ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

自然のオーケストラ

2008年12月24日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 鳥の鳴き声が、周囲の環境によって違ってくるとは発見だった。ライデン大学のスラベッコーン博士が発表した論文によると、シジュウカラは、交通騒音のある都市部では、近隣の森に棲む同じ種と比べて、短く速く高い音程で鳴いていたという。似たような報告をベルリンのブラム博士もしていて、都市騒音の激しいところでは、小鳥たちが通常より大きい声で鳴いたり、何度も繰り返し鳴いたりするという。
 鳥にとって鳴き声は、なわばりを主張するとともに異性をひきつける大切な手段だ。自分の声が周囲の音にまぎれては、生き残れない。深い森の中では低くゆったりとした音が、騒々しい中では速く繰り返す音がよく通る。だから森のミミズクはホーッと鳴き、ヒバリはピーチクパーチク鳴くのだ。
 そう考えてゆけば、ただ環境に合わせるだけではなく、他の種類の鳥とかぶらないように鳴くことも必要だ。スズメやウグイス、トンビやカケス。高く、低く、長く、短く。鳥たちは、なんてうまい具合に鳴き分けていることだろう。それぞれの楽器が技術を磨き、特徴を究め、何千年、何万年かけてつちかってきたシンフォニーが、空間に満ちている。
 そこに今、想定外の楽器が割って入ってきている。道路や工場などなどから発せられる人工音がそれだ。歌を環境に適応させられる鳥はいい。しかし、柔軟さに欠ける演奏家は、これらの楽器に自らの歌をかき消され、退場するほかない。この百年で、自然のシンフォニーの多くは変質した。
 この小文を読み終えたら、しばし目を閉じ、耳を澄ませてほしい。聴こえる音風景から、人工の楽器をひとつ、ひとつはずしていく。舞台には、何人の演奏家が残るだろう。機械音も自動車音も、航空機の音さえない、自然のフルオーケストラが1日中響いている場所が、この日本に、いや、この地上にどれだけ残っているだろう。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“自然のオーケストラ”
Avatar
小橋昭彦

まずはHans Slabbekoornらによる「Birdsong and anthropogenic noise: implications and applications for conservation」及び「Cities Change the Songs of Birds」を。また、「Hear My Song」(Henrik Brumm)もどうぞ。生体音響学の一分野なのでしょうか、海外では研究の蓄積もあるようですが、日本はどうなのでしょう。
ちなみに、米国立公園でも「A Sound Resolution」にあるように、調査が行われているようです。で、実際に自然のオーケストラを聴くなら、その「Soundscape」のページとか、Bernie Krauseによる「Wild Sanctuary」とか。


Avatar
しにゃ

はじめまして。
私は音楽を聴くのが大好きで、それが高じて無謀にも大人になってからサックスを習い始めて8年くらい続けています。
今回の記事はとても共感できるところがありました。音のこととはピントがずれているかもしれませんが投稿させていただきました。
最近のヒット曲が電子加工した音がやたらと多くて大量生産しているように感じるようになりました。セールスなどの記録は残っているけど、記憶に残っているのだろうか?、と、今そんな葛藤が自分の中でめぐっています。
自分自身サックスを演奏したりライブを聴きに行きますが、CDで聴く音より人間の生の演奏の音のほうが感動すると思ったり、名曲は世代を超えて表現を変えながらも受け継がれていく、、、そんなことも考えるようにもなりました。クラシックやジャズ、クリスマスソングもそうなのかなと思います。
もちろん、アンテナを張って最先端や流行の音楽を聴くことも大事ですが、聴いた曲に対して自分の中でこの人はこんな気持ちで曲を作ったんだな、とか色々考えてみると、自分にとって本当に好きな音楽が分かったり、心のビタミンになったり、音楽がより楽しく聴けるのかもしれないな、と自分自身に言い聞かせています。


