ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

多様性

2001年10月02日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 来年Uターンする予定とあって、月1回の割合で打ち合わせなどのために田舎に帰っている。田舎には常時接続環境が無いので、そんなときはメールマガジンはお休み。休みが多くってごめんなさい。
 常時接続環境が無いといっても、契約していないからではなく、サービスがないのが現状。フレッツ云々はもちろん、数万円の常時接続サービスはおろか、数十万の専用線さえひけない。大阪から車で2時間かからない土地でこのありさま。都市部では数千円でブロードバンドが使えるのに、なんて落差だろう。21世紀も、都市集中の世の中になるのだろうか。
 そんなことは信じたくない。21世紀こそは、個人個人が、それぞれの価値観で生活環境を選ぶことができて、それを支えるしくみが整っている、多様性のある世の中になってほしいと思っている。ぼく自身の会社の本拠は東京にあるし、都市もいいんだけど、目下の課題は、都市再生以前に、田舎創生なのである。
 ぼくたちには男と女がいる。純粋に遺伝子を残すためなら、両性はいらない。バクテリアのように、無性生殖で、分裂によって増えるのがもっとも効率的。相手を探す時間や相性を調べるリスクも必要ないし。
 ではなぜ、性はあるのか。有性生殖はどこが便利なのか。ひとつは、父と母から染色体を1セットずつ引き継ぎ、2セットの染色体をもっておけること。一方に損傷を受けても、いわばスペアがあることになる。
 そしてもうひとつ、おそらくより大きな理由が、多様性だ。有性生殖は効率が悪い。でも、効率が悪いゆえに、親の細胞とはちょっと違った細胞が生まれ、遺伝的な多様性が生まれる。多様性があるおかげで、環境の変化にも適応し生きのびてきたわけだ。
 遺伝子レベルの話と実生活をいっしょにするのはあまりよくないけど、それでもぼくはこの一年あまり、ずっと「多様性」ということを考えつづけている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

8 comments to...
“多様性”
Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。ピーターラビットに登場するキャラクター名は近所の墓地に埋葬された名前から(朝日8月1日)? 日本野球のルーツは1872年ホーレス・ウィルソンが学生に教えたこと(朝日8月1日)。スーパーモデルの報酬、1千万円、1歩換算で4万3000円(朝日7月26日)。五輪にない競技が4年に1回集うワールドゲームズ(朝日7月21日)。


Avatar
中村浩明

 私も山間の田舎に住んでいます。1時間の通勤が大変なのですが、一日の仕事が終わり帰宅すると、満天の星空と小川のせせらぎの声が「お帰り」と迎えてくれます。
 田舎はいいですよ。(除、ネット環境)


Avatar
RIKO

こんにちは。風邪はよくなりましたか? 遼太朗くんの『の』、かわいかったです☆

わたしはまさに多様性の勉強をしていました。
地球史的には、(1)氷室期 (2)温室期 に大別され、これらは周期的にやってきます。どちらかというと現在と、2.5億年前は氷室期、1.5億年前と4億年前あたりが温室期にあたります。それぞれの特徴は面白いほど明らか。概して氷室期は四季の変化が豊かで、大陸棚までの浅い海底の地形はサンゴ礁によるメリハリのきいたかたちをして、そこには、多種多様な海生生物がいます。一方、温室期は、のほほーんとした常夏のような気候で、海洋底はどこまでも遠浅なのっぺりしたかたち、生物種は生息数に対して少ない、ということがいわれています。いわゆる大絶滅は、温室期のあとにやってきていることが、これまでの研究であきらかになっています。小橋さんご説明のように、多様性に欠くことは、リスクを集中させることなのです。また、長い漫然とした安楽な大平の世のあとには必ず失脚する事件がおきていて、なんだか今の世の中に照らし合わせても象徴的な現象のように思えます。

(マクロ的に)このように、リスクを分散させる意味で、有性生殖に起因する多様性の役割は計り知れないと思います。そうでなくとも、(ミクロ的に)わたしは女として、自分の愛する男性の遺伝子を担ってふたりの間に子供をもうけることに、切に意義を感じ、担わせてくれた子供は、かけがえのない宝物となることはごく自然な流れであり、また、効率の悪い、しかし奇蹟のシステムであると確信しています。

(古い記憶なので間違ってたらごめんなさい)


Avatar
塚本

フレッツなどのサービスが受けられない地域でも、常時接続が可能な方法はあります。DDIポケットのAir”Hです。速度は32Kと遅いですが、時間も場所も気にすることなく、ネットに接続する事が出来ます。(少々料金が高めですが、その分メリットは計り知れません)

DDIポケット→ http://www.ddipocket.co.jp/


Avatar
せりあ

今日のコラムに関する書籍として、以下の本をお勧めします。

『私のからだは世界一すばらしい』(東京書籍)
アンドレ・ジオルダン著/遠藤ゆかり訳

http://www2.tokyo-shoseki-ptg.co.jp/tosho/isbn/79624-5.htm

ちなみに、塚本さまもお書きになっているAirHは、私も使っています。都市部に住んでいるのですが、自宅の加入電話をいじれないので、とても重宝しています。市販のインターネット加速ソフトを利用すれば、体感的には56Kモデム程度には使えますよ。


Avatar
小橋昭彦

塚本さん、ありがとうございます。Air”Hについては情報は持っていたのですが、なにせメールマガジンのリンク集を作るのには、数十のサイトを同時にダウンロードしつつチェックしていっていますので、速度的にどうかなあ、という不安があるのです。せめてISDN並みはほしいですねえ。

