ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

アメリカンフットボール

2001年1月12日 【コラム

 この時期、アメリカンフットボールファンは落ち着かない毎日だろう。まもなく一年で最大のイベント、スーパーボールだ。アメリカのプロリーグ、NFLの決勝戦。全米が注目、毎年その中継で流れるテレビ広告が話題になったりもする。
 フットボールはイギリスで昔から行われていたが、手を使わなかったり使ったりいろいろ。手を使わないフットボールの統一ルールが決められたのは1863年。これがつまりサッカー。一方、手で持つことを許すタイプのルールを整備した協会が生まれたのは1871年のことで、これがラグビーとなる。
 アメリカンフットボールは、1880年、エール大学のウォルター・キャンプの改革でラグビーを母体に誕生したもの。選手を15人から11人に減らし、攻撃と守備を明確に分ける。全選手が身体をぶつけ合う激しいスポーツは、全米で人気を得た。
 もっとも、それゆえにけが人もでる。毎年のように死者が出て、1905年には20名近い若い命が失われる状況。こうした中で中止運動が活性化し、禁止する大学も出てきた。
 このとき、大学の代表を呼んで安全対策を勧告し、中止ではなく存続させようと動き出した人がいた。第26代大統領、セオドア・ルーズベルト。その結果、1906年には前パスが取り入れられ、現在のNCAA(全米大学体育協会)の前身となる組織が生まれる。
 ひとつのスポーツの未来を救った大統領。なんともアメリカ的な話だ。そういえばどこかの国の首相はラグビーをやっていたそうだけど、彼が延命をはかろうとしているのはなんだろう。


4 comments to...
“アメリカンフットボール”
Avatar
小橋昭彦

アメリカンフットボールについては、まずは公式サイト系がいいかな。「日本アメリカンフットボール協会」「Xリーグ」「NFL」「SuperBowl」。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。
オムライスは、オムレツとチキンライスを合成した日本生まれの「洋食」(日経12月9日)。


Avatar
三原広聡

「スーパーボール」は正しくは「スーパーボウル」だと
思いますよ。競技場がおわんの形をしているから
「ボウル」。北海道では「ポテトボウル」という大会
があるし、日本一は「ライスボウル」で決まる筈。
(うろ覚え)でも、これって何かのメニューみたいだなあ。


Avatar
国武正之輔

アメリカンフットボール、一見難しそうなルールですが、覚えたらこれはハマリますよ。私はワシントンDCの「Redskins」の大ファンです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 傘の起源は日傘にある。雨傘が登場したのはせいぜい17世紀頃のことで、古代において傘といえば日傘。 地球も、日傘をさしている。その正体はエアロゾルといわれる気体中を浮遊する微小な粒子だ。気象学的には霧といわれたり、もや、あるいはスモッグといわれたり。工場から出る硫黄酸化物からできる微粒子のような人為的なものと、火山の噴火のような自然によるものがある。 エアロゾルはそれ自身で太陽光を反射もするし、雲の核となって、間接的に太陽光を防ぐ要因にもなる。こうして地球の温度を低下させる。これが日傘効果だ。1991年のフィリピンのピナツボ火山の噴火が、翌々年の日本の冷夏を引き起こしたなんて説もある。 地球の日傘が及ぼす効果について、東京大学機構システム研究センターなどのグループが人工衛星を用いて調査した。産業革命から現在までの約250年間に排出された大気汚染物質微粒子による冷却効果は、約0.6度(日経12月7日)。同時期の温室効果ガスの増加による温度上昇の半分程度の大きさにあたるとか。 つまり、こんご発展途上国の汚染対策が進むと、日傘効果が小さくなって地球温暖化がさらに進むと予測される。あちらたてればこちらたたず。地球環境は複雑で奥深い。いや、複雑にしているのはぼくたち自身か。

前の記事

 Kは中生代白亜紀、Tはそれに次ぐ新生代第三紀。6500万年前の地層をK/T境界層という(日経12月12日)。恐竜をはじめとする、当時の生物種の70%近くが絶滅したといわれる変動期だ。 2000年末から2001年にかけて、世の中は新しい世紀をいわうイベントが行われたりもしたけれど、新しいといっても、わずか100年の周期。何が変わるわけでもなく、さて、K/T境界と比べればどれほどのものか、と感じないでもない。 K/T境界とまでいかなくても、もう少し長い目で歴史を見る視点もある。たとえば日本の歴史を400年周期で。400年前、関ケ原の合戦を経て江戸に向かう時期。そのさらに400年前は源平合戦から鎌倉へ、さらにさかのぼると平安時代への移りかわり。 おりしも、千年持続学会の設立が進められている。1000年をひとつのスパンとして、千年続く科学を考えてみようというもの。そういえば、昨年ぼくが設立した会社のウェブサイトにも、3001年までの年表を載せたのでした。目の前のもろもろより、1000年後の社会のあり方こそが会社の目指す方向のような気もして。 21世紀なんて忘れて、1000年持続するってことを考えてみる。1000年続く技術、1000年続く環境、1000年続く会社、1000年続く希望、1000年続く、恋。 忘れものを、見つけたような。

次の記事