ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

落ちないフォーク

2001年12月10日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 子どもの成長にあわせ、ボール遊びをよくした。最初は無難に風船から。ノモだササキだと親ばかをつぶやきつつ放りあげる。
 ノモ、ササキといえばフォークボール。ご存知の方もあるだろう、フォークボールは地球の重力に引かれて自由落下しているだけで、けっして魔法をかけて「落として」いるわけではない。その意味では、重力に逆らって落ちない直球こそ魔球なのだ。
 これはボールの回転が生む揚力による。投げるとき人差し指と中指にはじかれて逆回転のスピンがかかる直球は、空気をボールの下に巻き込み、揚力を得る。キャッチャーに届くまでにおおむね15回転くらいするという。回転が落ちると揚力が落ちるから、イニングが進んで腕が疲れてくると、スピードガンではかった球速は同じでも、「伸び」がない分、打者はうちやすくなる。
 フォークボールの回転数は204回転。これだとボールが進む後ろ側に圧力の弱い空気の渦ができて、ボールの速度を落とす。すると地球の重力の影響がボールに現れ、落下していく。フォークボールは地球が生み出した魔法だ。
 はじめて地球の魔法を使ったのは、1920年代にアメリカ大リーグで活躍したジョー・ブッシュ投手だといわれている。日本では、杉下茂投手。中腰にキャッチャーを立たせ、みけんを狙って投げるとホームペースの手前でワンバウンドする感覚というから、落差に驚く。
 宇宙飛行士の若田光一さんが、宇宙船内でキャッチボールするとつい高めに投げてしまうとコメントしていた。ぼくたちは、ふだん投げるとき、重力の影響を頭に入れている。しかし、予想以上に重力が影響すると、「落ちる魔球」に思える。地球と頭脳がやりとりする、その、微妙なあわい。
 父の手を離れた風船は、ふわふわ風に揺れながら、子どもの広げた手のほうに落ちていく。そんなとき、父親は地球の重力に感謝する。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“落ちないフォーク”
Avatar
小橋昭彦

フォークボールについては、「フォークボールの不思議?」がそのものをとりあげた論文。「フォークボールの流体力学と、打ちにくい理由」がコンパクトにまとまっています。「変化球の謎をスーパーコンピュータで斬る」も有益。「フォークボールの軌跡と速度変化」といった研究もあります。また「Sport Biomechanics」「スポーツの科学」「野球技術探求」も参考になります。


Avatar
k.yanai

これがファミリーと感じる、暖かい短文ですね。


Avatar
小橋昭彦

ありがとうございます! そっち系の文章を、最近は増やしています。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 諸病封じ、千本釈迦堂の大根焚(た)きに参る。子どもの分の大根をおまけしてくれて、ほくほく、親子でつつく。見上げた本堂は1227年の造営。応仁の乱で焼け残った、京都でも最古の建築物だ。 この本堂建築に参加した大工に、高次という人がいた。大役にはりきっていたことだろう。ところが、誤って柱の一本を短く切り落としてしまう。とりかえしのつかないこと。意気消沈する夫を見て、その妻は仏様に、夫を助けてくれるなら自分の命をさしだすと祈る。そして「斗組(ますぐみ)」という、短い木を組みあわせて作る新しい建築法を得る。おかげで本堂は無事完成、高次は功績をほめたたえられた。しかし妻は、仏様との約束だからと自刃(じじん)する。 妻の名を「おかめ」という。本堂に向かって右手に、大きなおかめ像が建っている。ふっくらした、ふくよかな顔。お多福さんと呼ばれたりもする、よく知られた顔だ。現在「おかめさんみたい」というと、どちらかというとおかしみのある顔をいうけれど、もともとは美人と美徳の象徴だったのだ。 由来を知ると、おかめさんの顔もいっそうふくよかに見える。そういえば子どもにと渡された小さな椀には、親の椀よりひとまわりちいさな大根が入っていて、おおきな焚き鍋から探し出してくれたんだな、と振りかえる。よそってくれた人、どんな顔だったろう。 あたたまった体で、天満宮まで足をのばし、まつぼっくりを拾いながら帰った。あたたかいのは、体だけではなく。

前の記事

 野球のカーブやフォークが意識して曲げたり落としたりされるのに対して、ゴルフの初心者は、打ったボールが勝手に「曲がる」ことにとまどう。たとえば、右に曲がるスライス。クラブを外から内へ振りぬく、あるいはクラブ面が右に傾くのが原因。 ゴルフといえばボール表面の穴も、空気の流れを考えての設計。回転が強い場合は上下の空気の速度差を大きくして揚力を上げ、弱い場合はボールの後ろに回る空気を少なくしてボールを後ろに引っ張る力を落とし抵抗を少なくする。こうして飛距離が伸びる。 最近ではスキースーツやスイミングスーツにもくぼみがつけれられたりしているので、ご存知の方も多いことだろう。ぼくはゴルフもスキーもしないので、その恩恵に預かったことはない。スポーツが嫌いというより、広大な森林を切り開いて造成した土地が好きじゃないのだ。 ゴルフといえば、先日の朝日新聞にクラブを強く振ったために首の動脈がねじれ脳こうそくになる人が増えたと記事があった。タイガー・ウッズのように「飛ばす」ゴルファーが活躍していることから、無理して飛ばそうとしがちならしい。 肩の力を抜き、頭を動かさない。それが脳こうそくを防ぐ基本。せっかくだから、ボールと大気の呼吸や、地球が球をひきつける力についても想像をめぐらし、木々の声を聞いて、そのこずえをわたる風を思う。ゴルフのほんとうの楽しさはそこにあるのかな、と知らないながらかってに想像をめぐらせる。

次の記事