小橋 昭彦 2003年10月20日

 痛みは主観的なものだけに、比較するのが難しい。男と女に同じ刺激を与えて申告させる実験だと、男の方が耐える。ただ、観察をする研究者が女性だと耐えるレベルが高くなるという報告もあり、生理的というより、体面上耐えているだけともとれる。
 女性のほうが痛みへの感受性が高いのは事実。同時に、香りや音楽などによる鎮痛作用も、女性への効果が高い。女性の方が痛みの起伏が激しいということになる。生理痛をはじめ機会としても多い。出産時に痛みを味わった幼児は、長じて痛みに強くなるともいうから、女性の方が痛みに慣れているということも考えられる。
 そもそも痛みは、受容する段階だけではなく、それを痛みと感じる段階、さらに痛いと表現する段階がある。どこをもってその人が感じている痛みの強さとするか。最近では、痛みに強い人と弱い人では脳の対応する部分の活性度合いが違うことが発見されもした。個人差が大きいようではある。
 誰かにぶたれて仕返しをするとしよう。あなたは、どのくらいの強さでぶつだろう。ロンドン大学の研究者らの実験によると、同じ強さで叩けといわれても、4割がた力を強めてしまうという。これは、脳が自分がどの強さで叩くかを考えるため、いま動いている手の処理が後回しになり、移動感覚が実際より弱く認知されるためではないかと説明されている。動きを予測する処理で手一杯で、実際の動きを過小評価しているというわけ。
 米国では痛みによる経済的損失が年間10兆円を超えると見込まれている。治療費や痛みによる生産性の低下などを累計した額だ。仕返しを抑制するだけでも、世の中は変わるか。痛みの男女差や個人差も気になるけれど、まずは自らが周囲に与えている痛みについて謙虚であらねばならないと、そんなことを反省している。

0

5 thoughts on “仕返し

  1. 前回のコラム「痛み」の続編。2002年7月の「喜びも痛みも」もご参照ください。参考資料としては、まず「The Battle to Relieve Pain」をどうぞ。仕返しのエスカレートについては、ニュースリリース「Playground fights “are wired in the brain” say UCL scientists」で紹介されています。Science誌7月11日号発表の論文が、次のページの「tit-for-tat exchanges」というリンクからダウンロードできます。痛みと脳の反応については、「Brain Mechanisms of Pain」をご覧ください。論文が公開されています。頭痛については、血液を調べることで客観的に把握しようという「Shaun Kilminster」らによる取り組みもあります。これ、「medical futures innovation awards」に選ばれています。その他気になりつつコラムで触れられなかったのは、これは昨日英語記事へのリンクで紹介しましたが、「やさしい妻や夫は腰痛を3倍増」とか、「Wendy Sternberg」らによる、魚も痛みを感じるんじゃないかという「Do Fish perceive pain: Evolution of vertebrate nociception」とか、短気な人は痛みのある人生を送る「Hot tempers can make life painful」とか。最後のは「Stephen P. Bruehl」による「Study links anger to pain」がソースです。あと記事としては「The sensitive sex」も参考にしました。

  2. 日本の国家予算が80兆円ですから、米国では痛みで10兆円の経済的損失ってちょっと信じがたく、仮計算。4000万人が医者にかかるとしているので、入院や待ち時間、生産性低下などで仮にひとり25万円分の経済的損失があるとすれば、確かに10兆円。実際には介護する人などによる損失なども含むでしょうから、納得できるレベルになるようですね。

  3. 前回に寄せた疑問に、小橋さんをはじめ、色々な方の意見が聞けてとても参考になりました。これからも「痛み」について少しずつ解明されるんでしょうね。してもらわないとですね・・・かなり損してる訳ですから( ´_ゝ`)
    確かに痛みって比較のしようがないと思います。心理的にも難しいですし。今回は、身体的な痛みですが、言葉による暴力(ケンカ・悪口など)で受けた「痛み」だとどうなるんでしょうかね?この辺はやっぱり個人の性格の差があるから分からないかな・・・・
    同じ言葉でも人によって感じ方が違うのは「痛み」も一緒ですね。

  4. 痛み!確かに女性の方が慣れているような気がしますね!本当か、嘘か?解かりませんが、以前に聞いた話ですが!痛を感じ無い人がいるんですね?だから怪我等した時大変だった様です。ちなみに私の趣味の先生の事です。

  5. 私の左足のすねは椎間板ヘルニアのせいで、触られてる間隔がありません、なんとなくチクチクして気がついたら虫にかまれた後があり数日で化膿して、
    腫れてひどい症状でした。それでも痛くないから
    不思議な感じでした。痛みって大事ですよ。

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*