ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

侵入生物

2001年6月11日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 田植のあいま、あぜ道を歩きつつ子どもとタンポポを摘む。花の後ろの外総ほう片と呼ばれる緑の部分が花に添って立っている。日本在来種らしい。
 タンポポには在来種のほか、明治以降に入ってきたセイヨウタンポポなどの外来種がある。外総ほう片が反り返っているのがセイヨウタンポポとされてきたが、このところその勢力が広まっている。
 貿易が盛んになるとともに、ある地域に野生していた種が他の地域の生態系のなかで広がるケースが増えている。外来生物、帰化生物などと呼ばれる動植物。ときにはその土地にもともといた種を滅ぼしてしまうこともある。そういう視点からは、インベーダー生物、侵入生物という呼び方のほうがしっくりくるかもしれない。
 国際自然保護連合がこのほど発表した、影響の大きい一〇〇の侵入生物のなかにも、アリの一種からグアバのような果物の一種まで、幅広い「インベーダー」がリストアップされている。
 ちなみにタンポポの場合、遺伝子分析をした結果、形からセイヨウタンポポと判断されたうちの大半がニホンとの雑種とわかったとか。たくみにニホンの遺伝子を取り込み、適応力を高めつつ広がったわけだ。どこか人間に化けて地球に侵入するSF映画のような。
 ペットの猫だって、本来の生態系に猫がいないところに連れていけばインベーダー動物になる。オーストラリアの固有種は、人間が持ち込んだウサギや猫によって危機に陥ったともいう。イエネコはたくみに人間にとりいることで古代エジプトから世界に広まった。これもまたどこかSFじみている。
 こうして気づいたときには、インベーダー生物がはびこり、生物の多様性が失われた世界にぼくたちは生きている。これじゃあSFというよりホラーじゃないか。息苦しいなあ。タンポポを摘む手をとめ、若葉の目立つ山々を眺める。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

5 comments to...
“侵入生物”
Avatar
小橋昭彦

国際自然保護連合の「プレスリリース」をご参照ください。さらに詳しくは、「ISSG」へ。また、「外来生物」もていねいな説明です。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。宇宙の光源、銀河以外の未知のものが半分以上(日経5月2日)。


Avatar
大川耕平

北海道の、とあるテーマパークのイベント演出をして
いた時のことです。そこはラベンダー畑がひとつの集
客のメインでしたが、ある春先のこと、たんぽぽの群
生がいたるところに発見され、スタッフ全員でたんぽ
ぽ獲りに明け暮れたことを思い出しました。
地べたにはいつくばってたんぽぽを獲る、、その様は
ちょっと滑稽でもあります。
その時は自然はすごい!と思ったのでしたが、よく考
えると、我々人間が自然にとってのインベーダーだっ
たのかもしれません。


Avatar
ばっしー君

大川さんのコメントに一部重複するかもしれませんが、ちょっと気になったので、書かせて頂きます。
コラムの中に「インベーダー生物がはびこり、生物の多様性が失われた世界にぼくたちは生きている。」 という件がありましたが、自分は少し違う見方をしていました。

自分は、生命(生物)はそもそもinvadeするように設計されているのではないかと思うのです。

地球に最初の「いのち」が生まれてから、ずぅーっと生き物は、自分の種の存続のために侵略を繰り返し、他からの侵略に耐え、そして他の種との折り合いをつけながら営みを続けてきたのではないでしょうか。

国際自然保護連合のサイトにも「the worst 100 spieces」という記事が掲載されていましたが、人間は一体いつから地球上の他の同胞に対して「最悪」などというレッテルを貼れるほど偉くなったのでしょうか。 この最悪という言葉には、あくまでも(人間にとって)という条件が言外にあるのではないでしょうか。

