ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

ルーツ

2001年6月01日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 現代の女性は、10万年から20万年前のアフリカに住んでいた単一の集団に起源があるとした「ミトコンドリア・イブ」仮説が発表されたのが1987年。その後、男性についてもY染色体の研究から、約19万年前のアフリカに起源があると発表されもした。
 世界の人類はアフリカに単一の起源があるとする説がこのところ有力になっている。つまり、それまで世界各地にいた北京原人やネアンデルタール人といった原人は数万年前までに絶滅し、その後アフリカから広がった新しい人類がとって代わったということだ。
 それに対するのが、北京原人などがそのまま進化して現代人につながっているという多地域進化説。こちらはこのところ旗色が悪い。このほどイランからニューギニア、カムチャッカ半島にわたる地域の男性1万人強のY染色体を調べた結果でも、3万5000年から9万0000年前にアフリカにいた人から分かれたことが確かめられた。
 仮に現代人のルーツはアフリカにあるとしても、そこにいたる人類進化のシナリオにはまだ不明な点が多い。人類とチンパンジーが分かれたのが約500万年前と推定されているけれど、それに対しても、約600万年前の猿人化石を発見し、それを現代人の直系祖先と考えるフランス国立自然博物館のセヌ博士らから、900万年から700万年くらい前ではないかという説が出されている。
 ともあれ、ただ今日明日のことを考えるばかりではなく、たまにはそんな数百万年前のことに思いをはせるのもいいものだよなあ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“ルーツ”
Avatar
小橋昭彦

遺伝と人類の起源については「進化と遺伝」がていねいな解説を含んでいます。また解説記事「解明進む人類進化のナゾ」「知の起源 ゲノムで探る」もわかりやすい。植物の起源については、「DEEP GREEN」と解説記事「植物にも『イブ』がいた」を。


Avatar
ねこまんま

人類のルーツについて記事を読むたび、じゃああちらこちらで、それこそこれしか関心ないんじゃないかというくらい様々な火種になっている差別問題ってなんなんだろう、と思います。
自分が差別をしてきていないと、言いきれる自信がないのも正直なところですけれど。

そもそも差別ってなんでしょうね。立場によって定義が変わるところがまた難しそう。

あ、差別って人種だけではないですよ。いろいろ、と。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 未確認飛行物体。この語に懐かしい響きを感じるのはなぜだろう。冷戦が終わって目撃報告が減少、もうUFOの時代ではなくなったという空気があるからか。1953年に創設され、UFO探しグループの草分けともいわれる英国空飛ぶ円盤調査局(BFSB)も活動停止を決めたとか。 一般に世界最初のUFO目撃情報と言われるのが、1947年にアメリカのアーノルド氏がワシントン州で見たという9つのなぞの物体。その後とくに米国で話題を集め、1960年代には約7億円という研究費をかけ、コロラド大学で実例調査を実施、否定的な結論を含む「コンドン・レポート」として発表されもしている。 とはいえ、その後もUFOの研究活動は民間を含め数多く続けられている。BFSBの活動停止も、UFOを信じることを止めたからではなく、目撃報告が少なくなり、宇宙人による地球探索が終了したと思われるからだとか。 空飛ぶ円盤は実在するのかどうか。いるならそのうち会えるだろうし、いなくても、未知への期待に夜空を見上げる、そんな気持ちはすてきだ。すべてが確認された世界より、未確認に満ちた世界の方が、子ども時代の世界に似て、楽しい。未確認飛行物体の語に懐かしさを感じるのは、そんなこともあってのことか。 1970年代に打ち上げられたパイオニア、あるいはボイジャーなどの外惑星探査機には人類からのメッセージが搭載されている。それらが遠い旅の後、未確認飛行物体として宇宙の友人に出会う、そんな日だってあるかもしれない。確かなことだけが、たいせつなわけじゃない。

前の記事

 病で亡くなった会社時代の若い先輩を夢に見て、夜明けに目覚める。先日通知を受け取ったときには思い出せなかった、表情の細部。ひきづられるようにして、先年亡くなった上司や、事故死した同期の顔が浮かんでくる。どこか砂の中に埋まっていた記憶が、掘り出されるように。記憶は、埋もれていくものなのか。 遺跡の多くは土の中にある。なぜ埋まっているのかは、現地説明会でもよく出る質問だという。自分の手で埋めたなんていうのは論外として、地球が太っているわけでもあるまいに、ときには何メートルもの地中から掘り出される。 そこに魔法があるわけではない。日々風で運ばれる砂に埋もれたり、河川のはんらんで土砂が積もったり、火山の噴火で埋まるなど、自然のはたらきが、遺跡を地中深く隠していく。 部屋の片隅のテーブルを指でなぞってみるといい、日常生活でさえ、チリはつもる。毎年数ミリ積もるだけで、単純計算で千年もたてば数十センチになる計算。もちろん、中には大阪城の例が知られているように、人為的に埋めたものもある。 ところで、あなたの家の庭を掘っていて土器などが出てきたらどうすればいいのだろう。本来的には落し物として警察の管轄だけれど、落とし主が現れるはずもないので、その必要はない。教育委員会の考古学担当の人に連絡するとよい。 遺跡の保存方法は、土に埋め戻すのがいちばんともいう。遺跡は土に、思い出は、心の砂浜に。

次の記事