小橋 昭彦 2006年12月4日

Children as young as 5 prefer lucky individuals over the less fortunate, according to new research by psychologists at Harvard and Stanford University. This phenomenon, the researchers say, could clarify the origins of human attitudes toward differing social groups and help explain the persistence of social inequality.

子どもは、ただ良い意思を持っているだけじゃなく、運の面でもついている人に近づいている。集団を選ぶときも、運のいい人が多い集団を選ぶ。生き残りに欠かせないワザだったか。
といっても、子どもにくじをひかせたら当たるとかそういう話ではないけどね。ってついいつもそうしてしまう親心。

0