ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

くしゃみ

2000年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 道すがら「くさめくさめ」と繰り返す老尼がいたので何ごとかと問うと、「かくまじなはねば死ぬなりと申せば」と答える。徒然草に出てくる光景。とすると鎌倉時代にはすでにくしゃみをしたとき「くさめくさめ」と唱える風習が広まっていたわけだ。
 くしゃみの語源は、このまじない言葉「くさめ」にある。糞食め(くそはめ)の略とも休息万命(くそくまんみょう)の略とも言う。くしゃみそのもののことは「はなひる」と呼んでいた。
 くしゃみの際のまじないはほかの国でもよく見られるようで、古代ローマでも「Absitomen!(凶兆よ去れ)」と唱えたというし、アメリカ原住民にもあったという。イタリアの「サルーテ」や英語の「ブレス・ユー」なども同様の意図からだろう(日経12月6日)。そもそも「休息万命」じたい、もともとは長寿を意味する梵語で、あるとき釈迦がくしゃみをしたので弟子たちがいっせいに「クサンメ」と唱えたという話も伝わる。イスラム教においても、ムハンマドが説いた教徒6つの義務のうちのひとつは「相手がくしゃみをしたらその人のために神に救いを求めてやれ」だ。キリスト教に関する逸話では、西欧でのペスト流行時に、聖グレゴリウスがくしゃみの呪文を作ったともいう。くしゃみは宗教を問わない。
 そもそもくしゃみはせきと違って意識して起こすことができない。どこか遠いところからやってくるようでもあり、それが各種の俗信を生む背景ともなったのだろう。ちなみに俗信の中でも有名なひとつ、くしゃみをすると誰かがうわさをしているというのは『詩経』にも登場するというから、ずいぶん古い。
 この時期くしゃみをする人が多いけれど、うわさよりまずは風邪にご用心。はっくしょん。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“くしゃみ”
Avatar
つる

沖縄では、昔から誰かがくしゃみをすると、そばの人は「くすくぇ0」と言います。
「くす・くえ0」つまり、「くそくらえ(糞食らえ)」です。民話の中に起源があるみたいです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 はやしさんが作ったからハヤシライス。冗談のようだが、こればかりはどうやら本当らしい。このはやしさん、丸善の創業者として知られる早矢仕有的(はやしゆうてき)。牛肉が大好物で、友人が訪問するとありあわせの肉と野菜のごった煮にトマトケチャップで味をつけ、ご飯に添えて出していたという。 いまひとつ、ハッシュドビーフ語源説もある。確かにハヤシライスのソースはハッシュドビーフにルーでとろみをつけたもの。ちなみにハッシュドビーフらしき料理は、1885(明治18)年、米国人ホイットニーによる『手軽西洋料理』にビーフハッシと称して登場している(日経12月2日)。 ハヤシライスが一般に広まったのは明治30年代。1906(明治39)年には「ハヤシライスのたね」まで登場している。東京・一貫堂が売り出したもので、ルーと肉を乾燥させた固形食品、熱湯で溶いて食べる一種の即席食品だ。 西洋料理にご飯をあわせ、即席食品にまでしてしまう。ハヤシライスの歩みは日本の食文化の深みを感じさせる。で、語源の真相はというと、残念ながら藪の中。林さんという人の大好物だった説まである。あんがい早矢仕さんがハッシュと自分の名前をもじって命名し、気に入った林さんが毎日食べに来ていた、なんてところかもしれない。あいまいな結論も日本的でいいんじゃないかな。

前の記事

 かるたにはふたつのルーツがある。ひとつは平安時代から行われてきた貝合わせあるいは貝覆いといわれる遊びで、もうひとつはポルトガルから伝わったカルタ(朝日12月17日)。 カルタの語源もポルトガル語のcartaだが、カルタそのものの発祥は中国ともインドともペルシャともアラビアとも言われ、はっきりしない。日本には16世紀後半に伝来し、その後すぐ国産されるようになる。その時代の名称をとって俗に「天正カルタ」と呼ばれているのがそれだ。天正カルタの1の札をピン、12の札をキリというが、これが「ピンからキリまで」の語源ともいう。 ちなみに西洋カルタのことはトランプといわれるけれど、英語ではcards、trumpは切り札のことで、勝利のtriumphと同語源だ。マーク(スート)の図柄にはいくつかの系統があるが、日本で西洋カルタとして知られてきたのはポルトガルを含むラテン系のもので、刀剣、聖杯、貨幣、棍棒からなる。これが今でいうスペード、ハート、ダイヤ、クラブだけれど、それぞれ貴族、僧侶、商人、農民を表していたという説もあり、札の強弱もこの順。だとすれば身分階級をもてあそぶというフラチなことをしていることにもなるのだが、さて。 このコラムも今年はこれで最後。年末年始はカルタでもしてゆっくりいたします。ではまた、新世紀に。

次の記事