Avatar
imaisao@jcom.home.ne.jp

かれこれ20年前になります。カリフォルニア大の心理学者が世界の主要都市を訪ねてまち行く人の人の歩測をチェックするため、東京に滞在していました。確か、歩測では東京が一番、次いで香港、そしてニューヨークということでした。又、東京は駅の時計が世界一、一致しており、エスカレーターの脇を駆け上る人が多いといっておられました。都会の鳥は大声で早口ということですが、人も2,30年前のTVと現在では比べ物にならないほど早口になっていないでしょうか。CMともなれば一段と音声がアップします。多分、私を含めて視聴者の皆さんも20年前の映像を観ていたら居眠りが出てしまうのではないでしょうか。つまり、ともに存在する生物にとって、共通してストレスレベルが高くなっているのではないでしょうか。とにかく、町に出ると騒音の波(BGMを含む)です。数年前イ旅した冬のストックホルムは車の音を除いてBGMはなく、夜のしじまは暗く森閑としていて深い眠りにつくことができました。鳥たちは私たちの1歩先を行き、環境の変化について身をもってフィードバックしてくれているのではないかと思います。鳥を観てわが身を知る思いです。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 夜の会議を終えての帰り道、足元の影に気づいて見上げると、ひんやり満月が浮かんでいた。あの月にクレーターを作ったのは天体の衝突だが、現在並みの頻度になったのは約38億年前。ひっきりなしの誕生時からゆるやかに減ったわけではなく、39億年前に一度、大変動と呼ばれる激しい衝突に見舞われた時期があったと考えられている。
 科学誌ネイチャーの特集記事によれば、その時期地球にも、数千年に1度、直径20キロメートルのクレーターを作る規模の天体が、さらに100万年に1度、直径1000キロメートルのクレーターを作るサイズの天体が衝突していたはずという。恐竜絶滅を招いたとされる隕石が作ったクレーターでさえ直径200キロだから、当時の激動はどれほどだったか。
 39億年前といえば地球に生命が誕生した頃。海水がすべて蒸発するほどの大変動はさぞかし厳しい環境だっただろうが、小惑星衝突こそ地球に有機物をもたらし、地表下の熱で生物を育んだ可能性があると聞くと、頭上に広がる静謐な星空からはうかがい知れない、天体のダイナミズムを感じざるをえない。
 この9月、宇宙空間でクマムシが生き延びたことが論文で報告され、話題になった。クマムシについては、一昨年あたりからちょっとしたブームだから、ご存知の人もあるだろう。苔などに棲息する1ミリ程度の小さな動物。体内の水分を減らして「乾眠」状態になれば、百度を超える高温や極低温、さらには放射線や高圧といった極度の環境に耐えられる。そんなクマムシが、真空状態かつ宇宙線の中に10日間さらされても生き延びた。
 大変動の記録をクレーターにとどめる天上の月。それを見上げるぼくの影の中にも、クマムシは這っているだろう。この光と影の間に、生命の力強さがある。二つをつなぐように今、ここに立っていることが、なんとも得がたいことに思え、胸がしんとした。

前の記事

 父が世を去った。病の再発を知らされてから2年、自宅で療養しつつ、静かにその日を準備してきた。この半年は気道確保のため声を出せなかったから、やりとりはメモ書き。その日その日のちょっとした連絡から、「ありがとう」と感謝を伝えるものまで、おびただしい数の紙片が、手元に残った。
 初七日を済ませた頃、長男に自主勉強としておじいちゃんのことを書いたら、と薦めた。そんな哀しいことをなぜと問う彼に、それが人間にできるいちばんすてきなことだからと答える。言葉があるから、ぼくたちは今はいない昔の人の教えを受けることができるし、きっと会うこともないだろう遠い国の人の思いを知ることもできる。
 言語学のスザンヌ・ロメインらによる『消えゆく言語たち』によると、世界には、およそ5000から6700の言語があるという。その多くはほんの少数の集団で使われている言葉。たとえばヒシュカリヤナ語は、既知の言語の中で唯一、文頭に目的語を置く言語というが、アマゾン川流域でわずか350人の話者を持つにすぎない。
 この100年、主要言語がすさまじい速度で拡張し、いまや100大言語で世界人口の90%を占めている。その陰で、どれだけの言語が失われてきたか。それはすなわち、それだけの数の文化や感性、生態系が失われてきたということだ。最後の話者は、その言語が支えてきたすべての世界とともに、この世を去る。マン島語最後の話者ネッド・マッドレルが、カトーバ・スー語のレッド・サンダークラウドが、コーンウォール語のドリー・ペントリースがそうであったように。
 父がつけていた闘病日誌がある。死の前々日の欄には、穏やかな体調や天候のことが書かれ、「今日くらいやったらほんまにうれしくて」とあった。ぼくは窓から、集落を、畑を、山並みを、空を見上げる。この世界を持てたことを、ぼくは感謝している。

次の記事