ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

イネとウシ

2001年5月14日 【コラム

 連休は実家に帰って田植を手伝う。といっても田植機を運転するのが主な役割。適度な深さに、そしてまっすぐ植えることに気づかう。ゆがむと収量や秋の刈り入れの苦労につながるから。たった今の自分の行為が、数ヵ月後の命運を直接的に左右する。日常生活であまり経験しない感情だ。
 日本の稲作は縄文末期から弥生初期にかけて大陸から伝わったのが始まりとされる。温帯型が中心といわれてきたが、このところのDNA分析の結果から熱帯型も確認され、弥生期の稲作は温帯型と熱帯型が混在しながら展開されたことが明らかにされてきている。
 以来およそ3000年。いま、日本人の米の消費量は減少の一途をたどり、農家は生産調整を強いられている。わが家の米も減反のため、消費者からの注文すべてには応じられないのが現状。
 さいきんでは減反強化対策として、飼料用のイネを作る動きも拡大している。つまりウシが食べるためのイネ。意外な気もするけど、農耕とウシは最初から深い仲にあるわけだし、相性はいいと考えるか。
 召しあがるという尊敬表現のメシ、あるいは敬語として「御」をつけたゴハン。ほかの料理は皿に盛るというのに、ご飯だけはよそっていた、つまり装ってもいた。言葉にも、ぼくたちが米をたいせつにしてきたことがしのばれる。日々口にできることの、そのありがたさ。それだけは忘れないでいたい。


3 comments to...
“イネとウシ”
Avatar
小橋昭彦

稲作についての関連サイトを列記しておきます。「お米データベース」「米(マイ)ライフ」「ご飯を食べよう国民運動」「農業環境技術研究所」「農林水産省」「食糧庁」。


Avatar
yuji

イネとウシ の中で、「ご飯をよそる」は装っているという記述がありますが、
洒落で書かれたのか、とも思いましたが、一応疑問があったので、一言。
ご飯は、1杯目は「つける」と言い、2杯目以降(お代わり)は、「よせる」
(つまりよそる)と言う。お代わりをお願いする時には、茶碗を空にせず、
少し残してお願いする。だから、「よせる」だと言う話しを聞いたことがあるの
ですが、この話しは、ガセですか?間違いですか?
ちょっと疑問に思いました。


Avatar
小橋昭彦

小学館の国語大辞典では、「装る(よそる)」は「装う」と「盛る」が混交してできた、とあります。「寄る(よそる)」とは項目が分けてあるので、別だろうと判断しました。岩波の広辞苑でも同様です。
ただ、混交するとき、「寄る」の影響がなかったかどうかまではわかりません。yujiさんのご意見を間違いとまでは、ぼくにはいえません。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 少年事件を分析するため、警察庁少年課がまとめた資料がある。95年から99年までに逮捕、書類送検された容疑者6499人の年齢を分析したもの。もっとも多かったのは49歳で、185人を占めた。それに続くのが47歳、そして48歳。人口そのものが多い団塊世代ということを割り引いて考える必要はあるにしても、50歳前後は老後への不安や人生の岐路に立つ不安定さを感じる年ごろだと専門家は指摘している。 一方、さいきん目立つ少年重大事件については、最高裁の家裁調査官研修所が背景を研究した結果を発表している。少年たちは追いつめられた苦しい気持ちを避けるために、破壊的な行動をとっていると分析、深い挫折感や自殺企図もみられ、それら前兆をよみとる力が欠かせないと。 ふと気になって毎年の重要犯罪の発生率を調べてみる。平成になった頃を底にして、2000年は10万人あたり14.4と、当時の倍。目立つのは強盗や強制わいせつなどの増加だ。重要犯罪に限らず、犯罪そのものが増えてもいる。 ああしかし、犯罪をもとに世の中を語ることはすまい。 ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読み返している。学生時代に衝撃を受けた、もっとも好きな作品のひとつ。ロシアの「カラマーゾフ的」なる精神が生み出す葛藤、そして事件。再読して、また魂をゆさぶられている。 49歳の犯罪が多いからといって、あるひとが49歳になったから危険だというわけじゃない。14歳とか17歳とか、ぼくたちはそういう単純化をしてしまいがちだ。統計や数字にとらわれないでいよう。それよりも信じたいのは、ぼくたちの心のカラマーゾフ的なるものを探る想像と洞察の力。

前の記事

 帰省したついでに、押入れの整理をした。小学生時代の通知表に出会う。成績はともかく、人の話は聞くものの、低学年のころは発表のとき顔も上げられない内向的な性格だったらしい。その性格は基本的にはいまも変わっていないし、三歳の息子にまで引き継いでしまったかもしれない。 1キロ先の小学校まで、ランドセルを背負って集団登校をしていたあのころ。時間割をみて教科書をつめて、ときには竹尺やたて笛をわきから突き立てて。ランドセルは、学びのきっかけとなるものがぎっしりつまった宝箱のようなものだった。 ランドセルはオランダ語のranselが転化したもの。もとの意味は背のうで、つまりは軍が用いていた。幕末に洋式の軍制を導入したとき、この言葉を持ち込んだらしい。それが学校で用いられるようになったのは1885年の学習院がはじめで、馬車や人力車での通学を禁止し徒歩通学を命じたときに着用させたという。 そのころまだ布製だったランドセルが現在のように革製箱型になったのは、のちの大正天皇が学習院に入学するとき、伊藤博文が献上したことにはじまるともいわれる。当初上流の家庭の、あるいは都市型の商品だったランドセルが一般に普及しはじめるのは1950年代以降。 毎日、かならず何かを学んでいた、そのためにこそ毎日があった貴重な時代。いや、いまでもやはり、その気持ちだけは忘れないでいたいと思う。流されない。日々、何かを学ぶ、なにかを自分に積み立てていく。今日は、なにをランドセルに入れようか。

次の記事