ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

勧工場

2001年10月03日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 かんこうば、とよむ。工場ではない。商業施設だ。場内に工場を併設して即売、ものづくりを振興をしようという「勧工」の狙いをもった場、といったあたりが語源らしい。
 勧工場がはじめて登場したのは1878(明治11)年。その前年、産業振興のための「第1回内国勧業博覧会」が政府肝いりで開かれた。そのために買い集めた名産品などの売れ残りを販売処分する場を作ろうというのが目的だったという。
 場内では陳列販売が行われており、下駄や靴のままで買い物ができる。商品に品名や代価が記された「正札制」がとられてもいる。従来の呉服店などで行われた、商品を取り出してきて座敷で見せつつ商談する「座売り」からの大きな改革。
 1880年にこの施設は民間に払い下げられ、以降多くの勧工場が作られる。1902年には東京だけで27店舗があったといい、大阪でも勧商場とよばれ広がった。
 ただ、庶民は買い物をするというより、商品を見て歩く楽しみの場として利用していたようだ。夏目漱石の作品にも『我輩は猫である』はじめしばしば登場するが、散歩などと並ぶ娯楽的な書かれ方をしている。
 ピークを迎えた勧工場は、その後激減していく。1904年に株式会社化した三越呉服店をはじめとする、百貨店の登場が背景にある。三越のデパートメントストア宣言が1905年のこと。その後、法的規制なども乗り越えつつ、百貨店は栄えていく。その退潮のきざしは1960年代。代わって台頭したのがスーパー。1972年、ダイエーの売上高が三越を上回った。
 時代は流れて2001年、そのダイエーの売上高を抜き去ったのがセブン?イレブン・ジャパン。大手スーパーの倒産もあり、ふたたび消費の主役が交代している。
 もっとも、伸びていたコンビニエンス・ストアもはや安泰とはいえなくなってはいる。栄枯盛衰とはよく言ったもので、時代の必然は平家物語の頃から変わっていない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“勧工場”
Avatar
小橋昭彦

百貨店の歴史については、「われら屋上調査隊」によくまとめられています。また、「ディスプレイ・デザインの歴史」もいいですね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 来年Uターンする予定とあって、月1回の割合で打ち合わせなどのために田舎に帰っている。田舎には常時接続環境が無いので、そんなときはメールマガジンはお休み。休みが多くってごめんなさい。 常時接続環境が無いといっても、契約していないからではなく、サービスがないのが現状。フレッツ云々はもちろん、数万円の常時接続サービスはおろか、数十万の専用線さえひけない。大阪から車で2時間かからない土地でこのありさま。都市部では数千円でブロードバンドが使えるのに、なんて落差だろう。21世紀も、都市集中の世の中になるのだろうか。 そんなことは信じたくない。21世紀こそは、個人個人が、それぞれの価値観で生活環境を選ぶことができて、それを支えるしくみが整っている、多様性のある世の中になってほしいと思っている。ぼく自身の会社の本拠は東京にあるし、都市もいいんだけど、目下の課題は、都市再生以前に、田舎創生なのである。 ぼくたちには男と女がいる。純粋に遺伝子を残すためなら、両性はいらない。バクテリアのように、無性生殖で、分裂によって増えるのがもっとも効率的。相手を探す時間や相性を調べるリスクも必要ないし。 ではなぜ、性はあるのか。有性生殖はどこが便利なのか。ひとつは、父と母から染色体を1セットずつ引き継ぎ、2セットの染色体をもっておけること。一方に損傷を受けても、いわばスペアがあることになる。 そしてもうひとつ、おそらくより大きな理由が、多様性だ。有性生殖は効率が悪い。でも、効率が悪いゆえに、親の細胞とはちょっと違った細胞が生まれ、遺伝的な多様性が生まれる。多様性があるおかげで、環境の変化にも適応し生きのびてきたわけだ。 遺伝子レベルの話と実生活をいっしょにするのはあまりよくないけど、それでもぼくはこの一年あまり、ずっと「多様性」ということを考えつづけている。

前の記事

 古代エジプトの壁画にも香りを楽しむ姿が残されているから、人類は古くから香料と親しんできたことになる。香りの利用法にはフレーバーとフレグランスがあって、フレーバーといえば食品、フレグランスといえば化粧品に利用される。 食品に香りは欠かせない。いま手もとにあるソフトドリンクの成分表示をご覧になっても「香料」はおそらく含まれていることだろう。フルーツ系飲料はもちろん、お茶や炭酸系飲料だって。 この香り、フレーバリストと呼ばれる人たちが作っている。もちろん、最新の技術をつかえば、たとえばイチゴのにおいの化学成分を分析できたりはするんだけれど、かといってそれをそのままイチゴ飲料に使えるかというと、そうはいかない。 香りをつくる原料となる香料には植物性の天然香料だけでも1500種類、合成香料にいたっては5000種類にのぼるといわれている。通常取引されるのはあわせて1000種類くらいということだけれど、フレーバリストは、その1000種類それぞれの特徴、個性を把握し、商品イメージから適切な配合をしていくのが仕事だ。1000種類からなにかひとつを選ぶというのではなく、ひとつの飲料には平均で50種類の香料が使われるのだとか。 成分表示には、簡単に「香料」と記されているだけ。その向こうに、奥深い世界がある。

次の記事