小橋 昭彦 2006年2月3日

「貧しい時代」に憧れを抱く現代人たち
 そう、これらすべての例には、共通するパターンがあると私は思う――豊かさを目指す上昇の過程を経て、物事はまた昔に戻るということだ。人は最初、貧しい生活を連想させるものを何から何まで拒否するが、そうした時期を過ぎると、今度は「抑圧されたころの暮らしに回帰する」動きが起きる。

0