ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

台所

2000年12月29日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 庶民の家に台所が登場するのはそう昔の話ではない。せいぜい江戸時代後期以降のこと。それ以前、火を通す料理は囲炉裏でしていたものだし、かまどは土間、流しもまた離れたところ。調理は切盤(きりばん)と呼ばれる大きなまな板を持ち運び、適当な場所で行っていたのだとか。
 ダイドコとカッテがある民家においては、ダイドコは土間のこと、カッテは囲炉裏のある板間を意味することが多い。特に関東ではダイドコロは料理とは無関係。カッテの方が厨房を意味する。
 台所という言葉は鎌倉時代ごろから使われていたそうだが、もともとは食器を載せるために利用された足つきの台をしまっておく台盤所から派生した言葉ともいう。一方の勝手は食糧を意味するカテ(糧)からきているともいい、そうすると語源的にもやはりカッテの方がいまのキッチンに近いか。
 台所が大きく変化したのはここ100年のこと(日経11月26日)。ことに大正期に作業の合理化が唱えられ、コンロやナガシ、調理台などが一体化されていった。いわゆる「文化流し」、現在のシステムキッチンへの一歩だ。
 数年前、わが家の台所も改築し、対面式のキッチンのあるフローリングの部屋に変わった。親とテーブルを囲み、おまえが子どものとき土間に降りてかまどの灰を食べて困ったよ、なんて言われつつ、さて、自分の子どもはこのダイニングキッチンでどんな思い出を持つのかと、遠い気持ちになる。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“台所”
Avatar
小橋昭彦

台所の変遷については、「木造住宅今昔物語」がよいです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 動物にも血液型はある。猫なら、人間のそれとは違うものの、A、B、ABの3種類、犬の場合は2種類のシステムがあって1システムで3種類、Dシステムで3種類、この組み合わせで9種類。 最近はペットを大切にする人が増えて輸血が必要になる治療も増えている。血液型の判定が必要になるが、状況はむしろ厳しい。1997年に判定器具メーカーが倒産、血液型判定を請け負ってきた業者も試薬不足で2000年5月に業務を打ち切っている(朝日11月25日)。血液型が判定できず、いま獣医師たちは大弱り。 占いなどで日本人が血液型を気にしはじめたのは、昭和初期に心理学者古川竹二が発表した血液型と気質に関する論文がきっかけ。のち昭和46(1971)年出版の能見正比古著『血液型でわかる相性』によって、相性と血液型の関係が指摘され、ブームになった。 血液型は犬や猫だけじゃない、カエルやヘビにもある。一説には植物にもあるとか。まあ、植物の場合は糖タンパクが血液を凝固させたわけで、それを「血液型」というのは極論だけど、ダイコンはO型、ソバはAB型など、話としてはおもしろい。 AB型の人はB型の猫を、など人と動物の血液型相性占いはどうだろう、なんて話もある。こちらは冗談のようで、介護犬と飼い主の相性なんてことになると、研究の価値がありそうだ。そうすれば動物の血液検査ニーズも高まって、判定業者が乗り出し獣医師が助かる、なんてことにつながるだろうか。残念ながらそこまでは道のりが遠いようだけれども。

前の記事

 スポーツに伴う障害の中で多いのは手指のけが、次いで足首のねんざだという。もちろん競技によって差があり、バスケットボールだと足関節ねんざがもっとも多く、手指の骨折とねんざがそれに次ぐ。軟式野球では手指の骨折がもっとも多く、足関節ねんざがそれに次いで、さらに手指のねんざ。 手でボールをさわらないのが基本のサッカーでも、手指の骨折は障害の第3位に入っているとか。もっとも、圧倒的に多いのは、やはり足のけが。次いで頭のけがだ。 Jリーグの障害報告書のデータによると、けがの発生率は1試合平均で1人弱。うちわけは、1999年の場合65%が足のけがで、19%が頭のけが。足のけが率が60から70%というのが、サッカーらしい数値だとか。 ところが、Jリーグ発足当時の1993年を見ると、足のけがは全体の48%、これに対し、頭のけがが25%もあるという異常値だった。発足直後の熱狂の中、多くの観衆に囲まれて選手が興奮状態で激しいプレーをしていたのではないかと推測されている(朝日11月29日)。 試合中のけがの2割が相手の反則プレーによるものともいう。けがひとつにも、選手の心理や審判技術が透けて見える。

次の記事