したという説は現代では否定されているわけだし、出土品をたどれば長崎の五島列島で1世紀のものと考えられる馬の歯が出土している。ごく珍しいものだったと考えられるにしても、弥生時代から馬が日本に入ってきていたのはたしからしい。
 もうすこし歴史をさかのぼると、岐阜県可児(かに)市では、1700万年前の「うま」の化石が見つかっている。アンキテリウムという名の、これが日本最古のうま。もっとも指は3本で、現在では絶滅した種だ。じつは馬の指は進化するごとに4本から3本、そして1本へと減ってきた。角もない、牙もないから、せめて逃げ足を鍛えようとした結果とされる。
 なにかと不安な今年。逃げ足を鍛えるうま年なんてわけにもいくまいし、5本指があるぼくたちとしては、ぜひどっしりかまえて、せまるもろもろに対処したいと思うのだが、さて、そんな呼びかけも馬耳東風か。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“うま”
Avatar
小橋昭彦

今回出土の馬具については「箸墓古墳から国内最古の馬具出土」をご参照ください。アンキテリウムについては「可児の地層と化石」を。なお、馬については、昨年9月にも「新大陸の馬」としてとりあげていますので、そのとき紹介のリンク集もご参照のほど。


Avatar
CtoB

日経ビジネスEXPRESSに行ってきました。
たまたま、日経ビジネスは購読しているのですが、日経らしくなくてたどり着くまで結構時間がかかってしまいました。
またひとつ楽しみが増えました。
交通渋滞の環境面やマイナス経済効果とか、
高速道路が開通したときのプラス効果とかが、掲載されたりすると面白いなとか思ってます。
期待してます。頑張って下さい。


Avatar
k.yanai

うまい話の危ない年明けですね。
まさにどっしりと構えて、人生を考えるときでしょう。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 京都駅そばにオープンした「京の道資料館」に足を伸ばす。100平方メートルあまりと小さな施設で、展示物は多くない。床にある約半世紀前の京都の市街地図がその上に立つものを、タイムマシンで上空から眺めているような、不思議な気持ちにさせてくれる。四つん這いになって路面電車の線路表示を「ととんトトン」とたどっている3歳の息子を眺めつつ、半世紀前、この沿線には今とはまた違った生活があったのだろうと想像する。 奈良県の飛鳥京跡で、7世紀半ばから後半のものとみられる舗装道路が見つかった。整然とすき間なく石を敷き詰めた舗装道路としては国内最古のものという。幅は3.9メートル、雨水を流すための小さな溝が道路の両わきにあり、かなりしっかりした作りだ。 日本ではじめて系統的な道路がつくられたのはちょうどそのころで、中央集権的な支配体制を徹底しようとする意図が背景にある。振り返れば「すべての道はローマに通ず」といわれたローマの道も、帝国の統治に欠かせないもの。最盛期には幹線道路だけで延長9万キロメートル、下級の道路を加えると30万キロメートルにも達したという。現代の米国の州際道路の総延長が7万キロ弱、日本の国道と都道府県道を合わせても約17万キロメートルというから、ローマ帝国の規模がしのばれる。 ちなみに世界史をたどれば、紀元前3000年ごろには、のちに「こはく道路」と呼ばれる交易路が整備されていたという。こはくの産地バルト海沿岸と地中海沿岸を結ぶもの。シルクロードの例を持ち出すまでもなく、道路は商業や文化の交流にも役立ってきた。 チャップリンの『モダンタイムス』の印象的なラストシーン、どこへともなく続く道をゆく二人。フェリーニはずばり『道』と題した映画を撮った。道という言葉の響きが未知と響きあうのは偶然だろうか。人はみちをきたり、みちをめざす。新しい年、ぼくたちはどこへいくのだろう。

前の記事

 少年時代に読んだ学習雑誌の「きみたちの同級生は170万人以上いる」という見出しがいまだに忘れられない。人数そのものはうろ覚えだが、1965年生まれだからほぼそんなものだ。子ども心には「とにかくいっぱい」くらいの意味しかなさない数字だった。 マダガスカルにオオハシモズという鳥がいる。くちばしの形などでハシナガオオハシモズ、カギハシオオハシモズ、ヘルメットオオハシモズなど14種に分類されている。見た目だけでは同じオオハシモズ科とは信じられないほどに違っている。 それでも、これらは300万年ほど前、共通の祖先から分かれたことがわかっている。鳥の種類が多くなかったので、環境に応じてからだのつくりを変えてすみ分ける適応拡散をとげてきたのだ。DNA解析も利用しつつ、京都大学の山岸哲教授らがその過程を明らかにしてきた。 たとえば日本でいえばシジュウカラのように樹冠部でえさをつまみ捕りしていた種はニッパー型のくちばしに。日本のキツツキのように樹幹や枝でつつき捕りしていたハシナガオオハシモズはピンセットのような形のくちばしに。葉や小枝などでつまんだりつついたりしていたものはペンチ型のくちばしに。 適応拡散をしてきた種には、ほかにガラパゴス諸島のダーウィンフィンチ類やハワイ諸島のハワイミツスイ類が知られている。場所やスタイルをすみわけ、みずからの形を変化させていく。オオハシモズ科の多彩なくちばしを見て、進化の柔軟さに驚いている。 今年の新成人は152万人。ぼくたちは環境を自分たちに適応させようとしがちで、うまくいかなければ腹立たしく思ったりいらいらしたり。あるいは逆に自分たちで作った規範に自分をはめようとしたり。まあ、あせらない。152万通りのくちばしがあっていいはずだから。

次の記事