ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

おかめさん

2001年12月09日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 諸病封じ、千本釈迦堂の大根焚(た)きに参る。子どもの分の大根をおまけしてくれて、ほくほく、親子でつつく。見上げた本堂は1227年の造営。応仁の乱で焼け残った、京都でも最古の建築物だ。
 この本堂建築に参加した大工に、高次という人がいた。大役にはりきっていたことだろう。ところが、誤って柱の一本を短く切り落としてしまう。とりかえしのつかないこと。意気消沈する夫を見て、その妻は仏様に、夫を助けてくれるなら自分の命をさしだすと祈る。そして「斗組(ますぐみ)」という、短い木を組みあわせて作る新しい建築法を得る。おかげで本堂は無事完成、高次は功績をほめたたえられた。しかし妻は、仏様との約束だからと自刃(じじん)する。
 妻の名を「おかめ」という。本堂に向かって右手に、大きなおかめ像が建っている。ふっくらした、ふくよかな顔。お多福さんと呼ばれたりもする、よく知られた顔だ。現在「おかめさんみたい」というと、どちらかというとおかしみのある顔をいうけれど、もともとは美人と美徳の象徴だったのだ。
 由来を知ると、おかめさんの顔もいっそうふくよかに見える。そういえば子どもにと渡された小さな椀には、親の椀よりひとまわりちいさな大根が入っていて、おおきな焚き鍋から探し出してくれたんだな、と振りかえる。よそってくれた人、どんな顔だったろう。
 あたたまった体で、天満宮まで足をのばし、まつぼっくりを拾いながら帰った。あたたかいのは、体だけではなく。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“おかめさん”
Avatar
小橋昭彦

おかめさんと千本釈迦堂については「京都商工会議所女性会」の情報がよくまとまっています。


Avatar
いがらし

私は飛騨高山の出身です。高山には飛騨国分寺が建っ
ておりますが、今回の話と類似している言い伝えがあ
ります。天平18年(746)の大塔が建った時、大工頭梁
は誤って柱を短く切ってしまい困っていたところ、娘
八重菊の考えから枡組で補い塔は見事に完成しまし
た。名声が高まるにつれ頭梁は秘密を守るため八重菊
を殺し境内に埋めて塚の傍らに一本のイチョウを植え
ました。イチョウは薄命の八重菊に代わって樹齢1.200
年今も丁々天に聳えて生きつづけています。昔から乳
のない婦人に授乳の信仰があり、乳イチョウと呼ばれ
てきました。飛騨国分寺境内のイチョウ側に記載され
ており、高山市民のほとんどが知っていると思います
よ。


Avatar
小橋昭彦

ほうとうだ。「飛騨国分寺」にも紹介がありますね。いがらしさん、ありがとうございます!


Avatar
青い月

千本釈迦堂の大根焚き、いい思い出ですね。お子さんも同じ体験を共有しているなんて、素晴らしいです。

私は小さい頃、山形にいたのですが、この時季になると芋煮会を思い出します。ただの食いしんぼの思い出ですが、土地の行事のある地域で育ったことは、本当に幸せなことでした。


Avatar
こま

おかめ顔は美人であったのがいつのまにかブスの代表になってしまった歴史があります。
能や歌舞伎の「釣女」がその典型的な例です。
しかし、ブスゆえに守り神になるパワーがあるのです。
その辺の詳しいことは
 大塚ひかり『太古、ブスは女神だった』マガジンハウス
に詳しいです。
おかめ顔は「なかひく」で、美女は「なかだか」という伝統があります。
松島奈々子の人気を見ると今もってその意識が残っているのかな、と思います。
でも、おかめさんのお顔は笑顔がすてきで、気持がほっとしますね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 浄土宗総合研究所が布教支援システムを開発したと新聞にあった。全国約3300の市区町村が対象で、住民数や増加率、25年後の予測人口、寺院数などをもとに、それぞれの地域での布教の「有望度」を点数化する仕組み。 よく知られているように、いま日本における各種の宗教団体の信者数を合計すると2億人を超え、日本の人口を上回る。神か仏かと二者択一する民族でもないのである程度は納得できるが、神道系だけで1億人にのぼるから、あるいは初詣に来ただけの人も信者と数えているのかもしれない。 総務省発表の宗教統計調査によれば、浄土宗の信者数はおよそ600万人、寺院は約7000あって教師つまり僧侶の数は1万人弱という。僧侶ひとりあたり600人あまりの信者を抱えている計算。檀家型であることを考えると、世帯数にすればほぼ常識的な範囲といえるだろうか。 くだんの布教支援システム、計算したところ、もっとも点数が高かったのは北海道南幌町、2位が神戸市西区だったとか。システムの支援で、高齢者が多いところは法要などの需要、若い世代が多いところは心のケアなどと、地域のニーズを把握するのにも役立つ。開発を担当した研究員の言葉によれば、こうした手法はコンビニの新規出店の際と同じ手法だという。 そういえば、地元のおしょさんはお寺の書籍を文庫として解放していて、学校が終わると子どもたちがこぞって借りに寄っていたものだった。システムにしろおしょさんの努力にせよ、住民の視点にたった一歩って、たいせつなこと。ま、お寺さんに参って「いらっしゃいませ、こんにちわ」とやられるととまどっちゃうけれどね。

前の記事

 子どもの成長にあわせ、ボール遊びをよくした。最初は無難に風船から。ノモだササキだと親ばかをつぶやきつつ放りあげる。 ノモ、ササキといえばフォークボール。ご存知の方もあるだろう、フォークボールは地球の重力に引かれて自由落下しているだけで、けっして魔法をかけて「落として」いるわけではない。その意味では、重力に逆らって落ちない直球こそ魔球なのだ。 これはボールの回転が生む揚力による。投げるとき人差し指と中指にはじかれて逆回転のスピンがかかる直球は、空気をボールの下に巻き込み、揚力を得る。キャッチャーに届くまでにおおむね15回転くらいするという。回転が落ちると揚力が落ちるから、イニングが進んで腕が疲れてくると、スピードガンではかった球速は同じでも、「伸び」がない分、打者はうちやすくなる。 フォークボールの回転数は204回転。これだとボールが進む後ろ側に圧力の弱い空気の渦ができて、ボールの速度を落とす。すると地球の重力の影響がボールに現れ、落下していく。フォークボールは地球が生み出した魔法だ。 はじめて地球の魔法を使ったのは、1920年代にアメリカ大リーグで活躍したジョー・ブッシュ投手だといわれている。日本では、杉下茂投手。中腰にキャッチャーを立たせ、みけんを狙って投げるとホームペースの手前でワンバウンドする感覚というから、落差に驚く。 宇宙飛行士の若田光一さんが、宇宙船内でキャッチボールするとつい高めに投げてしまうとコメントしていた。ぼくたちは、ふだん投げるとき、重力の影響を頭に入れている。しかし、予想以上に重力が影響すると、「落ちる魔球」に思える。地球と頭脳がやりとりする、その、微妙なあわい。 父の手を離れた風船は、ふわふわ風に揺れながら、子どもの広げた手のほうに落ちていく。そんなとき、父親は地球の重力に感謝する。

次の記事