小橋 昭彦 2002年3月27日

 米ウォルマート・ストアーズの年間売上高は民間企業として世界最大の2200億ドルという。日本円にすれば約29兆円。スウェーデンの国民総生産に匹敵する。似たような数字をどこかで見かけた、と思い出してみると、日本の地下経済の規模なのだった。
 地下経済。オモテに現れない経済のことで、脱税や売春、麻薬密売などがそれにあたる。浜銀総合研究所の門倉貴史研究員の試算によると、たとえば女子中高生の援助交際の市場規模がおよそ500億から630億円など、積み上げていくならば、日本の地下経済規模は高めに見積もって17兆1000億円だという。別の推計方法を使うなら23兆2000億円とも。
 これは日本の国内総生産の5%前後ということになるが、先進国の中では比率が低い。米国で7.5%、英国で10.2%、イタリアはマフィアの暗躍があって23.4%と見積もられている。一般的には、職の少ない発展途上国ほど、地下経済比率が大きくなる。
 ウラの金といえば、対テロ「戦争」を通じて知られるようになったビンラディンの資産が300億あるいは500億円と話題になった。確かに巨額ではあるのだけれど、彼をめがけて飛び立ったステルス爆撃機の価格は1機2800億円ともいう。世界長者番付トップのビル・ゲイツならともかく、ビンラディンが5人集まったって1機も買えない。両者が戦うというのは、いったいどんな「戦争」なのか。ちなみに、世界全体の武器取引額は年間15兆円とか。
 さて、怪しげな話ばかり並べたけれど、地下経済には含まれないものの、オモテに現れない経済にはもうひとつあって、家事など家計の無償労働がそれ。内閣府の推計によれば国内総生産の2割を占めており、縁の下で日本を支えているわけだ。地下経済にお金を回すくらいなら、もっとこっちに捧げたいものだが、いかが。

0

4 thoughts on “ウラの経済

  1. いつも楽しく読ませていただいています。

    今日、書店で「日本の地下経済」が目に止まり
    買って家路に着いたら、メルマガで取り上げられていて
    びっくりしました。

    わたしのマフィアのイメージとしては、どうしてもゴットファーザーを思い浮かべてしまいます。

  2. 地下経済が豊かな(?)国には、いろんな背景がある
    のかもしれませんね。経済の貧富もさることながら、
    法律が厳しすぎると地下が増える、とか宗教とか。
    それにしても、世界各国に『地下』が存在するところ
    に人間性をみる気がします。研究すると面白いでしょ
    うね。

  3. 発展途上国だから地下経済比率が高くなるのではなく
    地下経済比率の高い国だから発展しないのでしょう。
     というのは地下経済とは人間の欲望に根ざした労せずに富を得る手段でしょうが、そのようなビジネスが横行する国の国民は総じて努力する事が嫌いなため、国が発展しないのだと考えられます。

Leave a comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked*