小橋 昭彦 2006年8月1日

Current hypotheses that use visually guided reaching and grasping to explain orbital convergence, visual specialization, and brain expansion in primates are open to question now that neurological evidence reveals no correlation between orbital convergence and the visual pathway in the brain that is associated with reaching and grasping. An alternative hypothesis proposed here posits that snakes were ultimately responsible for these defining primate characteristics.

確かに、ヘビ縄ということもあるくらい、蛇を見つけることに関しては過敏だよね、ぼくたち。これはチンパンジーでも一緒で、蛇の模型を投げかけられたときのチンパンジーたちのあわてようといったら。
蛇というのは、霊長類にとって、とても怖い存在だったのだろうと思わせる。で、それは至近距離のときに危険なわけで、だからそうした視力を発達させたものが生き残ってきた、ということかもしれないと。

0