そんなわけで、いま、町内に無線LANをひいちゃおう、と動いています。とにかくひけるところまで1.5MBをひいて、残りは無線でカバーする。1.5MBというとADSLといっしょですから、なんで都会では数千円ですむのに、ン百万もかけなきゃいけないんだ、とも思いますが、大手プロバイダーのAPさえ市内通話範囲内にない現状では、こうでもしないと、どんどん田舎は取り残されちゃいますしね。

といって、都市化を狙っているわけじゃなく、ブロードバンドに田舎というコンテンツをのせたいなあと考えています。


Avatar
高木

今回のコラム、「そうだ!そうだ!」と、うなずきながら拝読させていただきました。

私の住んでいるところも田舎で、常時接続の環境は来ていません。最近、仕事を自宅でやるようになったのですが、フレッツじゃないISDNで我慢してます。

今、町としては「携帯電話も通じないところでは嫁も来てくれない。」ということで何千万円(!)も負担して、携帯電話の基地局を町内に建ててます。確かに情報インフラとしてはブロードバンドより、携帯電話が先かなとは思いますが、その何割かをインターネット接続環境の改善に割振ってくれたらなと勝手な思いでいます。

町内に無線LANをひくという動きに興味津々ですので、また、機会があったらコラムで紹介くださると嬉しいです。


Avatar
梅村

この9月からADLSに変えました。収容局から3キロあり、速度は多少落ちますが、ずいぶん早くなりました。

なんと言っても、電話料金を気にせず、思う存分ホームページが見られるようになり、満足しています。

知り合いにADSLを勧めたところ、そこはADSLどころかフレッツIDSNも範囲外だと言うことでした。

本当に地域差がありますね。なんとかしないといけませんね。ちなみにそこは愛知県内じゃありません。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 空間と時間はどちらが先に生まれるのだろう。現在の標準として考えられているビッグバン宇宙論では、開びゃくの大爆発とともに空間も時間も物質も、すべてが同時に生まれたことになっているから、この問いにあまり意味はない。 でも、ぼくたちの脳の中では、少々事情が違うようだ。産業技術総合研究所の北澤茂氏らが行った実験がある。 この実験では、両手を前に出し、それぞれの手に短い間隔をあけて刺激を与えている。まず左手を刺激し、そして右手を刺激する。そして、どちらの手が先に刺激されたかを答えるわけだ。この順序をゆっくりとやれば、もちろんどちらの手が先に刺激されたかを間違うことはない。いや、たとえ刺激が0.1秒感覚など短くてもだ。 では、右手と左手を交差させるとどうだろう。結果はびっくり、刺激の時間差が1秒以上あるときは間違いがないのだけれど、0.3秒以内の場合には、先に右手が刺激されたと理解してしまうのだ。手を交差させることで、脳の中で時間が逆転している。 この結果から、ぼくたちの脳には、入力信号の時間順序そのものを判断するセンターはなく、まず入力信号の空間配置を行い、その後で時間の処理がはじまるものと考えられる。左手からの刺激を感じ左手はいま右側にあるから自分の右の方に刺激のもとがあると判断し、これに時間順序を与える前に右手に刺激を感じるものだから、云々。 ちょっと頭がこんがらがってきちゃったね。ともあれ、ぼくたちは手からだけじゃなく視覚や聴覚もふくめいろいろな信号を受けているわけだから、それらを総合してまず空間を把握し、続いて時間処理をするというのは合理的ではあるわけで。 時間って、あんがい揺れるものなんだ。

前の記事

 かんこうば、とよむ。工場ではない。商業施設だ。場内に工場を併設して即売、ものづくりを振興をしようという「勧工」の狙いをもった場、といったあたりが語源らしい。 勧工場がはじめて登場したのは1878(明治11)年。その前年、産業振興のための「第1回内国勧業博覧会」が政府肝いりで開かれた。そのために買い集めた名産品などの売れ残りを販売処分する場を作ろうというのが目的だったという。 場内では陳列販売が行われており、下駄や靴のままで買い物ができる。商品に品名や代価が記された「正札制」がとられてもいる。従来の呉服店などで行われた、商品を取り出してきて座敷で見せつつ商談する「座売り」からの大きな改革。 1880年にこの施設は民間に払い下げられ、以降多くの勧工場が作られる。1902年には東京だけで27店舗があったといい、大阪でも勧商場とよばれ広がった。 ただ、庶民は買い物をするというより、商品を見て歩く楽しみの場として利用していたようだ。夏目漱石の作品にも『我輩は猫である』はじめしばしば登場するが、散歩などと並ぶ娯楽的な書かれ方をしている。 ピークを迎えた勧工場は、その後激減していく。1904年に株式会社化した三越呉服店をはじめとする、百貨店の登場が背景にある。三越のデパートメントストア宣言が1905年のこと。その後、法的規制なども乗り越えつつ、百貨店は栄えていく。その退潮のきざしは1960年代。代わって台頭したのがスーパー。1972年、ダイエーの売上高が三越を上回った。 時代は流れて2001年、そのダイエーの売上高を抜き去ったのがセブン?イレブン・ジャパン。大手スーパーの倒産もあり、ふたたび消費の主役が交代している。 もっとも、伸びていたコンビニエンス・ストアもはや安泰とはいえなくなってはいる。栄枯盛衰とはよく言ったもので、時代の必然は平家物語の頃から変わっていない。

次の記事