そしてこのような人間の目には侵略と写る営みこそが生命行為であり、その多様性を広げていく原動力になっているのだと自分には思えるのです。 その多様性が失われるとすれば、大川さんのご指摘の通り、人間が自らの思い上がりに気づかないまま、自分の都合で盲目的にinvadeを続け、自然淘汰を破壊した時にそれが訪れるのだと思います。


Avatar
小橋

確かに。侵入生物問題の根本は、それが人間の営みの影響によって侵入させているということだとみています。自分で侵入させながら「最悪」とレッテルをはっているんだから世話ないというかなんというか。

で、人間のそうした行為も自然の一環とするなら侵入生物も自然の一部だし、人間の行為は逸脱しているととらえるなら、侵入生物はその逸脱ゆえにもたらされたといえますね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 庭先に立っていると、すうっと地面をかすめるようにツバメが飛んでいく。明日は雨かな、なんていいながら、その行く先を見る。軒下に並んだ巣、そのうちのひとつ。見上げると、巣の中から小さな声がちちちと呼びかけている。ヒナが孵っているらしい。このままでは見えないので、子どもを肩車して、赤ちゃんいる、とたずねる。いるよ。いくつ? ふたつ。2羽か、なんだか少ないな、落ちてイタチに食われでもしたのかな。 野鳥の寿命は総じて短い。正確なところはわからないけれど、ツバメの平均寿命は、1年と1カ月ほどという。スズメが1年3カ月、マガモが2年数カ月。寿命といってもそのほとんどは弱肉強食の中で食われたり冬を越せなかったりするわけで、たとえばスズメなら冬を越して生きのびられるのはおよそ10羽に1羽ほどらしい。学習能力があって生きのびる確率が高いとされる鳥類でもこの確率。野外での長命記録としては、スズメで6年、ツバメで16年といった例も報告されているから、仮に生きのびさえできれば、長く生きられるのだろうけれど。 つまりはそれほどに野生の世界は厳しい。平和そうに見える山里の風景も、野鳥の視点に立てばワイルドな世の中。厳しいといえば、じつはさらに大きなレベルで、世界におよそ9800種という野鳥の種の12%が絶滅の危機に陥っているという調査もある。最大の原因は生息地の破壊。 にぎやかな巣を見上げつつ、ヒナたちの行く末を思う。思う資格があるのかな、イタチより怖い生物の一員として、と苦笑したりもしつつ。とまれヒナたちよ、来年元気で帰ってこいよ。

前の記事

 今日のビールのあては何にしようか。そろそろ旬が終わろうとしているあさりを酒蒸しにして別れを告げるか。鉄板の上で次々に口を開いていくあさりたち。食べてくれと言っているような。 もちろん、そんなはずはないのであって、あれは単にあさりが熱せられるとともに、それまで閉じるために使っていた筋肉、つまりそれが貝柱なんだけど、がはずれて開いたもの。もともと貝の殻というのは開くようにできている。ふだんはそれを筋力で閉じているわけだ。 それにしても、通常筋肉を収縮させるには膨大なエネルギーがいる。たとえば懸垂をしてみるといい。腕を折りたたんだまま、何十分も懸垂していられる人はそういないだろう。ところが、貝は長時間殻を閉じていられる。カキだって、1カ月閉じていることもできるという。しかも、人間は自分の身体さえ数分の懸垂で苦労するのに、貝は自重の何倍もの力を耐えられる。 じつは貝は、ほとんどエネルギーを消費せずに筋肉を収縮させておくことができる。キャッチ収縮と呼ばれるしくみだ。筋肉は通常ミオシンとアクチンというたんぱく質がくっついて収縮するけれど、通信総合研究所関西先端研究センターの研究によると、貝の場合、このときツイッチンというたんぱく質がはたらくことで、いわばかんぬきをかけるような状態をつくり出しているという。 この成果、たんぱく質モータを利用したナノマシン制御や血圧を上げる血管収縮の解明につながるかもしれないという。うむむ、二枚貝さまさま。今夜は貝柱まで残らず食べ、られるかな。

次の記事